<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オーケストラ・リベラ・クラシカ定期♪

今週は、オーケストラ・リベラ・クラシカ(OLC)の定期演奏会に
合唱団コーロ・リベロ・クラシコのメンバーとして参加しています!

f0232910_22523563.jpg

f0232910_22530487.jpg

私は合唱団のメンバーとして、ハイドンの「ニコライ・ミサ」と
「主への夕べの歌」を歌っています。
ハイドンのミサ曲・・・すっきりしてて、いい曲です!
明るい響き!
言葉をどう歌いたいのか、その言葉にはどんなリズムがあるのか
考えて歌うことが必要なのかな。
ミサ曲はラテン語ですが、「主への夕べの歌」はドイツ語。
こちらも、静かな感動のある曲です。
ハイドンのシンフォニーを演奏し続けてきたオケの皆様は
勝手知ったる感じといいますか、
ハイドンのコツを掴んでいらっしゃるのだろうなという、しなやかさ。
ご一緒させていただけてとても幸せです。

本番の会場である石橋メモリアルホールは、ふくよかで暖かい響きで
OLCのサウンドにぴったり!
日曜日の本番が楽しみです。
お時間ありましたら、ぜひぜひお出かけ下さいませ。
ご連絡いただけましたらチケットご用意いたします!

[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-10-27 23:12 | リハーサル日記 | Comments(0)

カンターテ・ドミノ♪

今週は、二つの演奏会がありました。

まずは、10/19(水)に、東京レディース・シンガーズの定期公演。
作曲家・西村朗先生の作品、それも和歌や短歌をテキストとした作品ばかりを集めた演奏会で
なんとも雅な雰囲気・・・が表現できていればよいのですが。
f0232910_13043940.jpg

西村先生の作品の、濃密な世界に圧倒されそうでしたが
作品への愛をもって貢献することの大切さ、
共に音楽してくださる方々への感謝と尊敬の念を忘れてはいけないということを
身をもって学んだ一夜でした。
客席から、新しい歌が生まれ出でる様を見守ってくださったお客様にも
心から感謝申し上げます。

たぶん・・・ またひとつ「アンサンブル経験値」が上がった、はず。


そして、10/22(土)に
甲府にて、カンターテ・ドミノさんの演奏会に参加しました。
f0232910_13043923.jpg

f0232910_13044087.jpg


会場は、甲府駅から程近い愛宕町教会。
なんとも温かい雰囲気に満ちていました。
f0232910_13044181.jpg

今回は、指揮者の根本卓也さんからお話をいただいて
ソリストとして演奏に参加するだけでなく、
合唱団の練習にも何度か、ご指導に伺いました。
メンバーの皆様は、本当に気持ちの良い方々で
練習はいつもアットホームで、
こういうバッハもいいなぁ。。と
いつも気持ちがおだやかになるのを感じました。

かくして本番は。
とても楽しかったです。
会堂いっぱいのお客様にも感謝。

いい演奏にしよう!という思いの集まる場って
やっぱり素晴らしい。
共演した方々は、器楽の皆様も、ソリストの方々もそれぞれに
いい声とか素晴らしい音とか素敵な力を持っていて。
いい時間でした。
私は何ができたのかな。自分のことで必死だったけど。
私自身がとてもいい勉強できたことは確か。
フレーズの感じ方を変えることでこんなにも歌いやすくなるんだ、と
体感できたことはとてもよかったな。

美味しいものにもいろいろと恵まれて
(食の面だけでなく、細やかなお心遣いいただき感謝でした)
リハーサル、本番と、二日間とも元気に楽しく過ごすことができました。

ありがとうございました。
幸せなこのご縁が、来年以降も続きますように。
心から願っています。
次にお会いするときは、もう少し成長していられるように…頑張ります!
[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-10-23 13:01 | 演奏会記 | Comments(0)

アネックスのクリスマス -久しく待ちにし-

初夏には「蔵で聴く」コンサートシリーズをお送りしたコロスタシアAnnexですが、
12月にはクリスマスコンサートをおこないます!
f0232910_15012669.jpg

f0232910_15012790.jpg


12月5日(月)19時開演です。
会場となる根津教会は、レトロな雰囲気の残る素敵なお御堂。
今回も、私たちのために特別にアレンジされたバージョンでのクリスマスキャロルをはじめ
リラックスしてお聴きいただける楽しい曲を集めました!
サブタイトルの「久しく待ちにし」は
昔から歌われてきた有名なクリスマスキャロルのタイトル。
なんといえばいいのか…敬虔な、ワクワクしながらも心のどこかがしんとする、大好きな曲です。
月曜日の夜ですが、少し早めのクリスマスコンサートで
皆様の心にぽっと灯りをともせたら…
ぜひお出かけください♪

