<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

BCJロ短調 サントリー公演

広島を朝早く出発して帰京、
入念なリハーサルを経て、
サントリーホールでの公演、無事に終演いたしました!

チケットは完売、大入り袋をいただきました!

f0232910_23100232.jpg


Cum sancto spirituで
「Cujus regni non erit finis(主の国は終わることなし)」と歌うとき
なんともいえない充足感がある。
「ロ短調」のなかで一番好きな部分。

Sanctus・・・天上の音楽。
私は今回はじめてアルトⅡを担当していたのですが
パートが変わると感じ方も少し変わります。
17小節目、Sop1とオクターブを歌ってて、和音のなかに自分の声が溶けていくと、
自分自身も透き通るような気がして、すごく好きな部分。
至福のとき。

カーテンコールでの、万雷の拍手。
合唱にも、ぶわーーーーって拍手してくださって
うれしかったなぁ。

こうして
「1ヶ月のうちに、2団体で、異なるピッチで、計4回、ロ短調を歌う」という
貴重な経験ができた2015年7月が、終わっていこうとしています。

ピノックさんとの、紀尾井でのロ短調。
BCJでの、広島とサントリーでのロ短調。
全く違って、でもそれぞれにとても素晴らしい経験でした。
それぞれの場で織り成された音楽の一部分となれたこと、幸せでした。


互いの音と息遣いを感じ合ってアンサンブルするように、
互いの存在を認め合って平和を織りなすことができたら…
これからもそうやって歌っていきたい。
感謝をもって。

なお、サントリーホールでの公演は、NHK-Eテレで放送されます!!
放送は8月23日(日) 21:00ー23:00の「クラシック音楽館」にて。

以下、クラシック音楽館のHPより
******************************

8月23日(日)放送
<バッハ・コレギウム・ジャパンのロ短調ミサ>

今年、創設25周年を迎えたバッハ・コレギウム・ジャパン。
2013年にバッハの教会カンタータ全集録音を完結させ、
世界各地のホールや音楽祭に招かれて、精力的な活動を続けています。
終戦70年目の夏、平和への願いが凝縮されたバッハ最晩年の傑作に挑みます。

ミサ曲 ロ短調 BWV232 (バッハ)

ソプラノ:ハンナ・モリソン、レイチェル・ニコルズ
カウンターテナー:ロビン・ブレイズ
テノール:櫻田 亮
バ ス:ドミニク・ヴェルナー
合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン
指 揮:鈴木 雅明
(2015年7月28日 サントリーホール)


[PR]

by takahashi_chiharu | 2015-07-29 23:07 | 演奏会記 | Comments(0)

広島でのロ短調。

バッハ・コレギウム・ジャパンの「ロ短調ミサ曲」広島公演、
アステールプラザホールに大勢のお客様をお迎えして、
終演いたしました。

飛行機での広島入り。
天候によっては着陸できないかも…羽田に引き返すか、福岡へ降りるか!?とアナウンスされるも
無事に広島へ着陸。

市内へ移動し、まずはお昼にお好み焼きを!
…その前に、平和記念公園を訪れました。
静けさに包まれていました。
写真を撮る気分ではありませんでした。
遠くに原爆ドームが見えました。

70年、粛々と紡いできた平和。

Dona nobis pacemの、あの熱さ。強い思い。
「我らに平和を与え給え」って
穏やかな気持ちだけで言えるような今日この頃ではないな…と思ったら、
全身で、平和を求める歌声をあげてました。
今までにない感じ。
温かく見守ってくださったお客様と、あの日この地にいた方々が
そうさせてくださったのかもしれません。

このタイミングで広島に来れてよかった。

ほんとは
レトロなかわいい広電にも乗りたかったし
資料館も見たかったし
原爆ドームも眺め倒したかったし
海も見たかった…

でも、今日はサントリーホールでの公演があるため、もう都内におります。

お好み焼き6人分!
f0232910_11274995.jpg

どーん。
肉そばイカ天しそ入りチーズトッピング!
f0232910_11274986.jpg

お造り。えび美味しかった♡
f0232910_11274935.jpg

小鰯の天婦羅!
f0232910_11275038.jpg


…時間ないとか言ってしっかり食べてるんだね、みたいな声が聞こえてきそうですが。
こちらも必死なのです(なぜ

また来ます。きっと。

さて!
今日はまた新たに。
平和への祈りを歌います。

[PR]

by takahashi_chiharu | 2015-07-28 11:05 | 演奏会記 | Comments(0)

なつやすみ ポケットコンサート♪

梅雨明けして、すっかり、しっかり、夏ですね!
いきなり猛暑に襲われている日本ですが、いかがお過ごしですか?

