<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

チューリヒ!

チューリヒのホテルに着いた一行。
ホテルのお部屋のバスタブで、アヒルちゃんがお出迎えしてくれました♪
f0232910_19525566.jpg


さっそく会場の下見へ。
f0232910_19544473.jpg

「リギブリック登山鉄道」という名の、かわいらしいケーブルカーに乗って高台へあがったところに
今回の会場であるリギブリック劇場があります。
周りは大きなお屋敷ばかり、山の手の高級住宅地のようです。
この劇場もどなたかの別荘のよう。
f0232910_1956051.jpg

(・・・写真を撮っていたらジャンプしてきたひとが!だれだかわかるかな・・・♪)

会場の下見のあとは、街の中心地へ。
大きな教会がいくつもあり、それぞれ建物の様式が違うことから
この街の歴史が長いことがうかがえます。
ちなみにこの写真の撮影場所はチューリヒ工科大学。
かのアインシュタインが卒業した大学なのだとか!!
f0232910_19573185.jpg

街の中にもこんな可愛らしいケーブルカーが♪
f0232910_2012995.jpg

ジュネーブの渡し舟といい、チューリヒのケーブルカーといい
採算を考えたら廃止されていきそうな交通手段が、きちんと機能しつづけているのが
とってもいいなぁと思います。
便利なだけじゃ、ねぇ。

街の中もとっても落ち着いていて。
いいところだ。
f0232910_204202.jpg


ところで、
スイス2都市目なんですけどね
スイスっぽいお料理をまだ食べていなかったのです。
いいお店、ないかなぁ・・・と
ガイドブックもなしに(今回のツアーのガイドさんにちょっとだけヒントはもらいましたが)
街をぶらぶらしたわれら。
鼻を利かせて・・・一軒のかわいいレストランを発見!!
チーズフォンデューとラクレット(スイスのチーズ料理)のお店でした。
お店のドアを開けて中に入った瞬間に、かなりチーズのかほりがしました・・・が
あっという間に慣れてしまいます!
焼肉屋さんに入ったときみたいな感じかな?
f0232910_2012848.jpg

これがラクレットのセット。
上の波状の鉄板でお肉などを焼いて、
下の小さな卵焼き用フライパンみたいなのにスライスしたチーズを入れて温め、
溶けたところで焼いた具材にチーズをかけていただきます。
f0232910_20154031.jpg

フォンデューも!
7人で行って、4人前くらいお料理を頼んで、それでちょうどいい量でした。
こちらの方並には、食べられませんわ。。
f0232910_20162110.jpg

こちらのお店、ミシュラン一つ星を獲得している、と店先に出ていて
お高いのかな。。格式も高いのかな。。とちょっとだけドキドキしましたが
みんなでシェアして食べたらリーズナブルだし、店員さんも気さくで優しかったし
とっても雰囲気のよいお店でした!

歌い手仲間と、今回ご一緒している狂言方の役者さんたちと、
みんなでごはん、楽しかったです。

さてさて
この記事を書いている今は2月28日。
今日と明日は公演日です。
ツアーも終盤に差し掛かり、
ここらでもう一度いろんなこと見直そうよと
昨日のリハーサルでは、音楽面、見た目面共に
細かい修正点を挙げ、お稽古しました。
ちょっと手綱引き締めなおした感じ。
今日と明日、また精一杯、自分のお役目を果たしたいと思います!

by takahashi_chiharu | 2014-02-28 20:12 | オペラ@能楽堂ツアー2014 | Comments(2)

ベルン!

ジュネーブ公演を終えた一行、
次の公演地・チューリヒへ向けてバス移動。
途中、スイスの首都・ベルンで昼食をいただきました!

お昼をいただいたホテルベルン。
f0232910_19363152.jpg

バスの出発の時間までに、ほんの少しだけ街歩き。
12世紀にできた旧市街。
噴水が12個?だったかな、あるのだそうです。
子喰いの噴水。こわー。
でも下のほうにはベルンの紋章に使われているくまちゃんたちがいます。
f0232910_19385591.jpg
f0232910_1939925.jpg


時計台など。
古い町並み、いいわぁ。
f0232910_19394328.jpg
f0232910_194005.jpg
f0232910_19402919.jpg

by takahashi_chiharu | 2014-02-28 19:41 | オペラ@能楽堂ツアー2014 | Comments(0)

ジュネーブ!

