クリスマスシーズンに突入しましたね。
今週末は、こちらのコンサートに出演いたします。
クリスマスの時期に聴きたいオルガン曲&クリスマスキャロルを
御楽しみいただけると思います。
間際のご案内で恐縮ですが、
ご興味おありの方は、お早めにご連絡くださいませ!

************************
Chirstmas Concert - 鈴木優人のオルガンとBCJの歌い手によるクリスマスコンサート

出演
鈴木 優人(オルガン)
清水 梢(ソプラノ)
高橋 ちはる(アルト)
水越 啓(テノール)
浦野 智行(バス)

プログラム
オルガン独奏:J.S.バッハ「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」によるコラール前奏曲 BWV659他
クリスマスの歌の数々 会衆賛美歌など

予約・問い合わせ
E-mail: concert@yukinoshita.or.jp
Tel: 090-4372-5878(アラキ)
こちらの メールフォーム からも、チケットのお申し込みいただけるようです。

f0232910_20164390.jpg
f0232910_20172636.jpg

************************
ここから2週間ほど、怒涛の日々です。。
なにしろ、
「アネックスのクリスマス」(12/5@根津教会)と、
「無垢と犠牲 ベンジャミン・ブリテン没後40周年記念レクチャーコンサート」(12/11@やなか音楽ホール)の
準備も平行しておこないつつ、
今回ご案内している、鎌倉雪ノ下教会でのクリスマスコンサートの
準備もおこなっているので・・・

ひとつひとつ、その場その場で集中して!
と自分に言い聞かせる。

[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-28 20:31 | お知らせ | Comments(0)

傘寿の会

高校の音楽の先生のお祝いの会に出席するため、地元へ。
やっぱりここが私の原点のひとつなんだなーー。
ここでは私はいつも、高校の制服を着ていたちはるちゃんに戻ってしまいます。
不義理な私は、会場に着くまでなんだかちょっとだけ気が重かったのだけど、
相変わらず素敵でものすごくデキる先輩方とかわいい後輩ちゃんたちと優しいおばさま方に、
空気ごと包んでもらって…
いつまでたってもこんな私ですいません。

会は、お食事とミニコンサートの二部構成。
貴女も一曲歌いなさいと仰せつかっていたので、
高3の時の音楽の教科書に載っていた
チャイコフスキーの「Nur wer die Sehnsucht kennt(憧れを知る者のみが)」を歌いました。
こちらがその教科書。
いい歌がいろいろ載っていて、今でもけっこう使えるのです。
f0232910_09362664.jpg

選曲しようと思った時、なぜかこの曲しか思い浮かばなかったのです。
高校生の頃の私は、なーーーんにもわかってなかったなぁーーと思う。
なーーんにも知らなかった。
先生は、あの頃も今も、高くて遠い音楽の理想を持っていらして…
その求める姿がこの歌のぐっとくる所と似ている気がして。
何のために歌うのか。何を歌いたいのか。考えた。
本気で歌った。
歌いながら、高校生の頃に習ったことを思い出しました。
すごい、三つ子の魂百までじゃないけど。

会の最後には先生のご指導&指揮でみんなで一曲歌って。
本気で勉強になりまくり。
先生のお祝いに来たのに先生に歌を聴いてもらえてご指導も受けられて
超ラッキー!って感じでした。

伺えて本当に良かったです。
先生、どうぞいついつまでもお元気でいらしてください。
先輩方、これからも追いつけない背中をずっと追いかけますので。
後輩ちゃん達は…のびのびやってください♪

おまけ。
f0232910_09362759.jpg

大好きな先輩方と、先輩のお嬢さんによる、
4手ならぬ5手連弾!?
後ろ姿に和みました。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-27 09:30 | 日々のこと | Comments(0)

今日の現場にて。

雪でしたね!!
11月に東京に雪が降るのは実に54年ぶりのことだそうで。
皆様、寒い中&気を揉みながらのご移動、お疲れ様でした。。

そんな中、今日は録音のお仕事でした。
長時間立ち続ける録音の仕事は、腰に来ます。。

東京タワーの近くのスタジオにて。
雪の後で、空気が澄んでました。
f0232910_21234458.jpg
すっくと立っていたいものです。

スタジオの入っているビルのエントランス。
クリスマス支度が整ったようです…
f0232910_21240608.jpg
こちらは、いろいろ飾られて、やや誇らしげに立っていました。

…いやー内心、焦ります。。
ここからが、実は怒涛の日々。
時間を無駄なく使わないと。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-24 21:16 | お仕事のこと | Comments(0)

今年も、東京神学大学でのメサイア音楽礼拝に参加します。
ここで歌わせていただけることを毎年楽しみにしています。
いつもとても温かい雰囲気に満ちています。
とはいえ、礼拝堂へは温かい服装で、
ぜひお出かけください。

f0232910_10150457.jpg
f0232910_10151093.jpg

『東京神学大学メサイア音楽礼拝』
2016年12月12日(月)
開場18:00 開始18:30
会場 東京神学大学礼拝堂 (武蔵境・三鷹・調布よりバス)
説教者:焼山満里子(東京神学大学准教授)
指揮・テノール:宮内隆
ソプラノ:森野百合
アルト:高橋ちはる
バリトン:中川郁太郎
オルガン:中川紫音
コーラス:東京神学大学学生会コーラス部


[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-22 10:16 | お知らせ | Comments(2)

BCJロ短調札幌公演、終演いたしました。
ご来場のお客様、ありがとうございました!