夏休みにはこんなコンサートもあります!

f0232910_11333668.jpg


f0232910_11333660.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夏休みの昼下がり。
子育て中のお父さんお母さん、そして子どもたち
みんなが一緒に楽しめる音楽会です。
今年は「歌と踊り」をテーマに
ヴァイオリンと歌とピアノが響きあいます。
生演奏の躍動をお楽しみください。

【日時】8月16日(日) 11:00/14:00開演(各部入れ替え制)
それぞれのコンサートは約1時間の公演を予定しております。
【会場】六本木シンフォニーサロン
【チケット】大人2500円/子ども(2歳~中学生)1000円
*2歳以下のお子様のご鑑賞はご父兄のお膝の上でお願いいたします。

【出演】
山内彩香(ヴァイオリン)
高橋ちはる(メゾソプラノ)
吉川あや(ピアノ)

【プログラム】
メンデルスゾーン:歌のつばさに
ドビュッシー:ゴリウォーグのケークウォーク
モンティ:チャルダッシュ
成田為三:浜辺の歌    他
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BCJ等でご一緒しているヴァイオリ二ストの山内彩香さんにお誘いいただいて、
山内さんの留学仲間であるピア二ストの吉川あやさんとともに、
子どもと大人のためのコンサートを開催します。
会場は40席のこじんまりとしたサロン。
生の楽器の音色と声の響きを、間近で体験していただけます。

ちびっこやあかちゃんのコンサートデビューにいかがですか(o^^o)
お母さんのお膝の上で、あるいはだっこで、
あまりかしこまらず、リラックスして音を楽しんでいただけたらと思います。

もちろん、大きなお友達にも楽しんでいただけるよう、
演奏には妥協なく!鋭意リハーサルを重ねております。
共演の山内さんも吉川さんも、レッスンを通して
小さな生徒さんにそれぞれの楽器の魅力を伝えていらっしゃるのですが、
せっかくお稽古を始めても、「本物の音」を聴いてもらう場はそう多くないことに気づき、
そんな場を作りたい!とこのコンサートを始められたとのこと。
わたし、子供たちの前で歌うの大好きです♪
音を聴いた時の反応がとても素直でビビッドだし、
何より、まっすぐな瞳に元気をもらえるんだもの。

皆様のおいでを心よりお待ちしております!
チケットご用命は当方でも承ります。お気軽にお尋ねください♪

[PR]

by takahashi_chiharu | 2015-07-26 08:52 | お知らせ | Comments(0)

うたごよみ ーvol.1 秋のうたー

f0232910_12045621.jpg
f0232910_12053521.jpg

わたし発、やりたいことやってみるプロジェクト、第1弾。

いつかまとめて歌いたかった、あの歌、この歌・・・
「いつか」と言っていると一生歌わずに終わるかもしれないので、
歌いたい曲を歌い始めることにしました。
コンサートタイトルはこのブログから来ています。
四季折々の情景に心を託した日本歌曲と、季節ごとにセレクトした外国語の曲。
今回は「秋のうた」。秋のうたと、秋に合う感じのブラームス。
どの曲も、歌えるのがとても楽しみです!

