INAHOコーラス第7回定期演奏会へのゲスト出演、終演いたしました♪

かわいい♪ウェルカムボード。
f0232910_1041858.jpg

お御堂のなか。
中央の通路も飾りつけがされて・・・
バージンロード的な。
f0232910_1042062.jpg

扉にも飾りが♪
f0232910_10143729.jpg

天井が高いのです。
歌いやすかったです。
f0232910_1042222.jpg


なぜこのような演出だったかというと・・・
INAHOコーラスのピアニストを務める中山博之さんが昨年ご結婚されたということで
「幸せ」をテーマにしたコンサートにしたい、というコンセプトがあり。
プログラムも、シューマンが結婚式前日に妻となるクララに捧げた
歌曲集「ミルテの花」をはじめ、ラブラブ、幸せな曲を集め。
それと、ピアニスト中山さんのご本業は作曲家であることから
中山さん作曲による作品も演奏され。

私は、「ミルテの花」の中からソロで3曲、
ミュージカル「キス・ミー・ケイト」より「So in Love」を指揮者の初谷くんとデュエットで、
そして木下牧子さんの「夢みたものは」をソロで歌わせていただきました。

実は、ちょっと前に、おじさま方とマイクを持って
ポピュラーもの、ジャズっぽいものなどを歌っていた時期があったのですが
「So in Love」ではその時の経験が活かされたと思います。
無駄なものなんてなに一つなく、どこかにつながっていくんだな・・・

「幸せ」をテーマにしていたこともあり、
参加させてもらえたこと、歌わせてもらえたことが幸せだなぁ、
と感じたコンサートでした。

自分の未熟さ、不甲斐なさを感じる部分も、密かにあったのですが。
反省点も抱えつつ、それでも
歌わせてもらえて良かった、幸せだったと。

これは、INAHOの皆様がもっていらっしゃる、
温かい「おかあさん」な空気がもたらしてくれた部分が大きかったと思います。
お客様も、皆様とてもフレンドリーにしっかり聴いてくださって。
会場の大きさ、雰囲気もよかったし。
そういう中でまさに「歌わせて」もらったんだなぁ。。
感謝です。


今回、良かったーと感じたことを活かしつつ、
悔しかった部分を克服できるように。
本番への向かい方を含めて、
また、次へ向けて頑張ります。

ご一緒してくださった皆様、聞きにいらして下さった皆様、
ありがとうございました♡
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-07-28 10:02 | 演奏会記 | Comments(0)

思わず…

「ヘンゼルとグレーテル」、音楽稽古も最終コーナー回った!というところ。
明日までで音楽稽古は終わり。
そのあとは月末に予定されている立ち稽古初日までに、暗譜しなくてはなりません。
今日は暗譜ができているかの確認を中心に練習。
楽譜から体を離して、演技も少しずつ想定して…

壺の中のミルクが美味しそうで、
ヘンゼルが指を突っ込んで味見しちゃう場面があるのですが

「♪ちょっぴり味見をしよう♪うまそうだ♪」

と歌ったあとにミルクのついた指を舐めるジェスチャーをしたあとで…
思わず

「うめぇや!」

と歌いそうになってしまいました(笑)
正しくは「すげぇや!」
…決して裕福ではないお家の、男の子ですから。

しかしまぁ「うめぇ」って。
お里が知れる〜。おほほ。
そして自分にとって美味しいものというのは、
とってもテンションを上げてくれる、重要な要素なんだわ、と
自分は食いしん坊であることを再認識。

…暗譜はもう一息みたいです。がんばろ。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-07-18 21:11 | リハーサル日記 | Comments(0)

急な話、ではあったのですが。

芸大学部の同期生であり、
いまではいくつかの合唱団などでお仕事仲間でもある
初谷敬史くんの指揮する、INAHOコーラスの定期演奏会に
出演させていただくこととなりました!

***********************

■INAHOコーラス10周年記念・第7回定期演奏会
7月27日(土)開演17:00
護国寺同仁キリスト教会礼拝堂
*入場無料(整理券)

メゾ・ソプラノ:高橋ちはる
合唱:INAHOコーラス
ピアノ:中山博之
指揮・テノール:初谷敬史

菅野よう子:花は咲く(作詞:岩井俊二)
R.シューマン:歌曲集『ミルテの花』作品25より
 献呈(作詞:F.リュッケルト)*
 ある人(作詞:R.バーンズ)
 くるみの木(作詞:J.モーゼン)*
 孤独な涙(作詞:H.ハイネ)
 はすの花(作詞:H.ハイネ)*
 お守り(作詞:J.W.v.ゲーテ)
 ズライカの歌(作詞:J.W.v.ゲーテ)*
 花嫁の歌-Ⅰ(作詞:F.リュッケルト)*
 花嫁の歌-Ⅱ(作詞:F.リュッケルト)*
 高地の子守歌(作詞:R.バーンズ)*
 僕の心は重い「ヘブライの歌」から(作詞:G.バイロン)
 あなたは花のよう(作詞:H.ハイネ)*
 東方のバラ(作詞:F.リュッケルト)
 エピローグ(作詞:F.リュッケルト)*
  *女声合唱とピアノのための『ミルテの花』より(編曲:佐渡孝彦)

