<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Happy Holidays!!

3連休でしたね。皆様いかがお過ごしでしたか?

私は、BCJ三昧でした♪

12/23 BCJメサイア@サントリーホール。
ホールの外にはこんなキラキラなツリーが。
f0232910_21560323.jpg

舞台の様子。最後のアーメンコーラスの時かな?
f0232910_21560413.jpg


12/24 クリスマス・ガラ@サントリーホール。
こちらの「Bach Collegium Japan Christmas Carol Book」は、
メサイア公演のアンコールピースとして毎年演奏してきたクリスマスキャロルをまとめたもの。
ショット社から出版されていますので楽譜屋さんで購入可能です。
クリスマス・ガラではこの中からいくつか歌いました。
f0232910_21560401.jpg

こんな感じ。
f0232910_21560570.jpg

世界のキャロルで歌合戦!「キャロリンピック」は楽しかったなぁ。
f0232910_21560503.jpg

クリスマス劇も。
f0232910_21560622.jpg


12/25 メサイア公演@軽井沢大賀ホール。
f0232910_21560735.jpg

リハーサルの様子。
f0232910_21560762.jpg

サントリーでの演奏とは、ひと味もふた味も違う演奏でした〜。
常に変化する。だから演奏って面白い。

そして、今日の軽井沢公演をもちまして、わたくし
「2016仕事納め」を迎えましたー!
最後まで完走できてよかった…

この一年も本当に幸せな音楽人生でした。
演奏中に舞台上で、ごく短い間でしたが
(今年もいろんなことがあったなぁ、楽しかったなぁ)としみじみしてしまいました。

ご一緒させていただいた音楽家の皆様、各公演ご関係の皆様
お出かけくださり演奏を聴いて下さったお客様
ご指導を受けて下さる合唱団の皆様
支えてくれた夫や家族やお友達のみなさん
そして、このブログを読んで下さっている皆様

皆様あっての私です。
今年も本当にありがとうございました😊

クリスマスの一日が終わっていきますが、
f0232910_21560811.jpg

Frohe Weihnachten♪

今年もあと少し。
師走のお疲れも、そろそろ出る頃かと。
どなた様もご自愛下さいませね。

おまけ。
仕事納めになったことだし、
右の鳥から、左の白くまへ!?
f0232910_21560968.jpg


[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-12-25 21:33 | 演奏会記 | Comments(0)

うたごよみ vol.2 -春のうた-

ブリテンとマーラーのことを思い続けた日々・・・苦しかったような、幸せだったような。

私の次のターゲットは、「ヴォルフ」です!
f0232910_13044413.jpg

f0232910_13044538.jpg
********************
【うたごよみ vol.2 ー春のうたー】

四季の移ろいと共に木立の佇まいがかわるように、
その折々に歌いたいうた。
季節をめぐる風の肌触りがかわるように、
その折々に聴きたいうた。
うたで暦をめくるように。 うたごよみ。

2017年3月20日(月・祝) 13:30開場/14:00開演
代官山教会(東横線「代官山」駅より徒歩5分)

出演:
高橋ちはる(メゾソプラノ)
千葉かほる(ピアノ)

プログラム:
フーゴー・ヴォルフの歌曲をあつめて
 春に/四季すべて春
 「スペイン歌曲集(宗教曲集)」より ああ、幼子の瞳は 他
                         
日本歌曲による「うたの花束」
 木下牧子:ほんとにきれい
 團伊玖磨:藤の花
 中田喜直:さくら横ちょう 他

チケット:全席自由 3000円

お問い合わせ:
うたごよみコンサート事務局 poemedunjour@gmail.com
********************

2015年10月に第1回目のコンサートをおこないました
「うたごよみ」シリーズ。
満を持して、第2弾を開催します!!

コンサートタイトルはこのブログから来ています。
四季折々の情景に心を託した日本歌曲と、季節ごとにセレクトした外国語の曲。
今回は、フーゴー・ヴォルフの作品の中から、春に合う感じの歌曲と、
春を感じる日本歌曲を。

すべての葉を落とした木々の枝たちが、めぐり来る時をじっと待つ・・・そんな冬から
草が萌え出で、葉が芽吹き、花がほころぶ春を迎えると
生命の喜びを感じるのは、私だけではないと思います。
また、私が、毎年春に受難曲の演奏に関わるようになって、もう何年経つでしょう・・・
私の中で「春」は生と死を思い、自らの心を振り返る
そんな季節になっていきました。

それと、春って
空気の匂いが変わって、なんだかちょっときゅんとして
あったかくなってきて身体がほぐれて、心もゆるんでほっとして
そんな気持ちになりませんか?

