終わりましたー。
大勢のお客様にご来場いただき、ありがとうございました!!

今回は140番、29番と「名曲アルバム」的な演奏会で、
やはりうれしく楽しく歌わせていただきました。

こうしてひとつのプロジェクトとして、
オケも合唱も、ひとつのグループとして過ごしていると
オケの方々ともお話する機会があって、うれしいですね。
また、合唱メンバーも、皆さんそれぞれ頑張っている方々なので
いろいろ話をしたり一緒に歌ったりすると刺激を受けますし
私も頑張らなきゃー!と
お仕事しに行ったわけだけど、逆にエネルギーを補給してきたような
そんな気持ちで帰ってきました。

BCJでは今年度の全ての演奏会で
東北への義援金を募っています。
それで、今回も終演後のロビーで
ソリストたちやメンバーが募金箱をもって
お客様のお帰りをお見送りしていたわけですが
(定期会員の方々や、演奏会に何度も足をお運びの皆様、
おいでの度のご寄付、本当にありがとうございます。)
合唱メンバーとお見送りをしていた私の元に
すすすすー、と近づいてくるうら若き男子たち・・・
来年1月に「ロ短調ミサ曲」でご一緒させていただく
慶応義塾大学コレギウム・ムジクムのメンバーの方々でした!
今日演奏したカンタータ29番の中に、
「ロ短調ミサ曲」でも使用されている曲、の
音楽はほとんど同じで歌詞だけ「替え歌」のようになっている合唱曲
(「パロディ」といいます)があったので
ぜひとも聴かねば!!と来てくださったんだとか。
なんと勉強熱心なんだ!君たちは!
「どうだった?」と聞くと
「いやーもう素晴らしすぎて恐れ多く・・・」って。
・・・今日、聴きに来てくれたのは
ヴァイオリンのトップ(コンマス)さんとチェロ弾きさんお二人でしたから
BCJでそのパートを担っている方々といえば・・・
それこそすんばらしい方々ですから。
そりゃあ、恐れ多かっただろうなぁ。。
「(7月に伺った)その後、練習は進んでますか?」と聴くと
台風の日にも、電車が止まって帰れないので
むしろ復旧するまで練習しよう!と、学校で練習したんだって。
本当にえらーい!その姿勢、素晴らしい!
そんな若者たちと共演できるなんて、
おねえさん(苦情は受け付けません!)はうれしいです☆
11月にはまた合わせに伺うので
私も、しっかりアリアの練習をしておかねば・・・
そしてちゃっかりリサイタルのチラシを渡して
宣伝しました。あは。

というわけで、
VoxhumanaとBCJ、ふたつのプロジェクトが終わってみれば
9月もあと1週間足らず。
空気も気持ちもしゃっきりするこの季節を味わいつつ
また、次のことに取り掛かっていくとしましょう。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2011-09-25 23:31 | 演奏会記 | Comments(0)

帰京

神戸での録音と演奏会を終えて、
東京へ帰る新幹線のなかでこれを書いています。

台風が過ぎ去ったあとの神戸は、すっきりとした日差しと、爽やかな風が吹いていて。
「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、
本当に、お彼岸が来るのと同時に秋がやって来た感じ。

滞在中、今回も「にしむら珈琲店」へ行き。
今回は三宮店でモーニングをいただきました☆
f0232910_20483854.jpg

トーストしたバゲットサンドと、コーヒーとフルーツパンチのセットなのですが
店員さんが、白いナプキンの変わりにもってきてくれるタオル地の「ひざかけ」もうれしく。
f0232910_20483855.jpg


おいしくいただきました。

空き時間は三宮近辺をぶらぶらしたり
(ウィンドーショッピングで満足しちゃうタイプです)
お土産も買ったり、
ソプラノのメンバーと「女子会」をしたり、
お部屋でリサイタルのための対訳や解説書きをしてみたり。
なかなか良い時間を過ごすことができました。

昨日の夜で録音が終了したので、
H也さんのおいしいまかない(サラダ、鯛のトマトソースパスタと、
松茸!とじゅんさいのペペロンチーノ)と共に
雅明先生からのおごり!のワインで乾杯を。
…と、この様子も写真に撮ろうか…と思うより早く、
あっ!という間に食べ物も飲み物もみんなの胃袋のなかへと消えていきました…
ほんとうに、音楽家という生き物には美味しいもの好きが多いのです
(もちろん自分も含む)。