公演前日に札幌入りして、ちょっとゆっくりしちゃいました。。
ジンギスカンとか、お寿司とか食べたり…

そうそう、飛行機は行き帰りともJALだったのですが、
機内のオーディオプログラムに、BCJの演奏で「クリスマス・オラトリオ」第1曲が入っていました!
クリスマスシーズンも間近。この曲を聴くと本当にワクワクします☆
f0232910_19015687.jpg


公演日のリハーサルは夕方からだったので、
お昼間は、札幌在住の、母となった大学時代の友人のお宅でゆっくりランチしてから、リハーサルへ。
ベビたんと、ずーーーーーーーっと一緒に遊んでいたかった…
癒されたひとときでした。
夜はご夫婦で本番を聴きに来てくださって嬉しかった…!
札幌コンサートホールKitaraさんには託児サービスがあり、
ベビたんを預けて、ご夫婦でゆっくり聴いてもらえたようです。
子育て奮闘中の友人が増えてきましたので、
こういうサービス、ほんとにありがたいです。。

ロ短調ではやっぱり、
神の国は終わることがない!って歌うところがいっちばん好き。
私はクリスチャンではないけれど、
この世の全ての良心、全ての優しい気持ち、全ての公正さ…
この世界の根っこにあるものは絶えることはないんだろうな、と
バッハの音楽が思わせてくれるから。
皆々様に感謝。

ソリストの皆様方(器楽も歌も)が素晴らしすぎた…
いい意味で、攻めの演奏。ほんとーにカッコよかった。
憧れるし忘れちゃいけない姿勢。
勝負し続けるからこそ、深みが増すんだなぁ。。

演奏内容の面ではもちろん、食の面でもそのほかの面でも、大変濃厚な札幌滞在でした。
また、札幌で歌えますように!また伺える時を楽しみにしています。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-16 17:58 | 演奏会記 | Comments(0)

オペラシティと彩の国での公演、
お蔭様でどちらも完売だったそうで
大勢のお客様に見守っていただき、無事終演いたしました。
ありがとうございました!

彩の国での終演後に、出演者一同で。
私はどこにいるでしょう~
f0232910_12104639.jpg


今回感じているのは
何度歌っても「これで決まり」ということはない ということ。
むしろ初心に戻ろう。
改めて言葉を紡ごう。
改めて新鮮な気持ちでハーモニーに身を委ねよう。
そんな気持ちになりました。
歌いたい想いと、歌うべきパフォーマンスの間。ギリギリを狙っていきたい。
二日連続で歌っても、演奏は全く違うものでした。
その日その時だけの空気がある。一期一会なのです。
それぞれの味わい。その時々をより鮮明に感じていたい。

しかし、どちらの公演でも
お客様の「聴くぞ」という思いが、舞台上へとひしひしと伝わってきて。
それによって我々の見えない力を引き出してくださっている部分、大きいと思います。
そして、温かい拍手をくださって・・・
いつもながら本当にありがとうございます。

素晴らしい共演の皆様、
特にアルトのメンバーに心からの感謝を。
ご一緒できていることが嬉しいです。
いつもご一緒できてありがたいのだけど、
ロ短調は合唱の難易度と重要度が他の作品に比べて格別なので、
より一層「同志」になる気分。

私の役目はなんだろう。
私にできることはなんだろう。
とはいえたいしたことはできないし、私なりにしかできないのだけど・・・
札幌でも、「ロ短調」という素晴らしい作品のよきパーツとして機能できるよう
精一杯歌いたいと思います。


[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-13 12:09 | 演奏会記 | Comments(0)

BCJロ短調ウィーク♪

BCJでのロ短調ミサ曲プロジェクト、
月曜日からお稽古が始まっていて、
今日はGPでした。
明日からは東京、さいたま、札幌で演奏会です。
春にもツアーでたくさん歌いましたが、
その時ともまた違う仕上がりになりつつあります!

