<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ありがとう2012
記録も兼ねて。
(あとでリンク等補足するかも)

あと少しで、今年も終わりますね。
今年一年、私と関わってくださったすべての方に
感謝。


以下は2012年に歌った作品(出演させていただいた演奏会)です。

1月
Bach:h-moll
(慶應義塾大学コレギウム・ムジクム演奏会)
Korngold:Op.9
(東京音楽大学大学院伴奏科修了演奏会)
Xenakis:Nuits
門脇 治/Thee Xt as i.e. 〜ジョン・ダン「THE EXTASIE」による
坪能克裕/声の伝説〜ヴォーカルアンサンブルのために〜
Lachenmann:Consolations II
(日本現代音楽協会コンサート)

2月
Bach:BWV70,115,41(+30の合唱曲)
(ターフェルムジーク鎌倉)

3月
Mozart:Requiem
(さくらの街熊谷ガラコンサート)
Bach:BWV21,106
鈴木優人:深き淵より
(BCJ東日本大震災チャリティコンサート)

4月
Bach:Matthäus passion
(BCJ)

5月
中田喜直:ゆく春、すみれの季節
(水芭蕉コンサート)
Mozart:Missa Brevis K.194
(東洋英和メサイアを歌う会Early Summer Concert)

6月
Verdi:Requiem
(志木第九の会演奏会)
Mozart:Missa solemnis K.337
Vespere K.339
(YMCAオラトリオ・ソサエティ演奏会)

7月
Bach:Matthäus passion
(東京バロック・スコラーズ演奏会)
Bach:BWV147
(ターフェルムジーク鎌倉アンコール演奏会)
Schein:Cantional
(米沢陽子オルガンチャリティコンサート)
Brahms:Gestillte Sehnsucht Op.91-1
    Liebeslieder Op.52
(「夏に聴くドイツ・ロマンの風」コンサート)

8月
甲田 潤:「Cis Sinot Ca 涙の歌」
塚本 一美:李賀の詩による三つの歌
(アプサラス第3回演奏会)

9月
いつか披露すべき曲のストックがたくさんできました(笑)

10月
Mendelssohn:Pauls
(BCJ)
Mahler:Symphony no.2
(足利交響楽団創立60周年記念演奏会)

11月
Handel:Partenope
(日本ヘンデル協会)
Bach:h-moll
(ターフェルムジーク鎌倉)

12月
Handel:Messiah
(東京神学大学メサイア音楽礼拝、BCJ)


関係各位、共演の皆様、大変お世話になりました。
聴いてくださったお客様、本当にありがとうございました。
羅列した演奏会の中では
・1月の初ロ短調ソロ
・7月の初マタイソロ
・10月のマーラー「復活」
・11月のパルテノペ
・12月の初メサイアソロ
などが、特に印象に残った演奏会でした。
嬉しかったこと、悔しかったこと
どちらも忘れないようにしたいです。


プライベートでは

・実家の祖父が亡くなった
・引っ越しをした

この二つが大きな出来事でした。

今年もなんとか、こうして歌う場をいただき、
多くの方々とのつながりの中で、
お仕事だったりプライベートだったり、
充実した時間を過ごすことができ、本当に幸せでした。
私と関わってくださるすべての方々のおかげです。
また、一年を通し概ね健康で(今まだ風邪が抜けきりませんが)、
家族を亡くす、という大きな出来事はありましたが、
そのほかの家族はみな元気だったことはありがたく
おだやかに過ごせた一年だったと思います。

来年も、ひとつひとつの本番をもっと大切に
健康に留意し、こつこつ勉強していきたいと思います。

今年も「ちはるのうたごよみ」をご覧いただきまして
ありがとうございました♪
どうぞ皆様、良い年をお迎えください!
来る年も、どうぞよろしくお願いいたします。
by takahashi_chiharu | 2012-12-31 15:15 | 日々のこと | Comments(0)
年の瀬
不覚にも、とうとう
うっすらと風邪をひいています。。。
「アナタの風邪は、どこから?」と聞かれれば
「わたしは、咳から!」という感じ。
のどがいがいが、かゆかゆ。
せっかくの年末、もう少しで仕事納めなのにー!
はやくすっきりしたい。

