チケット発売開始・・・! -リサイタルへの道 その5-

今日は、ほんとうにいいお天気でしたね~☆
お洗濯してからバイトに出かけ、
からっと乾いた洗濯物をたたむしあわせ。
自転車が心地よい日でした。


出来上がったチラシ、
さっそく配布を始めています。
昨日は、ターフェルムジーク鎌倉の演奏会プログラムへチラシを挟み込んでいただいて
ご一緒に演奏したメンバーの皆様にもお配りしました☆

で、
・・・そういえば・・・とネットをチェックすると

チケットぴあ
東京文化会館チケットサービス
でのチケット発売が、始まってました。。。

日本演奏連盟のサイトでは
「4月中旬発売開始」とありますが、
もう、お取り扱いしていただけると・・・思います・・・)

ぶらあぼでも紹介していただいています・・・


あわわ・・・

チケットぴあのサイトで、
「検索」欄に私の名前を入れたら
表示されるページがある

そんな日がくるなんて・・・!!!

なんか・・・改めて緊張してきました・・・
うーっ・・・がんばらなきゃー!!


精一杯努力して、皆様と共に曲を味わう、そんなひとときにしますので
ぜひぜひぜひ、応援にいらしてくださいませー。

チケットのご用命、私あてでも受け付けております。
takahashi_chiharuあっとexcite.co.jp
(あっとは@と読み替えてくださいね)
までどうぞ!!
[PR]

# by takahashi_chiharu | 2010-04-25 22:31 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)

もくきんど

ちょっと予定が立て込んだ日々でした・・・
忘備録的に、木・金・土曜日のことを書いてみます。
抽象的な表現多し、な予感。上手に読んでくださいね。


木曜日。

ピアニストの千葉先生と合わせ。
先日のアルマ・マーラー合わせの続きです。

曲の世界、詩の情景を、
自分が胸いっぱい感じてるだけじゃなくて、
聴いている人に届けてあげるには。

体の中に、1本芯をもつこと。
歌を、声を、思いを「送り出して」あげること。
自分はついていかない。

なかなか、癖が抜けません。。。

語るように歌う。
曲の流れる速度で、歌詞を語るには。

私はいつも「もっとレガートに」と注意されることが多かったのですが
子音の言い方が、曲の流れる速度にあっていないのかもしれません。
子音がただ飛べばいいってわけじゃないってこと。

フレーズの始まり方。

一つの文まるごとの情景にふさわしい始まり方がいろいろあって、
落ち着いて、考えをめぐらせながら、またあるときは息せき切って
次へ向かう飛翔の始まりであったり、収束へ向かう緩やかな坂を下るところであったり

もっともっと、詩と寄り添わなくては。。。


金曜日。

横浜交響楽団さんの
ドヴォルザーク「レクイエム」のオーケストラ合わせ。
・・・初めてソリスト4人でアンサンブルしたので
ハーモニーの中での自分の立ち位置が、まだよくわからない部分あり。
前日にもオケ合わせがあるので、そこできちんと確認しないと。

・・・ご招待券、まだお出しできそうです☆
takahashi_chiharuあっとexcite.co.jp
(あっとは@と読み替えてくださいね)
までご連絡いただければ、ご用意いたしますよ。


土曜日。

ターフェルムジーク鎌倉の演奏会。

カンタータ146番は、オルガンが大活躍する曲。
私が歌わせていただいたアリアも、オルガンが伴奏してくれています。
私の声との組み合わせを考えて
かわいらしい音色にしていただきました♪
「私は天国をめざそう!」って言ってる、ポジティヴな曲だったし。
おかげさまで非常に幸せな気持ちで歌えました。

カンタータ11番では、「ロ短調ミサ曲」の「アニュス・デイ」に非常によく似たアリアを
歌わせていただきました。
アリアの場合、
曲自体は長くても歌詞は同じことの繰り返しであることが多いと思いますが
今日は、同じ歌詞の繰り返しの中に、いろんなニュアンスを盛り込むことに
積極的に取り組めたと思います。