チラシのためのお写真はマツモト写真の松本拓也さんにお願いしました。
ぜひご一緒に何かを作ってみたかったのです。
私のつたない思いを聞いてくださり、こんなに素敵なお写真を作り出してくださいました。
絵の中に描きこまれたわたし。
チラシで私の後ろに大きくそびえている木も、
もとはちっちゃなミニチュアの木を拓也さんが作り、写真に撮り、加工したものなんです。


もしお時間ありましたらぜひお出かけ下さいませ。
会場は限定60席のこじんまりしたサロンです。
丸の内線・茗荷谷の駅からは公園を抜けてくると近いのですが、
その時々の季節を感じることができそうで、
それもこの会場を選んだ理由のひとつとなりました。
10月頭、まだ早いだろうけど紅葉が始まってるといいなー。

チケットのご用命は
このブログに載せているアドレス takahashi_chiharu@excite.co.jp か
コンサート事務局 poemedunjour@gmail.com までお願いいたします。


[PR]

by takahashi_chiharu | 2015-07-16 12:21 | お知らせ | Comments(0)

ザ・サインズ・オブ・バッハ第4回演奏会、終演。

先週末は、金・土・日と演奏会3連戦だったのです。。。
日曜日は、こちらでした。
f0232910_21554534.jpg
f0232910_21570197.jpg
金・土と本番だったロ短調の興奮から、一生懸命気持ちを切り替えて、
日曜日はこんな素敵な教会でバッハのカンタータを歌わせていただきました。
f0232910_18450578.jpg
私の担当は、BWV4とBWV182。じっくりしみじみ、いい曲。
合唱曲とデュエットは、気心知れた仲間ととても気持ちよく歌えて♪
楽しかったです。
アリアは…今の自分にできることを精一杯やれた…と思います。
少なくとも、自分を諦めずにチャレンジできた。
不器用だったかもしれないけど、思い込められた。

お世話になりました皆様、お出かけ下さいました皆様、
ありがとうございました!!


[PR]

by takahashi_chiharu | 2015-07-15 18:47 | 演奏会記 | Comments(0)

紀尾井シンフォニエッタ×ピノックの「ロ短調ミサ」終演!!

紀尾井ホールでの2公演、終演いたしました!
お出かけ下さいました皆様、ありがとうございました。

f0232910_10132279.jpg
f0232910_10143039.jpg

最高に幸せで感動のひと時でした。

私たちをひとつのUnionにしてくれて、
「ロ短調」という素晴らしい音楽の旅に導いて下さったマエストロ・ピノック。
私たちを「心配しないで」「勇気をもって」と励まし続け
常に「Lovely(素敵だよ)」「Thank you(ありがとう)」と仰って下さり
大きな世界を感じること、
喜びと、祈りと、そして愛を表現することを、伝え続けて下さったマエストロ。
終曲のDona nobis pacemの、最後の響きがすうっと消えていったあと、
お幸せに満ちたお顔を見せてくださって、とてもとても嬉しかった。。
本当に本当にありがとうございました!

生まれてはじめて、演奏後にマエストロにサインをおねだりしてしまいました♡
f0232910_10453342.jpg


この楽譜は「新バッハ全集」改訂版のスタディスコア(2010年、ベーレンライター)。
今回が使い初めでしたので、よい記念になりました♪

バッハの作品はどれも素晴らしいものばかりですが、
なかでも「ロ短調」は、別格。
合唱を歌うと、他の作品にはない、特別の幸福感があります。
歌っていて、音の流れに身を任せるのが幸せすぎて、
ソリストさんたちのアリアやデュエットが素晴らしく…
舞台を去るのが名残惜しかった。。

ご一緒した皆様、お世話になりました!ありがとうございました!!

終演後は、一緒に合唱頑張ったかわいい後輩ちゃんたちと、
Aux Bacchanalesで女子会打ち上げしました♪
f0232910_10403291.jpg


10日ほど後には、BCJのロ短調ミサ曲のリハーサルが始まります!
そちらもとーっても楽しみです!!
1ヶ月の間に、「ロ短調」にこんなにも長く濃く関われるなんて、
ほんとに幸せ!!