そんな日常を、普段とは違う文体でしたためると
こんな風になります。


今日もスーパーにてごぼうだの里芋だのおそばだの栗の甘露煮だのお菓子のファミリーパックだのの「年末年始はこれでしょ」的な強力プッシュにも負けず、今夜の夕ごはんのことのみを念頭に置いて粛々と買い物をす。年末年始、なんて浮かれた気分になるのはまだ早いのである。それは個人的には歌う用事の済む12/28以降の話である。
第一、家の中の乱雑さが全くもって「浮かれた気分」に見合っていない。あの高揚感は曲がりなりにも大掃除的なものに取り組んだ人間のみが享受すべきものと思うが、つい一昨日までクリスマスを仕事で体現していた私はその導入部分にすら到達しておらず、「年末」という特殊な期間にある世間へと社会復帰すべく、必死のリハビリを試みているような心持ちなのである。
そんな私もこのところの厳しい寒さは身に沁みているので、今夜はおでん的なものをメインにする。というわけでいまの私にとっての大根とはなますの材料としてではなくおでんのメインの具として煮込まれるためにこそ存在しているのである。



以上、いきなりエッセイ「クリスマスから年末へのリハビリ」でしたww

上記のように、今夜はおでん的なもので暖をとりました。
なぜ、おでん「的」なのか?それは
なんとなくお肉も食べたかった私が、鳥手羽元も一緒に煮込んだからですw

明日が冷え込みのピークだとか。
皆様、あたたかくしてお過ごしくださいね。
by takahashi_chiharu | 2012-12-26 23:08 | 日々のこと | Comments(2)
メリークリスマス!
f0232910_19422449.jpg

BCJメサイア3連戦フィニッシュ!!

今年の本番はこれで終わり。
今年もこうして歌う場を与えていただけたこと
聴いて下さる方がいたこと
関わって下さったすべての方々に心から感謝です。
ありがとうございました。


今夜の演奏会のアンコールピースがYoutubeにアップされました☆

Christmas Carol Medley by BACH COLLEGIUM JAPAN

BCJメサイア公演では毎年
オリジナルアレンジのクリスマスキャロルをアンコールに演奏しています。
ここ10年ほど?続けているアンコールですが、
アレンジはすべて鈴木優人さんによるものです。
皆様、BCJのメサイアにおでかけの際には、
お帰りの時間に、充分に余裕を見ていただくことをおすすめします~♪

メリークリスマス☆
by takahashi_chiharu | 2012-12-24 19:41 | 演奏会記 | Comments(4)
BCJメサイア2012リハーサル開始。
少し更新の間が空いてしまいましたが、
昨日から、バッハ・コレギウム・ジャパンのメサイアのリハが始まっています。

毎年歌っている「メサイア」ですが
ヘンデルは、「メサイア」を書き上げ、ダブリンというところで初演した後
作品に手を入れて、ソリストの担当曲を変えたり、少しずつ編成を変えたりして
ダブリンの翌年にロンドンで演奏しました。

これが今年演奏する「ロンドン初演版」です。

大筋は毎年の流れと変わらないのですが、
たとえば、アルトが歌うことの多いアリアをバスが歌ったりします。
そんな「違い」を聴くのも楽しいかと。

12月は8割がたメサイアを歌ってるなぁ。
季節に即していて大変結構なことですが。
そして何度歌っても楽しい☆

12/23の所沢公演のチケットはまだお取扱いあるようです。
私にご連絡いただけましたら、関係者割引価格にてご案内できます♪
(ちなみに12/24サントリーホール公演は完売いたしました。)

所沢、いいホールですよ。
よろしければ、ぜひ!
by takahashi_chiharu | 2012-12-20 12:27 | リハーサル日記 | Comments(0)
東京神学大学 メサイア音楽礼拝2012 終了
東京神学大学のメサイア音楽礼拝、
終了しました!

緊張したけど…
とても楽しかったです♪
全曲演奏ではなく抜粋だったため
(「礼拝」ですので演奏の間にお話もあったりするし)
私のソロの出番は2部の頭の「He was dispised」で終わりなので
その後は、コーラス部の皆様の心のこもった合唱に混ぜていただき
合唱もモリモリ歌ってこれまた楽しく。

バスのアリア「the trumpet shall sound」を聴き、
最後のアーメンコーラスを歌うと

ああ、今年も終わるなぁ・・・

と。
しみじみ。

演奏の間のお話は、6月のモーツァルトの演奏会でお世話になった
渡辺善忠先生がご担当。
メサイアの初演時のお話などをしてくださり
より一層、メサイアに対する興味と理解が深まって楽しく、
とてもよいお話でした。

ご一緒したソリストさんたちもとっても素晴らしく。
オルガニストさんにも素敵に支えていただき。

やっぱり素晴らしい作品ですね。メサイア。


メサイアのソロ。
ずっと、「いつか歌いたい」と思っていたので
ソリストをさせていただけて、とっても嬉しかったです。

でももっと上手になりたい。
今日は今日なりに、今できることをできた、と思うけど
もっと輝かしく、もっと温かくやさしく歌えるようになりたい。

また歌えますように!!