そんな、私が春に感じているあれこれを詰め合わせて
春に聴きたい、春に歌いたい歌を集めたのが
今回のコンサートです。

今回取り上げる作品について。
フーゴー・ヴォルフの歌曲は
春を感じられる作品と、「スペイン歌曲集」の〈宗教歌曲編〉から選びました。
ウィーンにいた時、寒い寒い日々がずーっと続いたあと、
イースターを迎える時期になると、街中にイースターエッグやうさぎのディスプレイが溢れて
うきうき嬉しかったことを思い出します。
からりとよく晴れた日が多い関東の冬しか知らなかった私は
冬が寒くて暗いからこそ、春が嬉しいんだなぁ、と
その時ようやく、ヨーロッパの人たちが春を迎える気持ちが
解ったような気がしたものです。
ヴォルフはウィーンの作曲家。おそらく彼も「春が来る喜び」を愛していたことでしょう。
それと、「スペイン歌曲集」の〈宗教歌曲編〉。
私にとっては、大切な試験やコンクールのために勉強した曲が含まれています。
なんと言ったらいいのか・・・切なく込み上げる熱いものがある、
歌えば歌うほど感動する、大好きな曲です。
歌ってわかった、ヴォルフのよさ、
もっときちんと取り組んで、もっと知りたいと思っています。

プログラムの半分は、日本歌曲を歌います。
日本の春の美しさ。咲き誇るお花たち。
散り際まで人を魅了する桜が代表するように、
春のはじめも、その盛りも、その終わりも、それぞれに素敵な
様々な春の情景を描いた曲や、いろんなお花の歌を集めてみました。
歌が描き出す様々な心情の中に、きっと共感していただけるものがあるのではないかと。

ピアノは千葉かほる先生。
藝大でとってもお世話になってきたかほる先生と
久々に共演させていただきます。楽しみ!!!

今回のチラシも、
足利市にあります「マツモト写真」の松本拓也さんが製作してくださった作品をベースに
デザイナーの近藤春菜さんにレイアウトデザインしていただきました。
こんなに・・・こんなに素敵に作ってくださって、ありがとうございます!
このチラシのイメージから、「じゃあこんな曲も入れようかな~」と
インスパイアされた部分も、たくさんあります。

会場は、昨年コロスタシアAnnexのコンサートでお世話になりました
代官山教会を使わせていただきます。
今回のヴォルフを歌うのに、きっとぴったりの会場です。
お客様と演者の距離も近く、かつ音響もよい空間です。
春の代官山に、ぜひ遊びにいらしてくださいませ!

チケットは、私へご連絡いただくか
うたごよみコンサート事務局:poemedunjour@gmail.com でも承ります。

どうぞよろしくお願いいたします!

[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-12-14 13:02 | お知らせ | Comments(0)

東京神学大学メサイア音楽礼拝2016 終演。

今夜は東京神学大学メサイア音楽礼拝に参加しました。
12月に入ってから今日までで4つの本番。
怒涛の日々、なんとか無事に乗り切れました。
皆々様に感謝です。
f0232910_00253654.jpg

メサイア音楽礼拝では、メサイアの第1部と第2部の間にお説教が入ります。
今日のお話の中で、
「イエスはもっとも低いところにいる人、もっとも孤独な人の友となるために、もっとも低いところにお生まれになった」
というお話がありました。
第2部はAgnus deiともいえる合唱曲で始まり、
そのすぐ次にアルトのアリア「He was despised」があります。
お話を伺いながら、
あぁ私が歌う歌詞とまったく同じ内容だ、先生のお話とリンクする歌が歌いたい、
と思って歌いました。
どうも私は
「自分のポジション、役目を果たす」ということに燃えるっぽいです。
自分のため、、とかだとなかなか頑張れないけど、ミッションあるときに最もやる気が出る。
まぁそういうのって私だけじゃないですよね…

今年のプログラム。
f0232910_00253659.jpg

毎年同じ時期に同じ曲を歌わせていただけることは本当に幸せなことですね。
自分の中に、すこーしずつでも経験が積み重なっていくのを感じられます。
ただ今回は、昨日のブリテン×マーラーからのヘンデルだったので、
様式感というかスタイルというか、
どう喋るか、どう歌うか、みたいなこともちらっと思いました。

全力でコーラスを歌ってくださる東神大の方々のお姿に心が温かくなり。
毎年ご一緒している方々とお久しぶりにお目にかかれたこともとても嬉しかったです。
お世話になりました皆様、ありがとうございました(o^^o)

今年もこのリースに会えたことにも、ありがとう。
f0232910_00253728.jpg

[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-12-12 23:59 | 演奏会記 | Comments(0)

演奏家あるある!?