そして迎えた神戸松蔭女子大チャペルでの演奏会。
f0232910_20483871.jpg

今日は空がきれいでした〜。
カンタータの演奏の前に、大オルガンでの演奏があり。
オルガンの音が満ちるチャペルのなかに、
ステンドグラスで七色に染められた光りが射して。
はぁー幸せなひとときでした。

今回は、演奏家はチャペル入口に陣取り、
お客様は聖壇に背を向け大オルガンに向かって座って…という配置だったのですが、
私たちが歌った場所の、背後50cmくらいのところにもお客様の席が設けられていて
(サントリーホールのP席みたいな…でももっとずっとずっと近い)、
演奏中、私たち合唱メンバーはずっとお尻を向けていることになりましたが
演奏が終わったあと、たくさんの拍手をいただけてうれしかったです。
あ、でもP席的なお客様方には、
演奏中の指揮者の表情を間近でご堪能いただけたのでは(笑)
チャペルならではの親近感もあったことでしょう。

神戸でのカンタータの演奏会もあと3回!で終わり。
私があと何回参加させていただけるかわかりませんが、
お近くの方は一度、足を御運びいただければと思います♪


さぁ、もうすぐ東京に着きまーす。
明日はオペラシティでの演奏会が
15時からあります。
…演奏会終わってからずっと、140番のコラールのメロディーが
頭の中で繰り返しながれていますが
明日の演奏会が終わるまで、止みそうにありません(笑)
それくらい、ステキなメロディーだということ。

連休最終日、
もしお時間ありましたら、ぜひお出かけくださいね♪
[PR]
by takahashi_chiharu | 2011-09-24 20:48 | 旅日記2011 | Comments(0)

本日のまかない→録音。

夕方から録音に参加…の前に、
午後からお仕事しているオケの皆様に混じり、まかないを頂戴。
f0232910_21402535.jpg

まだ一声も仕事してないけど…(笑)
H也さんによる本日のまかないは
白身のお魚の切り身によるお丼。
卵とおだしで和えられて、お葱と胡麻がたっぷりと。
こういうの何て言うんですかね?漁師風?
あと、かぼちゃとしめじのお味噌汁。
どちらもおうちで真似したくなるくらい美味しかったです♪
ご馳走様でした!

そして録音スタート。
f0232910_21402547.jpg

実際には昨日から作業はスタートしていて、合唱組は今日から参加。
カンタータ112番の1曲目とコラールを録りました。

こうして毎日、何度も同じ箇所を繰り返し演奏して録音をしていくうちに
いろんなことがどんどん明確になるというか。
でもやっぱり、本番にはその時だけの輝きがある気もするし。
今回は、神戸も東京も、録音の後に演奏会があるので
がっつり隅々まで歌った後での演奏会、
きっと良いものになると思います!

日曜日、お時間ありましたらぜひオペラシティへおでかけください。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2011-09-21 21:40 | 旅日記2011 | Comments(0)

急遽

いま、新幹線E435.gifの中でこれを書いています。
もうすぐ京都。

台風が近づいてますね。
明日は本州を北上してくるんだとか。

明日の午後、新幹線で神戸入りする予定でしたが
万が一、台風の影響で新幹線が止まってしまわないとも限らないので
動ける人は今夜中に神戸入りしてください、
という指示が出たのでした。

そこから慌てて夕ごはんを作り
(買い込んだ食材がもったいないしE404.gif
激務の中留守居役もお願いしている主人のためにも)、
自分も食べ、
荷造りをし、新幹線に飛び乗ったE330.gifというわけ。

…忘れ物がないことを祈ります…E331.gif


録音のスケジュールは、実はかなりタイトに組まれているので
人が揃わなくて録音できない!などとなると
大変なんだと思います。
録音のディレクターさんやスタッフさんは、
このお仕事のためにドイツからいらしているし。

無事にメンバーが揃って、つつがなく録音が進められますように。

そしてなにより、台風の被害がなるべくなるべく出ませんように…!!