今日、コーラス部の皆様からいただいたカード♪
f0232910_813659.jpg

こういうお心遣い、うれしいですね。

東神大の皆様、ご一緒してくださった皆様、おいでくださいました皆様
本当にありがとうございました!



今日思ったこと。
このブログを見てくださっている方が結構いらっしゃる、ということ。
「ブログ見ました」というお声をちらほら伺いました。
ありがとうございます!
書いた甲斐があるというものです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
by takahashi_chiharu | 2012-12-10 23:37 | 演奏会記 | Comments(0)
温故知新
NHKで、「十八世中村勘三郎の至芸」と題して
「髪結新三」と「鏡獅子」を放送していました。

勘九郎さんの涙の口上、
お父様とお声がそっくりで、何度見ても泣いてしまった。
そちらの世界をまったく覗いたことのない私でも
こんなに悲しく思う
それほど大きな方だったのだと思いますが。

不謹慎なようですが
こういうことでもないと歌舞伎がゴールデンタイムに放送されないのも
さみしいことだと思いつつ、
不勉強な私は、ひとつの演目をちゃんと全部見たのも初めてで。

昔はテレビで見かけても「聞き取れない、話がわからない」と思うばかりだったけど
音声がすばらしく映像もとてもきれいで
あらすじを知りたいと思えばすぐネットで調べられます。
いい時代になったものです。

それと、少しは私も大人になったのかしら。
台詞が入ってきたり、表情に目がとまるようになるのって。

長台詞は調子よく、見栄も決まって、新三さんのちょい悪ぶりがなんと粋なこと。
仁左衛門さんの源七さんも渋くてかっこよかった!


それでふと思ったのだけど、
「パルテノペ」をやっているとき、
長いレチの中に「決めどころ」があるんだよ、と教えていただいたのだけど
抑揚のつけ方、決めどころをつくるということ、通じるものがある気がする。
同様に、バロック・オペラでも
レチの最後のカデンツの部分やアリアの中でポーズを決めるのって
歌舞伎の見栄を切るのに通じるものがあると思う。

「鏡獅子」もかっこよかったー!
前半の、娘としての可憐な踊りと、
クライマックスの、ぐわーっと迫られるあの感じ。
派手だからということではなく
目が離せない、ひきつけられるあの感じ
歌でも目指したいものです。


歌舞伎に限らず、古典芸能というのは
取り上げる作品は昔から変わらないのに
その時々で、新しい発見がある、いろんなことを感じられる。
演ずる人、演奏する人によって違う色、それぞれの光が出る。
その「温故知新」の愉しさ、道の深さは
クラシック音楽も全く同じ。


台詞の掛け合い、間、表情、所作・・・
いろんなジャンルの表現を、なんでも見てみたくなる。


どんな世界でも、いいものはいい、ということなんでしょうね。

・・・テレビもいいけど
うーん、やっぱり、ライブで見たい!!
来年の目標、だなー。
by takahashi_chiharu | 2012-12-09 23:52 | 行った聴いた見た読んだ | Comments(0)
「教会で聴くクリスマスオラトリオ」リハーサル♪  
ヴォイストレーナーとして伺っている東京バロック・スコラーズ
「教会で聴くクリスマス・オラトリオ」のリハーサルがありました。
私は発声練習をみて、そのあとはリハーサルの様子を見学。
f0232910_22325025.jpg


バッハの「クリスマス・オラトリオ」は
6日分のカンタータがまとめられている、大きな作品。
「作品群」といってもよいと思います。
そのなかから抜粋でいいとこどりして、
所々にお話を挟み、ソリストも団内から出て歌います。
一日2回公演、入場無料!なのですが、
残念ながら整理券はすべて出てしまったようです。

クリスマスのワクワクと、
生まれたばかりのイエスをめぐる人々のお話、
「私たちを救うために生まれ、受難にあったキリストの姿」も。

「作品群」を彩る、楽しい合唱曲の数々。
何度聴いてもワクワクします。
もう3年目?になるのかな、この演奏会。
メンバーの皆様は「クリスマス・オラトリオ」の世界にずいぶん慣れ
生き生き、のびのびと歌っていらっしゃったのが印象的でした。

「教会で聴くクリスマス・オラトリオ」の本番は来週土曜日。
私はヴォイストレーナーとして直前リハに伺い、
本番は客席から聴かせていただきます。
メンバーの皆様、Toi Toi Toi!!