コンサートから一晩明けて。
おはようございます。

本番前の演奏家あるある!だと思うのですが、
昨日は嫌な夢を見て、目が覚めました。

夢の中で、私からしたら超超超大抜擢!なマエストロとの初顔合わせ、
ピアノプローベ(ピアノ伴奏でリハーサルすること)に臨もうとしているのに、
譜読みが全くできてない!!
伴奏はどう聴いても磯部俶さんの名曲「はるかな友に」なのに、
楽譜を開くと全然違う歌詞とメロディーが付いていました。
が、私はどうしても伴奏につられて「しずかな〜夜更けに、、」と歌ってしまい、
マエストロに「もういいよ」とがっかりされて、
「ごめんなさい!私、マエストロのお時間を無駄にしてしまいました…(涙)」
と謝ったところで目が覚めました、、、

そういう嫌な夢を見るときは、
「来たるコンサート、いいものにしたい!!」とプレッシャーを感じているときで、
それだけ、このコンサートを大切に思っていたんだね、わたし。
ぎりぎりまで頑張ろう!と、
昨日の一日を、ぴりっとした程よい緊張感の中で過ごすことができました。

私の夢に出演してくださった某マエストロとはまだお仕事したことがないのですが、
とっても素晴らしい方なので、いつかぜひご一緒してみたいです。
あの指揮で、歌ってみたいなぁ。。

演奏家の皆様もご趣味で音楽に関わっていらっしゃる方も、
この手の夢をご覧になったことがおありなのでは…
遅刻する、忘れ物をする、譜読みができてない、全く知らないオペラに突然出演する…などなど。
昨日の打ち上げでは、「あるある~!!」と、この話でも盛り上がりました。

今朝は気持ちよく目覚めました♪

歌い手の生態・こぼれ話でした。


[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-12-12 11:22 | 日々のこと | Comments(0)

「無垢と犠牲」ブリテンレクチャーコンサート終演!

ブリテンとマーラー、無事に終演いたしました。
ご来場いただきました皆様、
お気にかけてくださった皆様、
お手伝いお気遣いくださいました皆様、
ありがとうございました。
ブリテンとマーラーの歌曲を通して
会場にいらした全ての方と
濃密な時間を分かち合うことができました。

素晴らしい共演のお二人、
私にこの機会をくれた向井さんにも
心からの感謝を。
今日のプログラムは、この企画がなければ歌わなかったであろう曲ばかりでした。
本当にいい勉強になりました。

うーーーん、いい意味で図々しくなっていくというか、
私の歌とか声とか、いろいろまだまだ理想に程遠いところが多々あって、
反省しきり、次またがんばろー!なのですが、
へなちょこな自分にめげないで、
表現したいことからぶれないで、
ずっとその世界にい続けよう。というのが、
今日はできた気がします。
いい曲たちだった。

まだまだ勉強を続けていくしかないんだろうなと思っています。
もしよろしければ、今後もお見守りいただければ幸いです。

この公演のご感想、お気付きの点等、お聞かせいただけましたら嬉しいです。

[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-12-11 23:59 | 演奏会記 | Comments(2)

アネックスのクリスマス、終演♪

コロスタシアAnnex「アネックスのクリスマス」@根津教会、
終演いたしました!!

根津教会。
f0232910_10470693.jpg

f0232910_10470745.jpg

f0232910_10470842.jpg

f0232910_10470894.jpg

メンバーが作ってくれたプログラム♪
f0232910_10470917.jpg


満員御礼!心から感謝いたします。
暖房の調節が難しく…暑くなってしまってすみません。
お席も長椅子でしたので、窮屈だったかと…
そんな中でも、お客様が楽しそうに聴いてくださるお姿に、こちらが励まされました。
本当にありがとうございました。


基本的に気持ちよく健康的にのびのび歌いたいのです。
さらにそこへポップス的要素を盛り込んでいくことにはやぶさかではないのです。
あと、昔から毎年毎年歌い継がれてきたキャロルたちって、
曲が持っている底力がすごいな、と思いながら歌っていました。何度歌っても心が湧き立つ。
そういういろんなことを楽しめた。そんな本番でした♪