コロスタシアAnnexのHPもできました!
http://chorostasiaannnex.wixsite.com/chorostasia-annex
ぜひアクセスしてみてくださいね。

実は、私以外のメンバーは「お呼ばれアネックス」と称して
東京ガーデンパレスホテルのチャペルでのランチタイムコンサート(10/23)や、
佐倉教会でのチャーチコンサートへの出演(10/29)を控え
お稽古も佳境のようです!
私は… 今月はもう手一杯でして(>_<)
泣く泣く出演を諦めたのでした(T_T)
この二つのコンサートも、ぜひぜひチェックしてみてくださいね!




[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-10-18 14:50 | お知らせ | Comments(0)

ご指導行脚の日

気持ちの良い秋晴れでしたね!

今日は、ご指導行脚の日でした。
ヴォイストレーナーとして発声練習のお手伝いに、
または本指揮者の代わりに、下稽古のご指導担当で、
午前、午後、夜と3団体の練習にお邪魔しました。

午前は新大久保へ。
電車の中で、午後伺う団体が練習し始めたブラームス「ジプシーの歌」の楽譜を開いていたら、
お隣にお座りになられた方が話しかけてくださって。
その方の手には、バッハ「ロ短調ミサ曲」の楽譜が…
聞けば、私もよく知る方が指揮者をなさっている団体で歌われている方でした!
少しお話して、大久保駅でそれぞれの方向へとお別れ。
びっくりしたけど、なんだかほっこりしたなぁ。

世間は狭い…というより、
実は、異国情緒で有名な大久保界隈には、
音楽スタジオやお稽古場がいくつかあり、
さらにはコンサートに貸し出しをしている教会もいくつかあって、例えば
「今日聴きに行くコンサート会場は、新大久保から歩ける範囲にある教会〜」
などというザックリとした調べ方だと、
行くべき会場を間違える可能性が大いにあるくらい、なのです。
この界隈で行われるコンサートに行かれる場合には、
会場の正式名称を調べてお出かけになることをお勧めします!

新大久保は、音楽のメッカ!?

午後は、こんなところの近くの会場で。
f0232910_00082004.jpg

さらに夜は横浜方面へ。

どの会場でも、歌われる皆様の生き生きとした表情に接すると
こちらもエネルギーをいただけます。
皆様、いつもありがとうございます!


[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-10-15 23:49 | お仕事のこと | Comments(0)

「アンサンブルの愉しみ」終演♪

「アンサンブルの愉しみ」終演いたしました!
楽しく、とてもよい勉強になりました♪
お出かけ下さった皆様、お気にかけて下さった皆様、
ありがとうございました!
f0232910_12410364.jpg

チラシと、当日お配りしたプログラムと詩集。
実りの秋にふさわしい、葡萄のツタが絡まるデザインです♪
訳詩をまとめたものを「詩集」としてお付けしたのですが、
コンサート会場の客席の明かりって、解説や訳詩を読むには暗いんですよね。
もう少し明るめに設定していただいてもよかったかな。
もしくは、コンサートの中で曲についてのお話を交えても…とも思いましたが、
「オムライスとナポリタン」みたいな、もしくは「カツ丼と親子丼」みたいな、
前半も後半もボリューム満点なプログラムだったので…
コンサートの構成や会場のこと、もっと細やかな配慮をしていくようにしないといけないですね。

私は、シューマン後期の歌曲から
「わが薔薇」作品90-2
「あのひとの声」作品96-3
を歌いました。
どちらもいい曲だったなぁ。歌えて幸せでした。
聴いてくださったお客様はどう思われたかしら?
毎回が試行錯誤です。

シューマン「スペインの歌芝居」&ブラームス「愛の歌」のアンサンブルも
とても楽しかったなぁ。
ブラームスは、今までに何度か歌ってきていますが、
昔よりも歌いやすくなったことを感じた部分もありました。
「倦怠期の妻」的なソロ曲も、思いっきり恨み節で歌ってみました
(なお実生活とはなんらリンクしないことを付け加えておきます笑)。
シューマンは音域が広く、メロディーが美しいだけに意外な難しさがあるのですが
本番では楽しんで歌うことができました。

本番は、貴重な学びの場。
こうして歌わせていただけることが感謝です。

さぁ、次に向けてまた頑張ります!
[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-10-09 12:38 | 演奏会記 | Comments(0)