こういうとき、ずっと前に、さるお方に言われた一言を、いつも思い出します。

「いろんなことが気になって、守りに入りがちだけど、
 本番では、『攻め』の演奏したほうがいいよ。」

こういうこと気をつけよう、
音程はずさないように、変な声にならないように・・・みたいなことは
もう、本番では考えないで。

いつも、表現することに「攻め」の姿勢でいよう。

本番では、わりとよい感触であったと思います。
・・・録音聞いて現実に戻るのかもしれないけれど・・・


話が脱線しますが、カンタータ11番のアリアは
「どうぞここに留まって、行かないでください、私の愛する命(であるイエス)よ」
と、切々と訴えるのですが

歌い終わって、自分の席に戻ってきてから
・・・ここにいて、行かないで~って、「追いすがる女」って感じだなぁ・・・
・・・そういうの、私自身はあんまり得意じゃないなぁ。。。
あんまり、女々しくなりすぎず、美しく相手の心に訴えかけたいけど、
私の歌い方は、どうだったかなぁ・・・

などと、ちょっと考えてしまいました(笑)


ターフェルさんの次回の演奏会は9月25日です。
次回もお世話になります☆関係者の皆様、ありがとうございましたー!


打ち上げで、皆様と盛り上がりたい気持ちをぐっとこらえ、
リサイタルの宣伝はちゃっかりさせていただいて
レッスンを受けるため、先生のお宅へ移動。
木曜日に合わせをした、アルマ・マーラーを見ていただきました。

今日も、たくさんのヒントをいただきました。

ひとつの言葉をクローズアップさせたいとき、
その単語のみでどうこうするんじゃなくて、
そこへの向かい方、手前から構築する。

子音と母音の一体感、というか
ここでも、ただ子音を言えばいいってもんじゃない ってこと・・・

そして
まだまだ、音楽を「送りだす」ことができずに、
過保護な母親みたいに、私もくねくね、付いて行っちゃうんだなー。
気持ちは満タンで
「いっといでー」というふうに送り出せるようになりたいなぁ。

まだまだ、工夫のしがいがあります。
やることが、いっぱいあります。

そして何より、リサイタルは「私の」演奏会だということ。
私が、どこまで、どうするか なんだなぁ。


・・・そして、おうちに帰ってきて、
ちょっと頑張ったので、
甘いものをいただきつつ(自分に甘いので、すぐご褒美出しちゃいますっ)
本番のあとでいただいた、可愛いお花を眺めつつ
NHK教育テレビの「坂本龍一のschola」を横目で見つつ
これを書いている訳です(日記が大作になっちゃって、番組終わっちゃった・・・)。

コンビニで買ったモンブラン(写真が下手で真っ白ですが。。。)と、
ウィーン時代からずーっと使ってるマグカップ。
シェーンブルン宮殿グッズ。
f0232910_0225394.jpg


お客様からいただいたお花。ありがとうございます♪
f0232910_028048.jpg



個人的には、4月の山場を越えた気分。
来週のドヴォルザーク本番に向けて、そして引き続きリサイタルのための練習と
また明日から、ぼちぼち頑張っていきましょー。
[PR]

# by takahashi_chiharu | 2010-04-24 23:59 | 演奏会記 | Comments(0)

レアアイテム!? -リサイタルへの道 その4-

チラシができあがったわけですが、
できるだけ多くの方にリサイタルのことを、早くお知らせしたくて
待ちきれなくて、うずうずしていた私。
すでに、こんなものをお配りしていました。

f0232910_1750863.jpg


・・・うーむ、本当は細かい模様がデザインされているのですが
ちょっと、うまく取り込めないですね・・・
それくらい手の込んだ、立派な「仮チラシ」であります☆
これは、ひょんなことからお知り合いになった
版画家の河内啓成(かわち・けいせい)さんにデザインしていただいたものです。