この秋、私以外のメンバーのみんなは
「お呼ばれアネックス」と称して、各地で公演をおこなっていました。
私は都合が悪く、参加できなくて、ちょっぴり寂しかったのだけど
やっぱりこのメンバーで歌うのは楽しい♪
みんなのお陰でなんとか舞台に立てました。

メンバーのみんな、ピアニストのみずちゃん、
座付き作曲家のみどちゃん、
そして見守ってくださった満場のお客様に
心からの感謝を。
来年も面白いことしていきたいですね☆

コロスタシアAnnexのHPもできました!
今後の演奏予定などなど、こちらで情報発信していきます♪
ぜひチェックしてみてくださいませ。
http://chorostasiaannnex.wixsite.com/chorostasia-annex


それから…

最後にみんなで「きよしこの夜」を歌った時のこと。
ちょうど7年前の今頃、病床にあった義理の祖母のお見舞いに行った時、
病室で義父母と夫と「きよしこの夜」を歌ったよなぁ、ってことを突如思い出してしまって、
涙がこみ上げてきてしまって、こっそり困りました。
もうすぐご命日だからかなぁ。
もう、何回も何回も「きよしこの夜」歌ってるのに、
初めて突然に鮮明に思い出してしまった。
素敵な方でした。もっとお話してみたかった。

今年も、歌い納めまでしっかり頑張ろうと思います。

さーて、
いよいよ、
ブリテンとマーラーです!!!
[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-12-06 10:29 | 演奏会記 | Comments(0)

鎌倉雪ノ下教会クリスマスコンサート、終演♪

鎌倉雪ノ下教会のクリスマスコンサート、終演いたしました!
お世話になりました皆様、共演の皆様、
本当にありがとうございました。

f0232910_00493067.jpg


ステンドグラスも綺麗でした。
f0232910_00493150.jpg


教会の方々には、温かく細やかなお心遣いをいただきました。
ありがとうございました。
バタバタ出てきてしまってすみません。
皆様のお気持ちに少しでも応えられていれば良いのですが。


キャロルは何度歌っても楽しいな♪


ふー、いよいよ本格的にクリスマスシーズンが幕開けした、
そんな気がします。
でもまだ来週のコンサート、そして
東京神学大学でのメサイア音楽礼拝が終わるまでは
てくてく歩き続けなくては。

いただいたお花♪

f0232910_00493232.jpg



[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-12-03 23:59 | 演奏会記 | Comments(0)

いよいよ

ブリテンレクチャーコンサートが、来週末に迫りました。
(その前にある2つのコンサートも、もちろん全力で取り組みますが!)

今日も合わせ。
ブリテン、かなり楽しくなって来ました!!
アブラハムとイサクのドラマもその輪郭が見えてきましたし、
5つの子守歌のそれぞれの世界観の違いも見えてきました。
マーラー「亡き子をしのぶ歌」は、
最初は対訳を作りながらも泣けてくる始末でしたが、
心のもちようが整理され、消化できてきた気がします。
あとはちゃんと伝わるように歌えるようになりたい。

いろんなことをやりながら、
その合間ではブリテンとマーラーのことを考えている今日この頃です。
もうちょっと頑張れわたし。

お席、順調に埋まりつつあります。
ぜひお早めにお声掛けください♪
または、
brittenandmahler.concert@gmail.com
にてチケット承っております。

クラシック演奏会情報が掲載されているフリーペーパー「ぶらあぼ」12月号に
コンサート情報を掲載していただいております。
WEB版「ぶらあぼコンサート検索」でもヒットするようになっています。
ご覧になってみてくださいませ♪
f0232910_16591649.jpg

[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-12-02 16:48 | リハーサル日記 | Comments(0)

忙中…

閑を無理やり作ってしまって、
髪を切ったり、
久しぶりに指先をおしゃれしたり。
f0232910_18131224.jpg

指先がきれいになると、気持ちも上向きますね。
これで12月を乗り切ろう♪

さらに今日は、
稽古のあとで、楽譜を見に大学図書館に行ったら、
大好きな先生と、超お久しぶり!な後輩さんにバッタリお会いでき。
盛り上がる立ち話。

こういう偶然が気持ちを後押ししてくれます。
もうすぐ情報解禁しますが、春にコンサートを計画しています。
がんばろ。

f0232910_18131350.jpg

f0232910_18131400.jpg

みどりが瑞々しい時期がいちばん好きだと思っていたけれど、
晩秋(初冬か)もいいですね。上野。
[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-12-01 18:02 | 日々のこと | Comments(0)