皆様も、どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2011-09-20 22:38 | 旅日記2011 | Comments(4)

BCJ定期リハ進行中。

BCJの9月の定期演奏会にも参加させていただいております。
世の中は3連休だそうで。。。

今回のプログラムでは、有名なカンタータ第140番
《目覚めよ、と呼ばわる声あり》が演奏されます。
・・・知らないなぁ、とおっしゃる方も、携帯会社のS社の
お父さんがドッヂボールしてるCMなんかで、
第1曲目の合唱曲がBGMとして流れてましたね。
テノールによる美しいコラールも聴きどころ。

この140番を、私はターフェルムジーク鎌倉でも演奏しましたが
やはり、演奏してみるとそれぞれ違った印象をうけるものですねー。
これは演奏技術がどうとかではなく。
例えば、CMで使われてた合唱曲は、ターフェルで演奏したときは
神秘のヴェールにやわらかく包まれた夜の中に、
「起きなさい・・・」と声が優しくこだまする・・・
と、そんな雰囲気でしたが、BCJでは
これから来る人、新しい世界への希望に溢れて
おめめをぱっちり、キラキラさせて待っている乙女たち・・・
みたいな印象。
どちらも、とっても魅力的な情景です。

また、今回のアルトのソリストは、BCJではおなじみのロビン・ブレイズさん。
ユーモアに溢れ、お茶目で温かいお人柄が
歌にもいつも満ちています。
「マタイ」や「メサイア」では何度もご一緒していますが
カンタータの合唱曲をお隣で歌わせていただくのはめったにないこと
(海外ツアーではそういうときがあったかな・・・?)です。
6月の定期、7月の世俗カンタータでは
ダミアン・ギヨンさんとご一緒でしたが
いつもクールで、とっても安心して声を合わせられるダミアンに対し
とっても生き生きとした歌いぶりに音楽への愛情が溢れていて
一緒に歌うと、エネルギーをたくさんもらえるロビン。
どちらも大好きなソリストさんです♪

それで思ったこと。
「音楽する」って、聴いてくださる方に対して表現を届けるだけでなく
演奏者同士のエネルギーの交歓の場でもあるんだよなぁ、と。
当たり前のことではありますが、とても大事なこと。
互いの、音楽に対する姿勢や心を、気持ちよく与え合って
目指す方向を共通認識して、共に進んでいく。
そのプロセスをまるごと楽しめるって、なんて幸せなことなんだろうと。

私も、音楽するのが好き!というエネルギーを
聴いてくださる方へ向けて放出するだけでなく
ご一緒に音楽してくださる方々とも、気持ちよく交し合える
そういう演奏者でありたいです。

東京でのリハーサルは今日で終わり、
連休明けからは神戸へ移動して録音作業を開始します。
合唱組は水曜日に移動です。
今回の定期演奏会は3連休(今月は連休が2回も!)の土曜日と日曜日、
しかもお昼間。
今からでも、オペラシティへお出かけになりませんか?
私にご連絡いただければ、少しだけお安くできます☆
カンタータの名曲をお届けします!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2011-09-18 22:50 | リハーサル日記 | Comments(0)

リサイタルに向けて、
各方面にご案内中です。
早くもチケットをお求め頂いているかたも・・・!!
本当に、ありがとうございます。
引き続き、受け付けておりますよー。
きっと、本番の前日まで・・・!!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、
今回の演奏会、
母校である東京芸術大学の同窓会組織「同声会」に
後援いただいております。
そこで、同声会のHPに、演奏会情報を載せていただいております☆
イベント情報のページに掲載されております。

また、「仙台・杜の響き コンサート」というHPで
仙台公演についてご紹介いただいております!
仙台・コンサート情報掲示板のページです。

お客様が、たくさんいらしてくださると、いいなぁ。
どんな出会いがあるかしら。
いまからとても楽しみです!

ピアノのさとこちゃんとは、合わせを重ねています。
先日は、シューマンとシューベルト、リート部門を合わせ。
いや~、やっぱりシューマンとか、楽しい♪♪
心の赴くままに、ぐぐっと気持ちを込められて。
感情の濃縮還元100%ジュースやぁ~(彦麻呂風)。
・・・でもね、あまりやりすぎると、こねくりまわしすぎると
違うんだなぁということも、何度も歌っているとわかってきます。
独りよがりにならないで、お客様と共有できるよう。
大げさな身振り手振りではない、誠実な表現ができるよう
まだまだ、二人で作っていきたいです。

いい曲集めましたので☆ぜひお聴きいただきたいです♪
[PR]
by takahashi_chiharu | 2011-09-15 21:10 | リサイタルへの道2011 | Comments(0)

