プラチナ★シンガーズは、入団資格が「65歳以上」!!
人生経験豊富な方々による合唱団さんなのです。
モーツァルトのレクイエムでソリストを務めさせていただきました。
f0232910_06571831.jpg
レクイエム。
以前はレクイエムってどこか他人事だったように思います。
亡くなられた方を思いつつ自身の人生の終わりを思わずにはいられない、
そういうテキストであり、そういう音楽。
そして終わりを思うからこそ、今の自分に思いは向かう。
自分なりに、いろいろ考えながらも、
今を精一杯積み重ねていくしかない。

気心知れたメンバーと充実のアンサンブルをすることができて
幸せでした。
f0232910_07220914.jpg

演奏会後半は團伊玖磨作曲「筑後川」。
もともとはピアノ伴奏による合唱曲ですが、
オーケストラ伴奏版もあったとは。
「筑後川」は全5曲で構成されているのですが
私が卒業した中学校では、卒業式に「筑後川」の終曲である「河口」を歌う伝統がありまして、
中学生のころから「河口」だけは知っていたのですよね。
まさか、ずっと時を経て、こんな風にあの曲に再会できるなんて。

あの頃から「いい曲だ〜」と思ってはいましたが、
やはり人生の紆余曲折を経験していらした方々が歌う「筑後川」は、本当に心に沁みました。
純粋に、合唱団の皆様が羨ましくなりました。
いつだって、いつからだって挑戦できるということ。
ご自身の体調とか、ご家庭やいろんな環境でのあれこれや、
歌うということとの向き合い方とか…
日々 刻々と変わっていく諸々と折り合いをつけながらよりよく歌うというのは、
簡単なことではありません。
そういう中でも「今発するこのひと声に魂を込めよう」という情熱。
その姿勢…忘れてはいけないこと。

私は「筑後川」でひと声だけソロがありまして、
舞台上の特等席でずっと聴かせていただきました。
とーっても緊張していたのですが、
そうだ、合唱の皆様からバトンを受け取るんだ、と思えたら、落ち着いて歌うことができました。
幸せでした。

自分はまだまだ甘い…いろいろ、手綱を締め直そう と
前向きな力をいただいた、本当に幸せなプロジェクトでした。
全身全霊で我々を導いてくださったマエストロ、
素敵なソリストの皆様、
エネルギーを下さった合唱団の皆様、
事務局の方々はじめお世話になりました皆様、
ありがとうございました。

カーテンコールの様子。
合唱団は230人!だそうです。
f0232910_07223306.jpg


[PR]
# by takahashi_chiharu | 2017-10-08 06:56 | 演奏会記 | Comments(0)

金曜日に、
宇都宮での「アンサンブルの愉しみvol.2 -おとあわせ こえあわせ-」が終演いたしました。
ヴェスプロのあとでひょいと風邪を引いてしまい、体調万全とはいかなかったのですが、
そんな中でもやれることは出来たようです。
むしろ諦めの境地から余計な力が抜けたのが良かったか。
とにかく無事に務められて、
お客様からは
「ドイツ語の発音が美しかった」「柔らかくて良い声だった」と
身に余る嬉しいお声をいただいて、
ほっとひと安心、でした。

○○は風邪引かない、といいますので(笑)めったに体調を崩さないのですが
こういう時の歌い方、勉強になりました。

ソプラノの篠崎加奈子さんからのお声がけで実現したこのコンサート。
会場には、平日の夜にも関わらず、多くのお客様がいらしてくださいました。
かなちゃんとご縁の深い方々がこぞっていらしてくださったようで
いつも礼儀正しく、人との関わりを大切にしている、
そういう彼女の素晴らしさが発揮された会だったと思います。
会場も暖かい雰囲気に満ちていて、気持ちよく歌うことができました。
共演の皆様とも、いつも笑いが絶えない楽しい時間を過ごすことができ
アンサンブルする楽しさはそういうところにもあるなぁ、と。

こちらの写真は、
コンサートのサブタイトルに合わせて作られた差し入れビスコ!
f0232910_09535490.jpg
いまはこんな、オリジナルのビスコを作れるのですねー。
「おとあわせ」のほうはピアニスト2人を、
「こえあわせ」のほうは歌い手4人をちゃんとあらわしています!
かわいい♡

素晴らしい共演者の皆様、お手伝い等でお世話になりました皆様、そしてご来場くださいました皆様、
ありがとうございましたm(_ _)m

[PR]
# by takahashi_chiharu | 2017-10-01 09:53 | 演奏会記 | Comments(0)

BCJのヴェスプロ、終演♪

おはようございます♪
昨日、BCJのモンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」が無事終演しました。
ご関係の皆様、お疲れ様でした!ありがとうございました。
f0232910_08514283.jpg
私にとってはじめてのヴェスプロ。
またひとつ素晴らしい作品を知ることができました。
器楽やソリストの皆様が素晴らしすぎて、舞台上でニヤニヤしてしまいました。
またいつか演奏できるといいな。

昨日の帰宅中、電車の中で我々の公演のお客様と思しき方に
「ちはるさんですよね?
3年くらい前に所沢ミューズでマーラー3番のソロ歌われませんでした?」
と話しかけていただきました。
嬉しかったのだが、それは私ではない…残念!
どなたと間違われたのだろう。
どなたか、お心当たりのあるメゾの方ー!

