ニューヨーク!

12月6日。
ニューヘイヴンからバスでニューヨークへ移動。
f0232910_13524109.jpg
いきなり大都会!笑。
お昼は小籠包の美味しいお店で♪
f0232910_13261088.jpg
野菜食べたい欲を満たす定食も。
f0232910_13261565.jpg
今回の演奏会はジュリアード音楽院のアリス・タリー・ホールで行われました。
リハーサルの様子。
f0232910_13571769.jpg
合唱メンバーの並びにご注目。
真ん中の、ポコッと凹んでいるのが私です(笑)
 
ホテルのお部屋でひと休みして、お支度していざ本番へ。
今回はホールのすぐ近くのホテルに宿泊するので衣装にコートを羽織って楽譜だけ持って行くことも出来るのが日本と外国の違いでしょうか。
今回のドレスコードはクリスマスなので「ワンポイント赤」。
公演の度に変えようと思って、いくつかアクセサリーを持ってきています。
f0232910_14031305.jpg

ニューヨークでも、ほぼ満席のお客様に恵まれました!
f0232910_16275272.jpg
BCJに期待してくださっている方も少なくなかったようで、
雅明先生が登場しただけで拍手と共に歓声が上がり。
ありがたいと同時に、ご期待以上の演奏をしたい!と身の引き締まる思いにもなります。
公演を重ねる毎に自分の身体に音楽が染み込んできているのを感じます。
やはり本番はひとつひとつが特別。
あと3回、どう変化していくでしょうか。楽しみです。

翌日は移動日。 
今回、合唱メンバーに芸大の同期がいるのですが、
NYには我々の同期がなんと3人も住んでいます。
そこで、NYを離れる前にみんなでプチ同窓会ランチしました♪
f0232910_14083672.jpg
話は尽きず…
それぞれ自分の夢を追っていた仲間が、子供のこと、親のこと…いろいろ考える年代になっても、
会えばあの頃に戻ったような雰囲気で。
変わらず続く繋がりに嬉しく感謝のひとときでした。

ランチ後、ホテル前からバスで空港へ。
ニューヨークを離れ、デトロイト空港へ向かいます。
f0232910_14100599.jpg
空港へ向かうバスの中からいかにもNYな景色が見えたのでパチリ。
また来たいな、NY♪

そしていまはミシガン州アナーバーということろに来ています。
なんと気温は一日中氷点下!
コンサートは明日夜8時開演。
夕方からのリハーサルまでホテルでゆっくりしようかな。。

[PR]
# by takahashi_chiharu | 2017-12-08 10:45 | 演奏会記 | Comments(0)

先週末から、BCJのツアーでアメリカに来ています。
名門・イェール大学のあるコネチカット州ニューヘイヴンに滞在中です。
クリスマスシーズンにぴったりな、バッハの「クリスマスオラトリオ」を
全米5都市で演奏します。
リハーサルを重ねて、今夜はツアー初のコンサートでした。
幸せに歌えたことに、ただただ感謝です。
演奏が終わった途端、お客様がわあっと立ち上がってスタンディングオベーションして下さいました。

というわけでクリスマスシーズンなのです。
ホテルのロビーに可愛いツリーが。
f0232910_13101335.jpg
公園にも綺麗なツリーが!
f0232910_13122391.jpg
練習会場への送迎には、こんなスクールバスにも乗せていただきました!
f0232910_13124971.jpg
woolsey Hall。
f0232910_13215645.jpg
コンサートは災害被害に遭われた方々へのチャリティでした。
f0232910_13132104.jpg

私の指先もクリスマス仕様にしてみました☆
指先から気分を上げていく作戦。
f0232910_13253892.jpg
もう一日ここに滞在して、
次の目的地はニューヨークです。

[PR]
# by takahashi_chiharu | 2017-12-05 13:05 | リハーサル日記 | Comments(0)

茅ヶ崎第九演奏会♪

昨日は茅ヶ崎で第九の演奏会でした。
久しぶりに第九のソリストを務めさせていただきました。
ピアノ連弾で、お客様との距離も近く、
とてもあたたかい演奏会でした。
ソリストの皆様もほっとできるメンバーでありがたく。

第九って、やっぱりいい曲なんだなぁ。。
あの有名なメロディのところで、
お客様のお顔が、一斉にぱあっと輝きました。
これこれ!これを聴きたかった!と仰っているかのように。
合唱を聴きながら、
あー今年も残り少なくなってきた、第九に関われて幸せだ、今年はけっこういい年だったな…
なんて、はやくもしみじみしちゃったりして
(これから怒涛の12月が来るのに)。