久石譲:Stand Alone(作詞:小山薫堂)
R.ロジャース:ミュージカル『南太平洋』より「春よりも若く」(作詞:O.ハマースタイン2世)
中山博之:虹(作詞:W.ワーズワース、訳:貴美島紀)委嘱新作・初演
C.ポーター:ミュージカル『キス・ミー・ケイト』より「ソー・イン・ラヴ」
中山博之:きみは守られている(作詞:葉祥明)委嘱新作・初演
木下牧子:夢見たものは
渡辺俊幸(編曲:遠藤謙二郎):おひさま~大切なあなたへ(作詞:岡田惠和)

B.チルコット:ア・リトル・ジャズ・ミサ

************************

私はゲスト、ということで
シューマン「ミルテ」の中から、3曲ほどソロで歌わせていただき。
初谷くんとのデュエットもしますし、
他にも数曲歌います。

先日、本番を行う、護国寺の同仁教会でリハーサルをしたのですが
教会のこじんまりとした佇まいと、INAHOコーラスの皆様の雰囲気とが
とても良く合っていて。

「あたたかい」そのことばがぴったりくるような、
そんなコンサートになりそうです!


シューマンの歌曲。
シューマンほど、美しいメロディを心の赴くままに歌わせてくれる
歌い手、聞き手を酔わせてくれる作曲家もいない、と思うのです。
それで、最初は「あぁいい曲だなぁ~、シューマン楽しいなぁ」なんて、
気持ちよく歌うのですが、そのうちに
「自分が気持ちよくなっているだけなのではないか」という気持ちにとらわれて
本当にシューマンが意図したように歌うには、
本当はどう歌うのがいいのか・・・
いろいろ考えると、「難しいなぁ・・・」と思ったりした時期もありました。
最近は、そのスランプともいえる時期を越えて
また、本当に心の赴くままに歌えるようになってきた・・・かな。
「シューマン楽しいなぁ」の第2期到来。

「ミルテ」は、個人的にはソプラノさん向けの歌曲集な気がしていて
(といいつつ2011年のリサイタルでは超有名な曲を何曲か取り上げましたが)
あまり深入りしようという気も起きなかったのですが
今回の演奏のお話をいただき、改めて全曲聴いて
私がソロで歌うなら・・・という曲をじっくり、3曲選ばせていただきました。
改めて、いい曲だわ。
そして、歌うのが楽しい。

他にも、INAHOコーラスのピアニストである中山博之さん作曲による作品、
チルコット作曲「ジャズ・ミサ曲」など、聴いて楽しい作品が並んでいます。


INAHOコーラスの指揮者である初谷氏とは同期生であると書きましたが
同期の仲間とお仕事の場でご一緒するというのは、
なかなかに感慨深いものです。
その初谷氏がご自身のブログで、今回の演奏会のことを書いています
学部を卒業してずいぶんたちましたが
彼は彼なりに、そして私も私なりに
いろんな道を通って、今があるということ。
もちろん、まだまだひよっこですし、
「まだまだ!」という気持ちは、ずっと持ち続けたいなと思いますが。
すこーしだけ、歌うことを昔より楽しめるようになってきた気がするね、と
先日のリハーサルの後でお茶して、話をしたのでした。

いい歌がうたいたいな。
それだけを思って。
この日のために練習を重ねてこられたINAHOコーラスの皆様に
花を添えられるよう、私もがんばります!!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-07-16 23:51 | お知らせ | Comments(1)

指揮者として・・・!

今日は、数年ぶりに、指揮者として舞台に乗ってしまいました…
ヴォイストレーナーとして伺っている志木第九の会
志木市の音楽祭(サマーコンサート)に出演するにあたり、
このわたくしめが指揮を仰せつかり。

…必死で腕を振りました。
気持ち的には、二の腕周りが2cmずつは縮んだはず!というくらいに。
ふーっ。
なんとか、無事にお役目を果たせたかと。
これも、ご指導いただきましたご指導陣の先生方のお陰ですm(_ _)m

しかし、必死な中でも、
自分が働きかけたことに素敵なレスポンスがくると、とても嬉しく。
とても楽しいひとときでした。
歌ってくださった合唱団の皆様、
こんな指揮に付き合って下さった素晴らしいピアニスト様に、感謝です。


声を出さずに
(私は歌い手なのでやはり「声を出す」ことが考えの基本にあるような気がします。
あらためて思うと)
音楽するということ。

改めて指揮者の皆様をご尊敬申し上げます。
もっと上手になりたいなぁ。指揮。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-07-14 20:59 | お仕事のこと | Comments(0)

レッスン→ヘングレ

今日は久しぶりのレッスンへ。
メニューは、よちよち歩きのフランス歌曲。
年頭に書いたように、今年は
「フランス歌曲、はじめのいっぽ」を
よちよちと始めています。

うーっ、口が回らん!
しゃべるのに必死で、言葉を発することとその意味がなかなかくっつかない!