パリで3公演終えた翌日、
朝早く、飛行機雲飛び交うシャルル・ド・ゴール空港から、
f0232910_2328326.jpg

飛行機でジュネーブへ。
f0232910_23283551.jpg

f0232910_2328374.jpg

レマン湖に面した街。
名物の噴水もみました。
旧市街の町並みと、サンピエール大聖堂。
f0232910_23285046.jpg

f0232910_23285123.jpg

f0232910_23285327.jpg

ジュネーブの劇場。
ドイツのケルンから運んだ能舞台が組み上がっています!
f0232910_23284267.jpg


ホテルから劇場や市街地まで、バスや渡し舟(!)に乗って。
今回ご一緒しているメンバーはみんな留学経験があるひとばかりなので、外国の街を歩くのはそれほど抵抗もなく。
むしろなんだか懐かしく。

ジュネーブで公演を終えた翌日は、
バスでチューリヒへやってきました。
その様子はこのあとすぐ。

by takahashi_chiharu | 2014-02-27 23:13 | オペラ@能楽堂ツアー2014 | Comments(0)

パリ公演最終日!

パリでの3公演、おかげさまで無事に務めることができました。
みんなみんなそれぞれ素晴らしかった!日に日に良くなっていると思います☆

私の「女の情念」問題ですが…
私の恨み節レチタティーヴォを支えてくださっている、チェンバロとチェロのお二人に
「女度が増した」「怒りが伝わった」「新たなちはるちゃんを見た」
等々のお言葉を頂戴し。
やったぜ☆

私は櫻間右陣先生のお姿に感動していました。
ディアーヌの怒りに触れ、鹿へと姿を変えられたアクテオンが、
無音の中をそろそろと前へ進み出るのですが、
その気配、間合い…
鹿にされてしまった不条理への無念さ、哀しみが切々と現れていて、
先生の足元しか見えないのに
(舞台上では舞われる方々を目で追ってはいけません)
先生が一歩踏み出される毎に空気が変わっていくのを感じて、
本当に泣きそうになりました。
あぁ、本当にすごいです。

明日からスイスへ行きますが、
場所が変わってもしなやかに応じて、
日々深めていけますように。

そして…舞台がはねたあと、パリ在住の友人と、「パリ最後の晩餐」を。
ひさしぶりにじっくり語り合い。
友が幸せそうで、よかったねぇ、としみじみ感じた夜でした。
また語り合える日を楽しみに♪♪♪

充実したパリ滞在でした。
リハーサルがなくなった日もあって、
昼間はひとりで地下鉄に乗ってお散歩に行ったり。
少し前に、高田三郎の歌曲集「パリ旅情」を勉強したことがあったので、
歌詞に出てくる場所へ行きたいな、と思い、
ふらふらして来ました(笑)

サン・シュルピス寺院界隈。
f0232910_9313763.jpg

f0232910_9314583.jpg

夜のエッフェル塔♪…は、「パリ旅情」には出てこないけれど。
今回はエッフェル塔の近くのホテルにお世話になりました。
f0232910_9313911.jpg

ムーラン・ルージュ☆
f0232910_9314164.jpg

サクレ・クール寺院。
f0232910_9314381.jpg


次の目的地はジュネーブ!
はじめてのスイスへ〜☆楽しみ!

by takahashi_chiharu | 2014-02-23 09:16 | オペラ@能楽堂ツアー2014 | Comments(0)

パリに来ています

朝のパリからおはようございます。
時差ボケてます。。

いよいよ「オペラ@能楽堂」のツアーが始まり、
昨夜パリに到着いたしました。
パリはぜんぜん寒くなく雪もなく、
日本のほうがよほど厳しい冬です。。
今週の関東の雪予報が回避されたようですが、
まだまだ物流が回復していない地域も多々あるとか。。
皆様お疲れ様ですm(_ _)m

今回の公演は、出演者は少数とはいえ
やはりオペラの移動公演。
人間以外の移動物もたくさんあります。
楽器はもちろんのこと、
役者さんの装束や舞台で使用するお道具などなど。
人間の方も、
役者さん(能楽師の先生、子方・後見の方も含む)、
オケの皆様(笛の方も含む)、
歌い手(狂言師の善竹さん含めた歌い踊る狂言チームと正座で頑張る我々お能チーム)、
演出家・舞台監督など舞台関係者、
幕の上げ下ろしから我々の着せていただく紋付・お道具の管理など、幕の内側を一手にお引き受けいただいている方々、
そしてツアー全体を引率するスタッフさん(+各都市毎のガイドさんお手伝いさん)。
多くの方々の御尽力でこのプロジェクトが成り立っているのだなぁ。
ありがたいことです。