[PR]

by takahashi_chiharu | 2015-07-12 10:38 | 演奏会記 | Comments(0)

広島で、ロ短調で、平和への祈りを。

先週だったか、とあるきっかけでその存在を知り、とっさに
「この本は絶対に買って家に置いておくべきだ」
と、ほとんど反射的にAmazonで注文した本がある。
「保存版 戦争中の暮らしの記録」

美化しようもない、戦地ではない、それぞれの生活の地であの日々を生きた方々の、等身大の言葉。
届いた本をぱらぱらとめくって、最初に目に付いたのは「おてがみ」という頁。
学童疎開した女の子と、送り出したお父さんお母さんとの葉書のやりとり。
どんなにかわびしくやるせない思いで娘を心配したろう。
どんなにかお父さんお母さんに会いたい気持ちを我慢したろう。
飾らない言葉に涙が出た。

この本には1945年8月6日の広島にいた方々の証言も載っている。
私は今月、初めて広島を訪れる。
バッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとして
「ロ短調ミサ曲」を歌うために。

7月27日、BCJ初の広島公演が「ロ短調ミサ曲」で実現します。
公演に先立ち、指揮者の鈴木雅明先生が広島を訪れ、「ロ短調」を演奏することへの思いを語られました。
平和への祈りを、広島で 〜BCJ広島公演に向けて


ご縁があって、今週も別口でロ短調ウィークなわけですが
Et incarnatus estでの、Deepest Loveに包まれた生命誕生の神秘、
そのすぐあとに語られるCrucifixusがあらわす、言うべき言葉も見つからぬほどの哀しみ、
そこからの、復活。
このくだりで心が揺さぶられることと、「おてがみ」のやりとりに胸が苦しくなったことと、
そして、戦後70年を迎える今年の今月、4回も「ロ短調」を歌うこと、
これらはすべてリンクしているんじゃないか、って

雅明先生のお話される映像を拝見して、はっとしたわけです。

このタイミングでこの映像を拝見できて、よかった。
「ロ短調」の終曲、「Dona nobis pacem」で何を思うのか。

平和への祈りを忘れずに、4回の演奏の機会を大切に歌いたいと思います。
なかでも、広島での公演は特別なものになると思います。
多くの方と、バッハの音楽を糧に、平和への思いを分かち合えたらと思います。
f0232910_08472935.jpg

バッハ・コレギウム・ジャパン 「ロ短調ミサ曲」広島公演の詳細はこちらから。

[PR]

by takahashi_chiharu | 2015-07-10 08:40 | お知らせ | Comments(0)

東京レディースシンガーズ 第39回定期公演♪

梅雨が今頃になって本気出してきて、おまけに台風が3つもいるんだとか。
皆様いかがお過ごしですか。

えー、今月は「バッハ濃いめ進行」となっておりまして、

f0232910_22462084.jpg
これとか

先日ご紹介したこちらとか

そして、初めての広島!とか

今月最後は、これ!とか


今週末にひとつのハイライトを迎えるのですが、それは演奏会後にご報告するとして

さわやかなチラシをひとつご紹介。
本番日を迎える頃には梅雨も明けているでしょう♪
夏空が似合う、寛いで聴けるプログラムです。

f0232910_22291685.jpg


*****************************
東京レディース・シンガーズ第39回定期公演
■日時:2015年7月25日(土) 14:00開演/13:30開場
■会場:渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
■出演:
指 揮/前田 二生
合 唱/東京レディース・シンガーズ
ピアノ/ 東 由輝子

■プログラム:
Bob Chilcott/Nidaros Jazz Mass
新実徳英/川崎洋の詩による五つの女声合唱曲「やさしい魚」   

お茶の間のメロディー
  あまちゃん オープニングテーマ ~連続テレビ小説「あまちゃん」より
  麦の唄 ~連続テレビ小説「マッサン」より          他
ミュージカル映画曲集
  バリ・ハイ ~「南太平洋」より
  Tonight ~「ウェスト・サイド・ストーリー」より 他

■チケット:全席自由3,500円
■お問い合わせ:東京レディース・シンガーズ TEL:03-3446-1223
*****************************

個人的には新実徳英さんの「やさしい魚」がオススメ。
その中でも、私は「ジョギングの唄」が好きです。わっしょい。
あと、曲集のタイトルにもなっている「やさしい魚」。
せつない、大人の歌だなと個人的には思っています。
他のステージも、きっと御楽しみいただけると思います♪
女声合唱の柔らかな歌声を聴きに、ぜひ会場へおでかけくださいませ♪


[PR]

by takahashi_chiharu | 2015-07-08 07:30 | お知らせ | Comments(0)