SanctusからのPleni sunt、Osannaが歌い終わって、
Benedictusを聴くひととき、いつもうっとりする。
BenedictusとAgnus deiは作品終盤の癒しスポット。
もう少しで歌い終わる…と、ちょっとホッとする気持ちと、ちょっとの寂しさ。

そんな心持ちだったからか、
どこまでも美しいBenedictusをうっとり聴きながら、
これからも、
ふんわりと柔らかなしなやかな…
優しい、さりげない、慎ましい、
それでいて他者を受け入れるひろさ、すきまのある…
そんな気持ちを大切にしていける世の中であってほしいなぁ…
と、しみじみしてしまった。
押しの強さ、大きな声、インパクト…
そういうものが、色合いの淡いもの、微かな声を押し退けていかないでほしいし、
「小さいものでも、素敵なものがある」と信じているから。

昨日の、世界を揺るがした大きなニュースからの今日で、
そんな気持ちになりました。

バッハの音楽は…いや、バッハだけではなく
素晴らしい音楽は、想いをいろんなところへ運んでくれます。

3都市でのロ短調、よきものとなりますように♪
ご関係の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!
おいでくださる皆様、どうぞお楽しみに。

おまけ。
BCJの演奏に共に参加しているお友達と、以前
「曲げわっぱのお弁当箱を作る」ワークショップに参加したことがあったのです。
いつかお弁当箱デビューさせたい!と思いつつ時が過ぎて行き…
ロ短調のリハーサルはがっつり、午後から夜まで組まれている日もあったので
リハーサルの間に食べるべく、
「BCJおべんと部」活動しました!

むふふ…
f0232910_00571678.jpg

じゃん!
f0232910_00571749.jpg

左側が私作。まだまだ修行が足りません。。
自分で作ったものは、味付けも優しく作ることができるので、
身体がほっとする気がします。


[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-10 23:47 | リハーサル日記 | Comments(0)

NHKの中部地域のみで放送されている番組
「中部ネイチャーシリーズ」。
以前、テーマ曲を歌わせていただいたのですが
今年度のシリーズでも同じテーマ曲をお使いいただいているようで、
ありがたいことです。
テーマ曲について、服部隆之さんインタビュー。

とても素晴らしい番組であることから
11/9からBS1で夜9時から、四夜連続で全国放送されるそうです。
NHK中部ネイチャーシリーズ 躍動する大自然 奇跡の絶景ストーリー

私の姿も名前も出て来ませんが、確かに私が歌っております!
以前、「ネイチャーコンサート」に出演させていただいた時はこんな感じでした。
南北アルプス・福井の海岸・伊勢志摩の海の絶景をご覧になりつつ、
テーマ曲にもお耳をお貸しいただけましたら幸いです。
私も録画して、あとでゆっくり拝見したいと思います!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-06 23:30 | お知らせ | Comments(0)

来年のことを言うと鬼が笑うとか言いますが、
もうすでに、来年のことがどんどん発表されているのが音楽業界。

来週はBCJで「ロ短調ミサ曲」ウィークですが、
来年1月21日にも、紀尾井ホールで「ロ短調」の演奏会があります。

f0232910_16003340.jpg

f0232910_16004214.jpg

BCJでご一緒している青木洋也さんが指揮をされつつアルトのソロを歌われ、
私は合唱で参加します。
歌&オケ共に素晴らしいメンバーでの演奏、
きっと熱い演奏になるものと思います。
今からすでにワクワクです♪

すでにあちこちからお問い合わせいただいております。
出演者枠として、
良席チケット、持っております☆
もし、ご興味ありましたらお早めにご連絡下さい。

何度歌っても歌い飽きることのない、偉大な作品
それが「ロ短調」。
今年は春のヨーロッパツアーでも何度も歌いましたが
また歌えることが嬉しい。

バッハは本当にすごい。

[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-02 16:06 | お知らせ | Comments(0)

OLC×CLC 定期終演♪

オーケストラ・リベラ・クラシカ(OLC)の定期演奏会&録音が終了。
ハイドンのミサ曲は爽快な歌い心地でした!
「クラシック」なハーモニーの明るさ。
ソリストの皆様も素晴らしく・・・聴きほれました。
演奏会のアンコールで歌った、
ハイドンのチェチーリア・ミサ曲のDona nobis pacem。
アグレッシヴな「平和」。楽しかった。
いつか全曲歌ってみたいです(きっといつかOLCで取り上げて下さるでしょう)。
フォルテピアノと共に歌った「Abendlied zu Gott」も
しみじみいい曲でした~。

演奏会終演後は、いろんな方にお目にかかれて嬉しかったです♪
OLCの定期では毎回、終演後に
お客様と出演者が飲み物を片手にしばし「ご歓談」できるのです♪
ホームグラウンドである石橋メモリアルホールの
規模や形状に依るところが大きいとは思うのですが
これ本当に素敵なシステムだと思う。

演奏会はライブ録音されていまして
いつか、CDとなることでしょう。

こちらは、前回OLCの定期に出演させていただいた時(2015年6月)のもの。
これもいい曲だったなぁ。
こちらはすでに発売されているようです!
f0232910_11471264.jpg

ジャケットに私も写っていますよ~


あっという間に、11月!!!
うーーーん、今月はBCJでの「ロ短調ミサ曲」があり、
札幌へ行ったりもしますが、
粛々と、12月のコンサートの準備をします!宣言。

ぐっと寒くなってきて、冬の足音が聞こえてきたような。
皆様どうぞ温かくしてお過ごし下さい。


[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-01 11:45 | 演奏会記 | Comments(0)