<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

BCJ世俗カンタータプロジェクト最終回、終演!

先週土曜日に神戸で、
f0232910_11445435.jpg
f0232910_11451574.jpg
月曜日(海の日)には東京オペラシティで
f0232910_11484478.jpg
バッハの世俗カンタータ全曲演奏シリーズ、
最終回となるプロジェクトの演奏会が終わりました。
東京公演の日は、私の誕生日でもありまして、
リハーサルの最初に、メンバーの皆様に
初めて、サプライズでHappy Birthdayを演奏していただきました!
嬉しくてドキドキして震えちゃいました。感激です!
f0232910_11485223.jpg
ピンクのお花と、ピンクのシャンパンもいただいてしまいました♪
私の後ろでロビンと青木さんが見守ってくれてるのもうれしいお写真。
f0232910_11525457.jpg
私にしては珍しく、ピンクのワンピースを着ていたのですが
カラーコーディネートばっちりでした♪
f0232910_11552646.jpg
嬉しかったなぁ~~

それにしてもなんというめぐり合わせ。
BCJが、バッハの声楽を含む作品の全て(演奏可能な作品の全て、という意味ですが)を演奏し終える
という、記念すべき演奏会の日に
私にとっても節目となる誕生日を迎えることができるなんて。
今回はBWV30a「たのしきヴィーダーアウよ(Angenehmes Wiederau)」の演奏に
合唱で参加したのですが
私的には、まさに「Angenehemes Geburtstag(たのしき誕生日)」となりました。
素晴らしい場所で大好きな方々と素敵な音楽を演奏することができて、
家人が聴きにきてくれて、たくさんの方にお祝いしていただき
ほんとうに幸せでした。

もう惑わなくなるらしいのですが(お察しください)、
諸先輩方に伺ったところでは、そうでもないようですw

10年前の今日はウィーンにいました。
あれから10年経つなんて。
そういう意味でも節目でした。

今や、音楽の場とは、私の人生の大きな一部であるのを感じます。
人生そのもの、とか 人生のすべて、とか言えるほどに、この身を捧げているか・・・と言われると
ちょっと・・・努力が足りないと思いますが
私という存在を形作ってきた大きな要素のひとつであることは、もはや間違いありません。

これからも変わらず、
ひとつひとつの活動に、大切に丁寧に取り組んでいけたらと思います。
私というものに価値を与えてくださる、皆々様への感謝を胸に。

いつも本当にありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

そして昨日、
今回のプログラムの録音セッション1日目にして
BCJとしての、バッハの教会&世俗カンタータの合唱部分の録音が全て終わりました。
BCJが教会カンタータの録音に取り組みはじめて22年だそうです。
私が初めて録音に参加したのはいつのことだったか・・・
それほど回数は多くないのですが
録音の場でも、きっちりと様々なことに気を配りつつも
「生きた演奏」を録る、しかもポジティヴな空気の中で録る
そういう姿勢は、昨日の録音でもなんら変わることなく。
改めて、この素晴らしい音の場に自分も身を置けたことを
本当にありがたく、嬉しく誇りに思います。
f0232910_12133019.jpg
合唱の録音が終わって記念撮影。
f0232910_12125183.jpg
今回のアルトメンバー。ご一緒できて光栄です!
BWV30aのロビンのアリア、ほんとにほんとに素晴らしかったなぁ~~~
録音セッションもうまくいきますように!
f0232910_13370584.jpg
録音終了後に、乾杯!みんないい顔してますねw
こういう時間が意外と重要なのです。

BCJの次の演奏会は、
モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」です!
コンチェルト・パラティーノが来ます♪
彼らのコルネットの音がだーい好きなので、とっても楽しみです!!
f0232910_12210741.jpg
f0232910_12211532.jpg


[PR]

by takahashi_chiharu | 2017-07-19 12:21 | 演奏会記 | Comments(2)

めぐる想い♪

7月になりましたね。いかがお過ごしですか?
九州の大雨…これ以上被害が大きくなりませんように。
お祈りいたします。

関東では梅雨も暑さも、両方が本気出してきましたね。。ふぅ。
そんな時には、少し先の季節のことへと、想いをめぐらせてみませんか♪
f0232910_14101601.jpg

f0232910_14101751.jpg

****************
めぐる想い

【日時】
2017年9月3日(日) 15:30開場/16:00開演

【会場】
日本基督教団 代官山教会
(東急東横線「代官山」駅より徒歩5分)

【出演】
生出悦子(ソプラノ)
高橋ちはる(メゾソプラノ)
東由輝子(ピアノ)

【プログラム】
F.メンデルスゾーン:私の愛を込めたかった
H.ヴォルフ:隠棲
R.シューマン:もし僕が小鳥だったなら
R.シュトラウス:子守歌
大中 恩:かなしくなったときは
新実徳英:ぶどう摘み
中田喜直:ちいさい秋みつけた
湯山昭:木犀のセレナーデ       ほか

【チケット】
全席自由 3500円

【お問い合わせ】
出演者へ直接ご連絡いただくか、
プレジール事務局 airdeplaisir@gmail.com まで。
***************

2016年2月に、ソプラノ生出悦子さん、オルガン中野ひかりさんとご一緒しました
「よろこびの調べ」。
生出さんとの共演、第2弾です。
今回はピアニストの東由輝子さんをお招きして、
ソロとデュエットのハーモニーをお送りいたします。
歌うのは初秋に相応しいドイツ歌曲と日本の歌。
穏やかな気持ちで楽しんでいただけそうな曲たちを選びました。
会場は、私の関係の演奏会ではすっかりお馴染みになりつつあります(笑)代官山教会です。

このコンサートでの私の出し物について。
今年は「私におけるプチヴォルフ年」として
ドイツ歌曲のソロでは「うたごよみ -春のうた-」に続いて、ヴォルフを取り上げます。
メーリケの詩による歌曲集から、超!有名どころを。
また、日本歌曲では大中恩さんの歌曲を取り上げます。
「かなしくなったときは」をはじめとする寺山修司の詩による歌曲。
男のひとの気持ちを表した歌たちなのかなぁ とも思いますが、
女の私が歌うのもいいんじゃないかな、と。
楽譜には作曲者からの言葉として
「どの曲も、余り男声、女声にこだわりなく歌われて良いのではないかと思っています。」
とありますし。
f0232910_17301839.jpg

さらりとした肌触りの歌にできたらいいなと思っています。

デュエットでは、メンデルスゾーン、シューマンの2重唱や、
新実徳英さん「青いうた 白いうた」などから取り上げます。

いいコンサートにしたいなと思っています♪
夏の間にしっかり準備しなくては。
9/3の夕方から、お時間ありましたらぜひ遊びにいらしてくださいね。
ご連絡お待ちしております♪
[PR]

by takahashi_chiharu | 2017-07-06 13:41 | お知らせ | Comments(0)