街中を見ても、音楽仲間から聞こえてくる演奏会のお話も
クリスマス!年末!そんな感じにあふれていて。
この、浮き足立つ感じ。師走だなぁー。

そしてまたいただいた折り紙シリーズ。サンタさん☆
f0232910_22325163.jpg

by takahashi_chiharu | 2012-12-08 22:31 | お仕事のこと | Comments(2)
久しぶりのレッスン。
12月に入り、
お店のBGMなどでもクリスマスキャロルが流れる季節になりましたね。
某女声合唱団の活動をしていた時には、毎年歌ってたのになー。
歌いたいなー。

というわけで、ブログもクリスマス仕様にしています(PC版のみ)♪

クラシック音楽作品でクリスマスにふさわしいものとして、一番有名なのが
「メサイア」ではないでしょうか。
(バッハの「クリスマスオラトリオ」もクリスマスどんぴしゃ!な作品ですが
日本で演奏される頻度を考えるとね・・・TBSでは毎年演奏してますが!)
「メサイア」を通して聴いたことはなくても
「ハレルヤコーラス」は皆さんご存知ですものね。

そんな「メサイア」を演奏する演奏会。
来週月曜日に、東京神学大学
「メサイア音楽礼拝」に参加させていただきます。


「メサイア」といえば。
芸大では、毎年12月にメサイアの演奏会を行います。
学部3年生までは合唱で参加し、
(私が学部生だった頃は)4年生になるとソリストオーディションに参加できました。
おそらく「第九」と並んで、芸大生には憧れのソロ。
ご多分に漏れず、私もオーディション受けました!が
見事に惨敗。
まず、低い音が鳴らせない。息ががもたない。
さらにメリスマころがらない、しんどい・・・
・・・あぁ私には歌う資格がないんだわと
さびしく思ったものでした。

あれからずいぶん時間がたち。
今回、お話いただいて、ソロを歌えることになり
嬉しさもあり、それ以上にプレッシャーもあり。
しっかり練習しよう!レッスンも見ていただこう!と
先生にご連絡したのでした。


はたして。
あの、かつては苦戦していたアリアたちを、
先生が「落ち着いて聴ける」と仰ってくださるまでに歌えるようになりました。
嬉しいなぁ。
時間をかけてみるものです。

やはりレッスンに伺ってよかった。
先生が楽しそうに聴いてくださってよかった。

せっかく伺ったのだから、と
今後考えている演奏会のことなど、いろんなお話もさせていただき。
ちゃっかりと次への課題もたくさんいただき、夢が膨らみました。
「次はどうするのかな、何を歌うのかな、いつやるのかな…と思っていたのよ」
と仰ってくださり。
うわぁーん、私の「つぎのうた」を勉強するのを楽しみに待っていてくださった
先生がそう思っていてくださっただけで、泣きそうに嬉しいです。
がんばろう!!


「メサイア」を勉強して、
「うたごよみ」的にもクリスマスを実感する今日この頃です。
月曜日の夜、お時間ありましたらぜひお出かけくださいね。
by takahashi_chiharu | 2012-12-05 22:57 | リハーサル日記 | Comments(2)
  

メゾソプラノ・高橋ちはるの活動をつづっていきます。(Photo:篠原栄治) *ブログ内の写真・文章の無断複写・転用はご遠慮下さい。リンク大歓迎ですが、ひと言ご連絡いただけますと助かりますm(_ _)m
by ちはる
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
♪演奏会のご案内♪
お問い合わせは
takahashi_chiharuあっとexcite.co.jp
(あっとは@と変換して下さい)
までどうぞ!お会いできるのを楽しみにしています♪
レッスンのお問い合わせも
上記アドレスまでお気軽に♪

★コンサート情報★

4月13-16日
【バッハ・コレギウム・ジャパン受難節コンサート2017
「マタイ受難曲」ツアー】
4/13 18:30開演
愛知県芸術劇場コンサートホール
4/14 18:30開演
東京オペラシティコンサートホール
4/15 16:00開演
彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール
4/16 15:00開演
長野県・松本ハーモニーホール

4月23日(日)
【横浜交響楽団第678回定期演奏会「青少年のための音楽会」】
14時開演/神奈川県立音楽堂
ドヴォルザーク:スターバト・マーテルのソリストを務めます。

