「生に触れる」その2 上杉清仁カウンターテナーリサイタル

今日は、「パルテノペ」での共演で本当にお世話になった、
上杉清仁くんのリサイタルに行ってきました!

「悲しみの聖母」と題して、
マリア様に関する歌をいろいろ。
上杉くんのお歌の合間に、器楽の皆様のソロやアンサンブルも聴けて
一粒で二度どころか何度も何度も美味しい、そんなコンサートでした。

こんなにちゃんと「オール古楽」な演奏会を聴いたのって
初めてかも。
なんとも癒され。

上杉くんのあたたかく歌の気持ちにまっすぐな声は、聴いていて本当に気持ちよく。
彼の声にも、器楽の皆様の音にも、さまざまな表情と色合いがあって。
そして、あのニュートラルな佇まい。
彼自身が曲そのものという空気。
素敵でした。
私は、どんな曲をどんな風に歌う?
そんなことを思いました。

いい時間でした。行って良かった♪
すみちゃん、本当におめでとう、おつかれさまー!!

さっと帰ってきてしまいましたが、
たくさんの方にお目にかかれて嬉しかったです☆

さあ、私も頑張らなくちゃなぁ。
今週はいよいよ、ジョイントコンサートでピアノを弾いていただく山田先生が
ウィーンから日本へいらっしゃるのです。
合わせも本格化します☆

東京公演のチケット、残り少なくなってまいりましたよ。
お問い合わせはお早めに。


おまけ。
今日行きました上野学園石橋メモリアルホール
すーっごく綺麗になっててびっくりしましたが。
このホール、かっぱ橋道具街に程近いところにあるのですが、
ホール周辺をお散歩してて出会ったかっぱ君。
f0232910_20515683.jpg

ユーモラスな顔の下には、こんな美少年の素顔があったのねー。
[PR]

by takahashi_chiharu | 2013-02-03 17:33 | 行った聴いた見た読んだ | Comments(0)