ご案内状切手シリーズ☆

この週末のことは、他にも書くことがいろいろあるのですが、
最近、時間がなくて…

で、今日もVox humanaの本番にむかっているのですが、
その前に、リサイタルのご案内状を投函してきました☆
そこで恒例の切手シリーズ。
f0232910_1317959.jpg

まずは季節の花シリーズで、
りんどう、なでしこ、コスモス、萩。
f0232910_1317979.jpg

こちらは星座シリーズ☆綺麗でしょ。
こと座、てんびん座、はくちょう座など。これ、シールになってて貼りやすかった♪
あと…10人にひとりのレアモノとして
「ベルサイユのばら」シリーズ!!
f0232910_1317932.jpg

小学生のころやってた再放送にはまりまくり、漫画も持ってます。
さぁ、オスカル切手が貼られたご案内が届くのはどなたでしょう??
オスカルのドレス姿(フェルゼンと踊るバージョン)もありますよー!
f0232910_1317928.jpg

…と、アニヲタ的一面をご披露し。
こつこつ、販促に勤しんでおります。
みなさま、ぜひおでかけくださいね!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2011-09-12 13:17 | リサイタルへの道2011 | Comments(0)

f0232910_22562598.jpg
f0232910_22564022.jpg

画面左側の「演奏会のご案内」には出していましたが・・・

やっと、きちんと、ご案内できます♪

今年も

リサイタル

やります!!!


*************************
<高橋ちはる(Mez)・安藤智子(Pf) リートデュオリサイタル>

★東京公演
11月6日(日) 13:30開場/14:00開演
武蔵野公会堂(JR・京王線「吉祥寺」徒歩2分)

★仙台公演
11月19日(土) 18:30開場/19:00開演
戦災復興記念館 記念ホール(地下鉄「広瀬通」徒歩10分)

♪プログラム♪

R・シューマン:「ミルテの花」より 献呈、ズライカの歌 他
         蝶々(ピアノソロ)

F・シューベルト:楽に寄す、ます 他

中田喜直:ゆく春/「ほしとたんぽぽ」より こだまでしょうか 他

J・シベリウス:夢、そよげ葦 他


**************************

今回、共演してくれるピアニストさんは安藤智子(あんどう・さとこ)ちゃん。
智子ちゃんは、今年2月の中田喜直記念コンクールで、共に戦ってくれた戦友であり
私にシベリウスの歌曲を勉強するきっかけをくれたピアニストさん。
仙台の出身で、東京で伴奏ピアニストの勉強をしている彼女は
ぜひ地元で、伴奏ピアニストとしてコンサートをやりたい、
一緒にやってほしい、と私に言ってくれたのです☆
で、どうせ演奏会やるなら、東京でもやろうよ!ということになり
東京と仙台の2箇所で、同じプログラムでコンサートをすることになりました。

今回は、智子ちゃんのお申し出により実現したコンサートですので
タイトルは、「リートデュオ」のリサイタル、としました。
「リートデュオ」というのは、
歌い手とピアニストでつくる、歌の「デュオ」のこと。
まだまだ未熟な二人ですが・・・
ご指導ご鞭撻、どうぞよろしくお願いします☆
(・・・って、なんか結婚報告みたい笑)

昨年のリサイタルは
「デビューリサイタル」と銘打ったこともあり
今までの勉強の集大成!がっつりご堪能いただきます!
というプログラムでしたが、
今回は、私と智子ちゃんが「いま、歌ってみたい&聴いていただきたい曲」を
セレクトしてみました。
シューマンでは今回は「ミルテの花」からセレクトしてみました☆
今後、「リーダークライス」とか「女の愛と生涯」とか
さらにシューマンを取り上げる機会を持ちたい!という望みも含め・・・
まずは「ミルテ」から・・・♪
シューベルトでは、どうしても「楽に寄す」を歌いたかったのです。
友人のコンサートを聴いた際も、とても心が温かくなったし、
今聴きたい歌いたい曲だなぁと思うので。
他の曲も「ます」などド定番を。
中田喜直の歌曲は、コンクールで歌った「ゆく春」をはじめ
心に沁みる曲を厳選セレクトし、
さらに、震災後に繰り返し流れたCMで知られるようになった
金子みすずの「こだまでしょうか」を含めた、
やさしい気持ちになれる曲を。