4月29日(土・祝)
【胸躍るロマン派の音楽】
13:30開演/まちスポ稲毛
BCJ等でご一緒しているソプラノ藤崎美苗さんとソロ&2重唱でロマン派リートの数々を御楽しみいただきます。

5月14日(日)
【志木第九の会第18回定期演奏会】
14時開演
和光市文化センター・サンアゼリア大ホール
ハイドン:四季 
ヴォイストレーナーとしてご指導に関わっている志木第九の会
合唱で参加します。

5月20日・21日
【バッハ・コレギウム・ジャパン J・S・バッハ教会カンタータシリーズvol.72】
5/20 15時開演/東京オペラシティ・コンサートホール
5/21 15時開演/神戸松蔭女子学院大学チャペル

5月27日(土)
コロスタシアAnnex 教会コンサートシリーズvol.3 「花のうた」】
14時開演/日本基督教団 代官山教会
ソロと女声アンサンブルで綴る花の時間。
当グループ・レジデンスコンポーザー久保田翠さんによる新作初演も。

6月2日・3日
【新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会】
ハイドン:天地創造 合唱団コーロ・リベロ・クラシコ・アウメンタートのメンバーとして参加します。
6/2(金)19時開演 すみだトリフォニーホール
6/3(土)14時開演 すみだトリフォニーホール

7月15日・17日
【バッハ・コレギウム・ジャパン J・S・バッハ世俗カンタータシリーズvol.9(シリーズ完結)】
7/15 15時開演/神戸松蔭女子学院大学チャペル
7/17 15時開演/東京オペラシティ・コンサートホール

8月8日(火)
アンサンブル・ヴァガボンズ第1回公演】
コントラバス奏者・西澤誠治さんの、読響卒業記念公演。
マーラー:「大地の歌」(室内楽版)のソリストを務めます。
19時開演/渋谷区総合文化センター大和田 さくらホール


☆リンク集☆
―ブログ―
私の叔父、落語家なんです。
八代目春風亭柳橋HP

藝大での門下の素敵な先輩、
北村さおりさんのブログ。
小さき花の詩

藝大同期のソプラノ・栗原未和さん。
ムジカクリハラのオフタイム

ウィーンで同じ先生の下で共に学んだソプラノ・篠﨑加奈子さん。演奏に指導に活躍中!
加奈子のたららん うたレシピ♪

加奈子ちゃんのお姉様であり、音楽教室を主宰なさっている篠﨑左和子さん。
ひだりわこの音楽日記

チラシ制作にご協力いただきました足利市「マツモト写真」さん。若女将の日々感じていらっしゃること。
若女将の修行日記

オランダを拠点に活躍するフルート・トラヴェルソ奏者・築城玲子さんのHP♪お写真がとても素敵。
Reiko Tsuiki

―演奏団体―
2017-18シーズンも出演させていただきます。
「未来へ紡ぐ、バッハの響き」をどうぞご一緒に。
定期会員募集中!
バッハ・コレギウム・ジャパン

次回公演を乞うご期待!
アンサンブル・ミリム

NEW!!
女声6人による新ユニット「コロスタシアAnnex」のHPができましたー!!!今後の展開をどうぞお見逃しなく!
コロスタシアAnnex

次回演奏会に向け、ハイドン「四季」に取り組んでいます♪
志木第九の会

次回演奏会は2017年5月、ヘンデル「メサイア」です。
東京バロックスコラーズ

数多くのカンタータを演奏、たくさん勉強させていただきました。
ターフェルムジーク鎌倉

熊谷女子高校出身者による演奏団体です。
つぼみの会
お気に入りブログ
最新のコメント
> M生さん ありがと..
by takahashi_chiharu at 07:43
前回の桜の写真といい、構..
by M生 at 08:19
ありがとうございます!!..
by takahashi_chiharu at 11:29
アンケートをお渡しするの..
by M生 at 10:09
いつもコメントありがとう..
by takahashi_chiharu at 16:25
こんにちは。 いつもご..
by desire_san at 13:29
>S生さま ありがとうご..
by takahashi_chiharu at 08:44
リヨンでの演奏会は大受け..
by S生 at 17:30
こんばんは。 九段教会..
by desire_san at 23:10
>M生さま お出かけい..
by takahashi_chiharu at 23:42
最新の記事
横浜交響楽団 ドヴォルザーク..
at 2017-04-23 22:09
BCJマタイツアー2017、..
at 2017-04-16 22:31
昨日。
at 2017-04-10 08:09
さくっとお花見
at 2017-04-08 09:33
ヨコハマタイ終演♪
at 2017-03-26 08:43
検索
ブログジャンル
音楽
日々の出来事