でも楽しいです。いろんな発見があって。
とっても素敵な曲ばかりだし~♪

いつまでたっても殻をつけたままのひよこみたいな弟子に、
いつもいつも生き生きとした音楽を見せてくださる先生。
やはり素敵です。


そして夜はヘングレお稽古。
こちらもとても楽しいです☆
今日は、グレーテルちゃんと森の中のシーン、と
魔女様につかまったあとのシーンの音楽稽古。

楽しいんですけどね。
魔女様に「はやく〜太れ〜」と歌われるたびに

…今すぐ食べられてもおかしくないぞオレ

と自分の腕や脚を見てしまう自分がいます(笑)

もう、十分おいしそうな感じですから(爆)

8月の立ち稽古で少しは絞れるかしらん…

その前に、暗譜しなくっちゃ!今月中に!


9月15日(日)18:30開演
さいたま市文化センター小ホールにて。
ぜひお出かけくださいね!!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-07-11 23:30 | リハーサル日記 | Comments(0)

あばずれの食べ物ww

f0232910_14191589.jpg

軽い話題も載せようキャンペーン。
ナポリタン。

「あまちゃん」観ていらっしゃいますか?
今日のお昼に、夫が作ってくれました。
くちびるテッカテカにして食べました。
美味しかったです!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-07-07 14:17 | 日々のこと | Comments(2)

書いてなさすぎ

ですね。ご無沙汰しています。

6月は、なんだかあっという間に過ぎていきました。
何か特別なことがあったわけでもないのですが
譜読みしたり、お稽古に参加したり、ご指導に行ったり、録音に参加したり、
本番に参加したり、人前で歌ったり・・・
なんだかバタバタしていました。

でもそんな日々の合間にしっかり遊びも入れていました(笑)

千葉・銚子に日帰りおでかけしてみました。
銚子電鉄というローカル線に乗って、犬吠崎など行きました。

むかし、東京の私鉄を走っていた電車が、地方のローカル線へ払い下げられ、
さらに銚子へやってきて、いまもなお走っているそうです。
お古のお古。
でもお顔に味がありますね。
f0232910_13444497.jpg

昭和37年製。年上だ。
f0232910_13473290.jpg

銚子電鉄沿線の駅も味わいがありましてね。
これは終点の外川(とかわ)駅の改札。
f0232910_13473228.jpg

ノスタルジー、ってかんじ。
f0232910_13491074.jpg


古いおうちなど、古いもの好きな私は、
レトロな電車や木造の駅舎など、とても楽しめました。
銚子電鉄、経済的に厳しい状況があるようで、
名産のお醤油をつかった「ぬれ煎餅」などでなんとか収益アップを狙っているようですが・・・

機会がありましたら、皆様もぜひ、おでかけになってみてくださいね。


もう7月!
今年も半分終わったってこと!?嘘でしょ~、と言いたいところですが。

今月中に、「ヘンゼルとグレーテル」の暗譜をしなくては。
今月中に、急に増えた本番の準備をしなくては。
他にも、準備したいこと、練習すべき曲があります。
「ヘンゼルとグレーテル」のご案内もお出ししなくては!!

7月はわりと暇!・・・なはずだったのに、いつの間に・・・おかしいな(笑)
でも、ありがたいことですよね。
夏を越えて、秋へ向けて、今から頑張っていきます!


で、今夜は東京バロック・スコラーズの練習へ。
このごろは、ヴォイストレーナーとして発声練習のご指導だけでなく
通常練習も受け持たせていただいています。
モテット全曲演奏会→録音、の大事業を終えられ
来年2月の演奏会へ向けての練習が始まっています。
ご指導していて感じるのは、やはり皆様「一皮むけたな・・・」ということ。
モテットという、とても難しい曲に取り組んで、得られたものはとても大きかったのでは。

しかも今日は練習後に「大事業無事終了祝い暑気払い会」が行われるので
いつもより早めに練習を切り上げなくてはいけないのです。

・・・どうも私は、教える側に回ると「重箱の隅をつつく派」のようで
ついつい、同じところを何度も練習してしまい
結果、「あっ!もうこんな時間!時間が足りない!」ということがままあり。
いいところで切り上げる、その場で突き詰めすぎないことも大切だと。
お教えする側も、少しずつ、日々勉強です。

今日はきちんと時間までに効率よく練習するぞっ。


ムシムシする日々が続きますが(もうすこし雨がちゃんと降ってくれたほうがいいなぁ)
皆様、くれぐれもご自愛くださいね。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-07-03 14:11 | 日々のこと | Comments(2)