河内さんのプロフィールはこちら

河内さんには、昨年夏に藝大・奏楽堂でおこなった
博士課程の学位審査演奏会のチラシ・プログラムを作る際に
大変お世話になりました。
そのとき作っていただいたチラシがこちら。

f0232910_1852867.jpg


これも素敵でしょう?
夜空に浮かぶ星たちや、私の名前や、窓枠のように見えるデザインの線なども
マウスで描いて、創りだしてくださっています・・・職人芸やー。
このチラシを作る際には、私が取り上げた曲を実際に聴いてくださり、歌詞も読んで
そして私のイメージも取り入れて、チラシを作ってくださったのでした。
藝大生活の最後を飾る演奏会を、
こんなに素敵なチラシで皆様にお知らせすることができて
とってもうれしかったです。

これら二つのチラシと、そして今回の緑のチラシ
3種類お持ちのアナタには・・・


私からの、こころからの感謝を捧げます♪


・・・なんて。
ほんとうに、ありがとうございます。


河内さんの、本来のライフワークである版画作品も、
素敵な世界が広がっているようですよ。
お名前&作品を見かけたら、どうぞ注目してご覧ください!
[PR]

# by takahashi_chiharu | 2010-04-21 18:21 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)

チラシができました☆ -リサイタルへの道 その3-

f0232910_11303025.jpg


6月20日のリサイタルのチラシが、ついに完成いたしましたー!!

このチラシを作るために、
カメラマンの篠原栄治さんに新たに写真を撮っていただきました。
篠原さんのHPに私の写真も載っています。
篠原さんと、アシスタントをしてくださる奥様と、私とで
いろいろなお話をしながら、アットホームな雰囲気で
時間をかけて、何枚も何枚も撮ってくださいました。
ちなみにこのブログに貼ってある写真も、そのときに撮ったものです。

丁寧にお仕事してくださるおかげで、
ナチュラルな雰囲気を残しつつ、いつもの私よりはとっても美化していただき
素敵な写真に仕上がっているでしょう?

演奏家の皆様、オススメですよ♪
また、クラシックの音楽家に限らず、プロフィール写真をお撮りになりたい方は
ご相談を受け付けてくださるようですよ。


・・・写真を撮ったのは、2月・・・
膨大な写真の中から、チラシに使う写真を選び、
印刷会社さんにデザインの案を出していただき
こちらのイメージに近いものとなっていくように、いろいろと注文を出していきます。
同時に、曲目の綴りが間違っていないか、情報が見やすいものとなっているか
細かい部分の校正を行っていきます。

わたくし、根が大雑把なものですから
こういう、重箱の隅をつつくような作業が不得手でして・・・
よーく見た!と思ったその後で
あ、これも直したほうがいいかも・・・という部分を発見したりして。
何度も何度も校正をお願いしてしまいました。
でも、おかげさまで、満足いく仕上がりとなりました☆

私の中で、
今回歌うブラームスの歌曲は、森のいろ
シェーンベルクは、青銅のイメージ
アルマ・マーラーやベルクの歌曲は、詩の世界が夜を設定していたり、と
「緑色」を想起するものが多かったので、
緑色を基本とするデザインをお願いしました。
シンプルでありつつ、やわらかい印象もあり
かなり、お気に入りです♪


さあ、これから、宣伝活動を本格化させますよ!!
じゃんじゃんばりばりお知らせします!
[PR]

# by takahashi_chiharu | 2010-04-20 11:55 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)

ありがとう

f0232910_8355043.jpg

f0232910_8355096.jpg

f0232910_8355010.jpg

昨日は水原市にある世界遺産・華城(ファソン)とソウル市内を観光。
楽しかったなぁ。
今日お昼前の便で帰ります。
[PR]

# by takahashi_chiharu | 2010-04-19 08:35 | 旅日記2010 | Comments(0)