やっぱり、特別

夕方、BSプレミアムを何気なく見ていたら「名曲探偵アマデウス」をやってまして。
マーラーの交響曲第2番「復活」を取り上げていました。

この作品への愛については、
4月に歌わせていただいたチャリティコンサート、のお知らせのときにも書きましたが
アルトソロの「原光」だけでなく、交響曲として、まるごと好きなのです。
特に好きなのは、第5楽章後半から始まり、フィナーレを飾る声楽の部分。
「復活」という副題が示すとおり、
人の死と復活について(元の詩ではキリストの復活について語っている)歌われます。


よみがえる、おまえはよみがえるだろう・・・
おまえは何も失ってはいない、
おまえが憧れ、愛し、争ったものはすべておまえのもの、
空しく生き、苦しんだのではない!

わたしは死ぬ、生きるために!
よみがえる、そうだ、おまえはよみがえるのだ
おまえを打ち続けてきたもの(鼓動するいのち)が
神のもとへとおまえを運んでいくだろう!



ちょっと要約しましたが。
オーケストラが巻き起こす音の嵐の過ぎ去った後で、この「復活」についての詩が
男声合唱の、つぶやきにも似た小さな声で語られ始め
見る間に力強く、輝かしく歌い上げられていくのです。
エンディングは「よみがえる、おまえはよみがえるのだ・・・」と
ソリスト合唱ひとつになっての高らかな宣言。
ほんとうに、なんて大きなものに私たちは包まれているんだろう・・・!!と
何度聴いても、温かい感動で胸がいっぱいになります。

折りしも今日は、震災から5ヶ月。
あの日絶たれてしまった多くの命も
きっときっと、様々な形でよみがえっていると、思います。
今を生きている人たちの心の中に。
かつてその人が手がけていたお仕事や、趣味や、いろんな活動の中に。
これからを考え、行動していかないといけない、私たちみんなの中に。

そんなことを考えながら聴いていたら
涙が止まらなくなってしまいました・・・


やっぱり、私にとってこの曲は特別です。
[PR]

by takahashi_chiharu | 2011-08-11 22:03 | 行った聴いた見た読んだ | Comments(0)