ご関係の皆様、お世話になりました。
ありがとうございました!!
打ち上げで伺ったマエストロの素晴らしいご計画、
「子供達に第九を届けたい」!
ぜひ実現するといいですね!!
皆様とまたご一緒できますように。

いただいたお花♪ 深い秋のいろ。
f0232910_10494677.jpg


[PR]
# by takahashi_chiharu | 2017-11-27 10:44 | Comments(0)

The Signs of Bach「テレマンとバッハ」終演!
ご関係の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。
f0232910_09492287.jpg
出来るようになってきた事と、ツメが甘かった事と… 
また頑張ります。
テレマン、いい曲だったなぁ。
バッハと並べたプログラムがまた良かったですね。
ほぼ満席のお客様!!ありがとうございました。
…なのにこちらのチラシを挟み込みそびれた!!
f0232910_09494655.jpg

f0232910_09494783.jpg
バッハ好きの皆様!アンサンブル・ミリムのモテット全曲演奏会にもぜひ足をお運び下さい!!

【アンサンブル・ミリム モテット全曲演奏会】
東京公演:2月2日(金)豊洲シビックセンターホール
金沢公演:2月5日(月)金沢市アートホール
にて開催!
チケット好評発売中です。
チラシ挟みそびれたのがほんとに悔やまれる…
関係者の皆様申し訳ございません。
地道な宣伝に勤しみます!!

年末年始はモテット腕慣らし練習、しないとだなぁ(12月も始まってないのに…遠い目)

[PR]
# by takahashi_chiharu | 2017-11-24 09:48 | 演奏会記 | Comments(2)

本番3連戦、終了!

金土日と、本番3連戦が終わりました。
金:桜美林大学オラトリオプロジェクト、
土:獨協大学「ルターと音楽」演奏会、
日:楽友三田会合唱団演奏会。

なかなかに、厳しい戦いでした。。

土曜日は獨協大学でルターの宗教改革500周年を記念した「インターナショナルフォーラム」の一環として
BCJとして「ルターと音楽」演奏会に出演させていただきました。
f0232910_11373658.jpg
会場となった大講堂は熱気に溢れ、、
くらくらしてしまいました。。

バッハのカンタータ4番で、松井亜希ちゃんとデュエットしたの、楽しかったな。
f0232910_11400056.jpg
終演後に記念撮影。

そして日曜日は、第一生命ホールで楽友三田会合唱団の演奏会にて
モーツァルトのヴェスペレのソリストを。
f0232910_12133314.jpg
最後がモーツァルトで良かった。

慶應の合唱団「楽友会」は歴史ある団体。
作曲家の小林亜星さんが「0期生」でいらっしゃるのだとか!
演奏会では亜星さん作曲の作品も演奏され、打ち上げには亜星さんもお出ましに。
慶應コレギウム・ムジクムの皆様と共演させていただいた時など
(何度か共演させていただいています!)にも思いましたが
文化的素養が高いというか、音大生顔負けの基礎力+音楽を愛する心をお持ちの方ばかりで
伝統的に、すごい学校なんだなぁ。。
学生時代から歌で繋がった皆様の結束力は強く、そして皆様お元気!!
やっぱり生き甲斐となることを持つのは、とってもいいことなんだなと思いました。

歌を愛して歌うこと。
歌える幸せを大切にすること。
(そのための準備・対策を怠らないこと。)

皆様から教えていただいた大切なこと。

また、自分の原点も思い出しました。
ひとりでも歌ってた小さい頃。
また、中学高校での合唱体験。

楽友三田会の打ち上げで、皆様と大きな円になって肩を組んで、
慶応のカレッジソングなど歌ったのですが(その時だけ、図々しくも気分は塾生!?)
実はああいう雰囲気が大好き!
もちろん「いざたて(いざたて戦人よ)」「はるとも(遥かな友に)」あたり歌えます。

歌うことが好きという思いだけを持っていた
あの頃の気持ちを思い出させて頂きました。

また、モーツァルトの指揮を務められた山神健志さんは芸大学部の同期でして
お仕事の場では初めて共演させていただいたのも、嬉しかったなぁ。
やっぱり同期の活躍は嬉しいものです。

人生に歌を寄り添わせ、歌と共に歩み、お仲間と共にお幸せなお顔をしていらっしゃる方々に接すると
とってもとっても幸せな気持ちになれます。
私がやっていることにも意味があるはず、
何かしら世界の一部になっているに違いない
と思えるから。

またがんばろ。もっともっとがんばろ。

この3日間それぞれの場でお世話になりました皆様、ありがとうございました!!

おまけ。
3日間おつかれ、わたし。ということで
3種類アイス♡
f0232910_10201670.jpg


[PR]
# by takahashi_chiharu | 2017-11-13 10:17 | 演奏会記 | Comments(0)