ヘングレ稽古初日!

f0232910_11412289.jpg


とうとう、始まりました。
さいたまシティオペラ公演「ヘンゼルとグレーテル」
音楽稽古初日。

写真は、今回使用する楽譜。
かわいい表紙に、癒されます♪


お稽古初日というのは
とにかく緊張します。。
初めて歌う、ヘンゼルくん。
指揮の先生や共演の皆様の前で、初めて声を聴いていただく日。

ドキドキわなわな…
でしたが

先生は、とーってもお優しく
ご指摘が面白く!
違う組のヘンゼルくん&グレーテルちゃんのお歌も聴かせていただけて
とーっても、お勉強になりました!!

ヘンゼルくんはまだ子供だから
かわいく歌いたいけど、
浅くしないで
きちんと声を出さないとなー。
もともとはドイツ語のテキストのために音が割り当てられているので
日本語で歌うと難しい場面もいろいろあるのですが
難しさを感じさせないで!
テクを駆使してます!っていうのをおくびにも出さずに
さらっと歌えたら、いいんだけどなー、、
なんて、指揮の先生のお話をうかがいながら、思いました。


ご興味出てきた、そこのアナタ!

チケットは私がたんまり持っています!!
お子様はもちろん、大きなお友達の御来場、
熱烈大歓迎です!!

今回は日本語での上演ですので、
お子様の「はじめてのオペラ」にもぴったりかと☆
いつでもお声掛けください♪

ちなみに今回の公演は「電話」(メノッティ作曲)という
素敵ラブコメディ?なオペラとの2本立てです☆

私が出演するのは9月15日(日)の夜の部、
さいたま市文化センター小ホールにて18:30開演です♪

皆様のおいでをお待ちしております!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-06-05 11:26 | リハーサル日記 | Comments(0)

BCJ定期終演!

バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の定期演奏会ですが
先週日曜日に神戸・松蔭女子学院大学チャペルにて神戸公演、
さらに今週、木曜には青山学院大学でレクチャーコンサート、
そして昨日、東京オペラシティにて東京公演が
無事に終了いたしました。

神戸には日帰りで・・・
どこにも寄り道せずに帰らなくてはいけなかったのが
ちょっと残念でした・・・
演奏中、陽が傾いてきたところで、ステンドグラスからの光が
白い壁を七色に染めていて、きれいだったなぁ。
f0232910_12444827.jpg

f0232910_12444929.jpg

f0232910_12444972.jpg


青山では、曲にまつわるあれこれを雅明先生がレクチャーしてくださり
そのあとで、実際に歌うことができて、楽しかったなぁ。

ふむふむ、へーっ、 は、楽しいものです。

どの会場でも、多くのお客様においでいただき。
ありがたいことです。

実は今週は、別の団体の別の作品のお稽古も始まっており
個人的にかなり綱渡り的スケジュールになるはずだったのですが
それもなんとか乗り切ることができ。

今回のBCJの定期では、前にも書いたように
普通のピアノの半音ぶんくらい高いピッチで演奏しているので
別の団体のお稽古で普通のピアノのピッチで歌ってきた後で
頭と耳の感覚を切り替える時間がきちんと取れて、よかったです。
それぞれ、練習しているのでピッチの違いにも慣れてはいたのですが
ふとしたときに、正しい音が思い浮かべられないのです。。
あれ?いまはどっちだっけ?という状態に。

カンタータ172番の合唱曲は、まさに
「歌よ、響け!」ってな感じで
楽しく歌って演奏会を締めくくれて、よかったです♪

f0232910_12445024.jpg

これは、プログラムの前半に演奏されたパッヘルベルのカンタータのリハ風景。
うっとり聴き惚れ。
しみじみした綺麗な曲でした〜。

ところで。
BCJのウェブサイトが新しくなったのですよ!
それから、会場で販売されるプログラムのデザインも一新され。
新しいプログラムのデザインは、はぜひ今後、会場でご確認ください。


バッハの教会カンタータを取り上げる定期演奏会は
新しいサイクルに入り
今回が、その幕開けだったわけです。

2周目。
第2章?

ともかく、
毎回の音楽経験が、私にはとても刺激的で、幸せな時間です。

このあと、私は冬まで参加しないのですが(予定が合わず。。。)
7月にはかっこいい世俗カンタータ
9月にはパロディの宝庫である小ミサ曲
そして12月にはモーツァルトのレクイエムを演奏しますよ!
レクイエムは2006年のモーツァルトイヤー以来でしょうか。
これは私も参加します。
楽しみ♪

どうぞこれからも、お時間ありましたらぜひ足をお運びくださいね。


さ。

来週からは・・・



とうとう・・・


ヘ・ン・グ・レ☆


お稽古はじまりまーす!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-06-01 12:24 | 演奏会記 | Comments(0)