ターフェルⅩⅨリハスタート

昨日は、大船でターフェルムジーク鎌倉の、
次回演奏会のためのソリスト合わせに伺いました。

******************
ターフェルムジーク鎌倉
バッハ教会カンタータ連続演奏会ⅩⅨ


2011年7月30日(土)14:00より
逗子文化プラザホールなぎさホール(JR逗子駅、京急逗子駅)
地図は、こちら

演奏曲目 :
Johann Sebastian Bach
東日本大震災の犠牲者を追悼して教会カンタータ第101番合唱曲
教会カンタータ第30番(洗礼者ヨハネの祝日用)
教会カンタータ第100番(用途指定なし)
教会カンタータ第31番(復活祭第1日用)

演奏 : ターフェルムジーク鎌倉(合唱およびオーケストラ)

指揮 : 大竹尚之
独唱 :
ソプラノ : 藤崎美苗
アルト : 高橋ちはる
テノール : 石川洋人
バス : 藪内俊弥
オルガン : 上薗未佳

入場料 : 2500円
******************

私の今回の出番は、
30番でレチタティーフとアリア
100番でテノールとのデュエットとアリア
です。

カンタータ30番は
BCJでも一昨年の「ラフォルジュルネ」でも演奏しました。
軽やかで、一度聴いたら(歌ったら)はまっちゃう
中毒性の高い合唱曲
(カンタータの最初と最後に同じ合唱曲を歌うというのもハマる一因かも)に
聴き応えのあるアリアがてんこ盛り。
どのアリアも、かっこいいですよ~☆

その、30番の中でわたくしめが担当しますアリア、
その昔、私がまだまだまだBCJに参加するのにおなかが痛くなっていたころ(笑)
リハーサルで、ソリストさんの代役を務めさせていただいたことがあるのです。
「さぁ目覚めなさい、早く、急いで! 今こそ神の恵みのときなのですよ」
とみんなに、軽やかに優雅に呼びかける・・・そんな歌なのですが

ガチガチに緊張し、息も絶え絶えに
呼びかけた記憶があります。。。

今度は、もっと優雅に呼びかけられるといいな。
昨日の合わせの感じでは、Peacefulな演奏になりそうなので
落ち着いて呼びかけられるかも。

ターフェルのオケの皆様には、もう何度もお世話になっていますが
いつでも、この「あわせ初回」というのが、どうも。。。
指揮者の先生とオケの方々がなさりたいことを
歌いながらすばやくキャッチして、
私がひとりで思ってた曲のイメージとを
瞬時に擦り合わせていかないといけないわけですが

練習が足りないんだな。
だから、周りの状況に対してぜんぜん耳が開いてないというか
歌うので精一杯。
聴こうと思うと今度は自分が間違えたり、息が足りなかったりして。

もっとプロらしく、1回目から
「私はこうです」
と提示できないと。

いつものことながら、もちろん合唱ももりもり歌います。
今回は、カンタータ31番では
合唱は5声になります。
普通、混声合唱の場合は
ソプラノ、アルト、テノール、バス の4パートでハーモニーを造りますが
今回は
ソプラノ1、ソプラノ2、アルト、テノール、バス の5パート。
音楽に厚みと複雑さが増します。
そんなところもどうぞお楽しみに。

聴き応え満点の、夏のカンタータ演奏会。
ぜひ、逗子へお出かけください!
チケットは私までお問い合わせください。
[PR]

by takahashi_chiharu | 2011-07-01 22:04 | リハーサル日記 | Comments(0)