そして、コンサートのトリを飾るのは
フィンランドの作曲家・シベリウスの歌曲。
フィンランド人だけど、スウェーデン語の歌曲。
これは、なかなか歌われないのではないでしょうか・・・
しかし、北欧の夏を思わせるような開放感や
短い夏にかける思い、切なさみたいなものが感じられて
とってもステキな曲たちです。
私も、スウェーデン語、頑張ってます!
ぜひぜひお聴きいただけたらうれしいです。

冒頭にあげましたチラシ。
もみじの赤が、ピリリと効いてるでしょ☆
このもみじは、山形県は蔵王にある「どっこ沼」で撮影されたものだそうで。
蔵王・・・と聞いて、この写真にピンときた方もいらっしゃるのでは?
私も何度かご指導に伺っている足利市民合唱団さんは
今年の「メイ・コンサート」で
合唱組曲「蔵王」を歌われたのですが
演奏中、蔵王の美しい四季の風景をスクリーンに映して
お客様を目と耳で楽しませてくださった、というお話を伺っていたので
仙台にゆかりのある人と、東京と仙台で行うコンサートのチラシのために
ぜひぜひ私にも、東北を代表する風景である蔵王の写真を使わせてほしい!
と思ったのです。

この写真をお撮りになったカメラマンさんは
足利にありますマツモト写真の二代目カメラマンこと
松本拓也さんなのです!
二代目の奥様であり、マツモト写真の若女将である松本尚美さんが
足利市民合唱団の団員さんであるご縁から
今回、このお写真を使わせていただくことを快諾していただきました。
二代目、若女将、本当にありがとうございました!!

そして。
今回、震災の被害にあった仙台に伺うということで
ほんの少しですが、お力になれることをしたい、と思い
東京公演のチケット代金の10%を、義援金とさせていただくこととしました。
今回のコンサートは、あくまで、私たちふたりが
おいでいただいた皆様の前で勉強させていただく場であり、
「チャリティコンサート」とするにはまだまだ未熟だ・・・という思いから
このような形をとらせていただきました。
お預かりしました義援金は、日本赤十字社を通して
被災地へお届けします。
義援金の総額等は、コンサート終了後に
このブログにてご報告申し上げます。

仙台でもコンサートをするということで、
仙台へ出かけて、美味しいもの食べて、復興支援☆
というテもありますよ~!!!
すでに、そのようなお申し出もちらほら・・・♪
東京/仙台両公演のチケットは
昨日9/3より販売を始めています!
・・・今回は、完全に私たち二人で
「手売り」していくことにしています・・・

どうか皆様、愛の手を☆
チケットのお求めはメールでどうぞ。
また、私に出会ったときはいつでもお声おかけください。
持ち歩き作戦、すでに開始しています。


・・・というわけで。
ほぼ、あと2ヶ月。
すでに合わせなど始めていますが、楽しい♪♪
こつこつ、ぐいぐい、ふたりで歌をつくっていきたいと思います!
ぜひ、応援にいらしてくださいね。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2011-09-04 22:57 | リサイタルへの道2011 | Comments(0)

Voxhumana 始まってます。

f0232910_13233578.jpg

今日から9月ですね!
…でも、台風のおかげでムシムシ暑いし、
セミも、今シーズンのラストスパート!と言わんばかりに鳴いてますね~。

…あぁ、私の夏が終わっちゃったなぁ。
フォーレのお勉強を、もっと進めるはずだったのになぁ…
でも、ここ数年でいっちばん、精神的にのんびりできたかも。
たーっぷり充電、完了です☆
今日から始まった9月は、走りつづける1ヶ月になりそうです。
がんばるぞ。

…で。
Voxhumanaの練習が始まってます。
9/12(月)の夜に本番です!
ぜひぜひ、遊びにきてくださいね。

写真のモノは
山本和智さんに書き下ろしていただいた新作で使用します。
れっきとした楽器…いや、音響装置とでもいったほうがいいのか。
山本さんの作品では、全員がなんらかの、こういう「飛び道具」的なモノを使用します。
道具の効果が、うまく伝わると良いのですが…


あとは、重要なお知らせとして、

今回は、

アンコールが、

あります!

もちろん新作☆

どうぞお楽しみに☆
[PR]
by takahashi_chiharu | 2011-09-01 13:23 | リハーサル日記 | Comments(4)