お客様には
「3番はまだ歌ったことがないんです、でもありがとうございます!」
と申し上げたのですが、あとでふと思ったのは
ミューザ川崎でマーラーの2番なら、3年前の1月に歌っているのです
(横浜シンフォニックアンサンブル定期演奏会)!
そのことだったのかなぁ…

ミューズとミューザ。
3番と2番。

いずれにせよ名前を覚えてもらえるというのは嬉しくありがたいことです。
3番も歌ってみたいなぁ。
できることなら2番ももう一回歌ってみたいなぁ。

というわけで秋の演奏会シーズン開幕です。
無事に乗り切れますように。
各地で多くのお客様にお目にかかれますように。
がんばっていきます♪

[PR]
# by takahashi_chiharu | 2017-09-25 08:47 | 演奏会記 | Comments(0)

「めぐる想い」終演!

「めぐる想い」終わりましたー!!!
f0232910_16152165.jpg

f0232910_16152282.jpg

準備している時には、「9/3なんて、まだまだ、夏の終わりだろうなぁ」と思っていたのに、
ちゃんと「秋のはじめ」になっていて。
季節の移ろいに、なんだか感心していました。

共演のお二人、スタッフ様、
温かくお見守り下さった皆様、お気にかけて下さった方々、
ありがとうございました。
自分自身に対して思うところはいろいろありますが、、
終わりのない歌の道。歌う場を頂けたことに感謝し、
さらに自分をきちんと律し育てていかねばと思います。

奇しくも昨日は、亡き恩師のご命日で。
すいません先生。頑張れたところも、まだまだなところも、いろいろありました。
またがんばります。

ここまでで、やーっと長い夏が終わって、
一区切りついた気分です。
充実していた〜。ほっ。
いろんな方にお世話になった夏でした。感謝。

秋のあれこれに向けて譜読みしつつ、
ちょっとの間、ゆるっと、いろいろやりたいことをやる期間にしたいと思います♪

ソロで選んだヴォルフと大中恩、楽しかったなぁ。
終わって、緊張感から解放された途端に
「もしこういう機会がまたあったら、次は何を歌おうかなぁ」
と考えてる…
これは、なんですかね。職業病?
そういう、先々の楽しみのことも考えたりして。

お写真を少し。
代官山教会のピアノ。
100年前のスタインウェイをフルリビルドしているそうです。
f0232910_16091945.jpg

打ち上げで連れていっていただいたお店にて。
さすが代官山、オシャレだったなぁ。
(そしてやっぱり休日の代官山の人の多さとオシャレ感に、今回も圧倒されたなぁ。。)
6種類のビール飲み比べ!
ひとつひとつのグラスはちいさいのです。
f0232910_16091938.jpg

最近、遭遇率の高い「シャルキュトリー盛り合わせ」。
パテ、ハム、サラミ、リエットなどお肉の加工品のことみたい。
f0232910_16092081.jpg


[PR]
# by takahashi_chiharu | 2017-09-04 16:01 | 演奏会記 | Comments(0)

合唱メンバーとして録音と演奏会に参加させていただいたモーツァルト《ミサ曲 ハ短調》 の
SACD(スーパーオーディオCD)が、
英国の権威ある音楽賞、グラモフォン賞2017(合唱部門)を受賞したそうです!

f0232910_10590969.jpg

録音と演奏会があったのは一昨年のことなので、すでに懐かしい気持ちですが
「合唱部門で受賞」というのは、やはり 嬉しいですね。
よろしければぜひお手に取ってみてくださいね!

-----
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
《ミサ曲 ハ短調》KV 427
《エクスルターテ・ユビラーテ》KV 165

指揮:鈴木雅明
ソプラノ:キャロリン・サンプソン
メゾ・ソプラノ:オリヴィア・フェアミューレン
テノール:櫻田亮
バス:クリスティアン・イムラー

バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱&管弦楽)

レコーディング情報

録音: 2015年11月24~27日
会場:彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール

CDレーベル: BISレコーズ
-----


[PR]
# by takahashi_chiharu | 2017-09-02 10:55 | お知らせ | Comments(2)