あまりに多様なジャンルの方がいらっしゃるので、
各セクションごとにまとまって行動したほうが良いでしょう、という話になり、
お能の歌い手チーム4人で、
バスの春日くんを組長とする「春日組」を結成。
この春日組ですが、何だかとっても和やかです。
成田空港でもパリに着いてもついその時の状況を忘れて寛いでしまいw
このメンバーに入れていただけて良かったです。

さー今日からいよいよ本番の舞台でリハが始まります。
がんばろう。

写真は春日組で昨夜行った、
パリでの最初の夕ご飯。
最初だからしっかり食べて元気を出そう!と。
エッフェル塔の麓で。
美味しかったし、気さくな店員さんたちがキビキビ働いていて
いいお店でした。
分厚いサーモンソテーの下にたっぷりほうれん草、
タルトタタンとお塩の効いたバニラアイス。
f0232910_1582578.jpg

f0232910_1582792.jpg

by takahashi_chiharu | 2014-02-19 14:56 | オペラ@能楽堂ツアー2014 | Comments(0)

ペルゴレージ終演いたしました

ペルゴレージ「聖母マリアの夕べの祈り」、
無事に終演いたしました。

この悪天候の中お出かけくださいましたお客様、
本当に本当にありがとうございました。
無事にお帰りになれましたでしょうか…

合唱も、ちょいソロも、歌い甲斐のあるものでした。
とーっても勉強になりました。

「発声練習代わりに、その日歌う曲ではない別の曲を歌う!」
という秘法を授けてくれたソリストさん、
アンサンブルの楽しみを教えてくださったソリストの皆様、
指揮にソロに大活躍でいらしたマエストロ、
超豪華なオケの皆様、
とっても温かく迎えてくださって
共に精一杯歌ってくださった合唱団の皆様、
本当にお世話になりました、
ありがとうございました。
ご一緒させていただけて嬉しかったです。

雪にも負けず…の打ち上げを経て
(何人もの方にお声かけていただけて嬉しかったです。
そうそう!「ブログ読んでます」と仰って下さった方もいらっしゃいました。
嬉しいな。ありがとうございます)、
今は、明日の朝のお仕事に備えて手配しておいたホテルにおります。

粉雪は今だに降り続いていて、
粉雪なのにこんなに積もるんだなぁ、
「塵も積もれば山となる」
とはまさにこのことだなぁ、と
何度も思っています。

濃く、長い一日でしたが…
ひとの、あったかい思いの集まる音楽って、いいなぁ。
その思いで、ここまであまり疲れずに
辿り着けました。

明日の朝のお仕事というのは…
東京バロックスコラーズの合宿へ、
発声練習時のご指導に伺うのです。
皆様は今日から合宿に入られていて、
きっと今日も一日、燃えて歌われたことでしょう…!
本番間近の、仕上がりつつある演奏を
聴かせていただくのを楽しみに参ります。

皆様が、あたたかいところへ辿り着けていらっしゃいますように…
どうぞよい週末を。

by takahashi_chiharu | 2014-02-08 22:49 | 演奏会記 | Comments(0)

ペルゴレージ祭り♪

f0232910_23324981.jpg

f0232910_233395.jpg


今週は、2/8(土)の午後にオペラシティで本番の
ペルゴレージ「聖母マリアの夕べの祈り」の演奏に参加しています。
合唱団はエルヴィオ・ソーヌスさん。

ペルゴレージが書いたいくつもの宗教作品
「Dixit Dominus(主は言われた)」や
「Magnificat anima mea(わたしの魂は主をあがめ)」などを
一つにまとめた
「聖母マリアの夕べの祈り(Vespere della Beata Vergine)」。
ペルゴレージ節とそのハーモニーを存分に堪能できる
ペルゴレージ祭り(勝手に命名ww)となっております。

なかでも私は「Magnificat」がすき。
「Magnificat」のテキストを用いて、
何人もの作曲家が曲を書いていますが
どのひとの曲でも、いつもワクワクする☆

今日が初めてのオケ合わせ。
私はアンサンブルソリストといって
合唱を皆様とご一緒に歌いながら
ちょいちょい出てくるソロを担当します。
オケにも歌のお仲間にもお知り合いがいて、
しかも指揮はBCJでお世話になっている青木洋也さん。
今日初めてオケと皆様と歌って、自分の課題が見えました。
この経験を生かして、明日はもっと上手に歌います。
本番は、もっと。
頑張りまーす♪

土曜日の午後、お時間ありましたらぜひぜひ
オペラシティまでお出かけ下さいませ!

by takahashi_chiharu | 2014-02-06 23:14 | リハーサル日記 | Comments(0)