<   2010年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧
これこれ♪
今日からゴールデンウィークですね☆
お昼間は、ものすごい風が吹いていましたが
皆様いかがおすごしでしたか?

わたしは、夕方から
我が家から電車で20分ほどのところにある、
とある蔵元の経営するビアレストランに行きました。

いろいろ、地ビールを作っていらっしゃいまして

「季節のビール」というのにWeizen(ヴァイツェン)がありまして

迷わず、1杯目に注文。

f0232910_20555973.jpg


手前のやつです。
Weizenは、別名「白ビール」ともいいます。

・・・う~ん、これだよー☆

わたし、こういう「濁ったビール」がだーいすき♪です。
ビール大国ドイツをはじめ、
私の滞在していたオーストリアにも、この手のビールがたくさんありました。
日本はピルスナータイプ(濁ってなくて、透き通ってるビール)が主流ですが…

おいしいよ~この後味。
ふんわり華やかな香り、このコクと甘み…

そのほかにも黒ビールなども試し、
蔵元で作られた冷酒も味わって

お食事は、基本洋風で
どれも、とても美味しかったです。

こうやって美味しいものをいただくと、
改めて自分の好みについて知ることができますね。

はぁ~幸せ☆
やっぱりWeizenだ。うん。
by takahashi_chiharu | 2010-04-29 21:02 | 日々のこと | Comments(2)
横浜交響楽団 青少年のための音楽会@神奈川県立音楽堂
横浜交響楽団でのドヴォルザーク「レクイエム」、終了いたしました☆

この演奏会、「青少年のための」と銘打っているだけあって
なんと、入場料1000円!
7時開演、9時前には必ず終わります。
すばらしいです、横浜。
客席には、小さいお客様もちらほら見受けられました。
こうして音楽に触れてもらえるのは、いいことですよね。


さて・・・

・・・今回は、さまざまな面から勉強になった本番でした・・・

「レクイエム」のソリストは、
「ソロ」と言っても独立したアリアがあるわけではなく。
合唱がしっかりと音楽を紡いでいく合間に、
キラッ、キラッと光を放つプリズムのように

ちょっと歌って、すぐバトンタッチ。

でも、その短い出番で
しっかり音楽的に、印象的に歌わないといけない・・・

さらに、ソリスト4人でのバランス。
・・・私の声、聞こえてるかな・・・ なんて思っちゃって
ついつい、力んでしまいました・・・

後半。
これじゃもたない、と思って
ひたすら、リラックスを心がけました。
あと、この前から気にしている、
「声を送り出す」ということを思い出して。

ソリスト4人だけで、アカペラでアンサンブルする部分は
上手くいったように思います。
声が絡み合う感覚を味わいつつ、力を合わせてメロディを送り出す。
そんな実感がありました。

しかし、これは私の個人的な感覚なのですが、
ロマン派以降の曲によく見られる、
編成の大きいオーケストラの音に包まれて歌う、ということに
まだまだ、苦手意識が強いのです・・・

変な欲を出さずに、曲を表現することに没頭する。
「やりきる」ということの大切さを、改めて感じた本番でした・・・


いい勉強させていただきました。
横浜交響楽団、横響合唱団の皆様、お世話になりました!
ありがとうございました。

またご一緒させていただけることを願っております!
by takahashi_chiharu | 2010-04-29 00:47 | 演奏会記 | Comments(0)
チケットが手元にやってきた -リサイタルへの道 その6-
リサイタルのチケットが、いよいよ、手元に届きました。

・・・大きな責任、といいますか
プレッシャーを、ひしひしと・・・


今まで私が勉強してきた、大好きな曲たちによるプログラム。
何度か取り上げた曲もありますが
歌うたびに、曲の奥深さを感じると同時に

いい曲だ・・・☆

という思いをかみ締めています。


今回もピアノを弾いてくださる千葉かほる先生。
大学院に入学したときから、ずっとお世話になっています。
どんなときも、どんな曲も
あたたかく、真摯に
「うた」を一緒につくってくださいます。

かほる先生とこのコンサートができること
本当に幸せです。


東京文化会館小ホール。
大好きなホール。
ちょっと変わった予ベル&本ベルも、
銀色の天井も、
扇状に広がる客席も
シンプルな舞台も、

演奏者とお客様とをぐっと近づけてくれる
ここにしかない空間。

大学に入学したときから、
毎日毎日
東京文化会館の前を通って、学校に通っていました。
Vox humanaでの演奏会で、なんどもお世話になりました。
ここで、いくつものすばらしいコンサートを聴きました。

この場所で、初めてのリサイタルをさせていただけること
これも、本当に幸せです。


・・・そして、歌い手である私・・・

ただいま、ことこと煮込み中です。
おいしく味を整えて
皆様にお届けします♪

いろんな味わいの、歌曲たち。
ご一緒に、おいしくいただきませんか。

一人でも多くの皆様と
6月20日、上野でお会いできることを願って・・・


チケットご用命の皆様!

takahashi_chiharu(あっとまーく)excite.co.jpあてに

メッセージくださいませ。
追って、ご連絡差し上げます。

・・・そしてですね、
リサイタルに行ってやるか・・・とお思いの方、
チケットぴあとか、文化会館チケットサービスとか、
まぁどこかでチケット手に入れてみようか、とお思いの
そこのお優しいアナタ、

ぜひ、わたくしめにご一報を!!

・・・はじめて、大きい字を使ってみたよ。。。

私のほうで、チケット手配させていただきます。
丁寧・迅速に、お届けいたします☆

・・・この、ちょっと悲壮な感じ、察してください・・・(笑)

皆様からの、あたたかいお申し出を
心よりお待ち申し上げておりますよ。

どうぞよろしくお願いいたします!
by takahashi_chiharu | 2010-04-27 14:49 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)
チケット発売開始・・・! -リサイタルへの道 その5-
今日は、ほんとうにいいお天気でしたね~☆
お洗濯してからバイトに出かけ、
からっと乾いた洗濯物をたたむしあわせ。
自転車が心地よい日でした。


出来上がったチラシ、
さっそく配布を始めています。
昨日は、ターフェルムジーク鎌倉の演奏会プログラムへチラシを挟み込んでいただいて
ご一緒に演奏したメンバーの皆様にもお配りしました☆

で、
・・・そういえば・・・とネットをチェックすると

チケットぴあ
東京文化会館チケットサービス
でのチケット発売が、始まってました。。。

日本演奏連盟のサイトでは
「4月中旬発売開始」とありますが、
もう、お取り扱いしていただけると・・・思います・・・)

ぶらあぼでも紹介していただいています・・・


あわわ・・・

チケットぴあのサイトで、
「検索」欄に私の名前を入れたら
表示されるページがある

そんな日がくるなんて・・・!!!

なんか・・・改めて緊張してきました・・・
うーっ・・・がんばらなきゃー!!


精一杯努力して、皆様と共に曲を味わう、そんなひとときにしますので
ぜひぜひぜひ、応援にいらしてくださいませー。

チケットのご用命、私あてでも受け付けております。
takahashi_chiharuあっとexcite.co.jp
(あっとは@と読み替えてくださいね)
までどうぞ!!
by takahashi_chiharu | 2010-04-25 22:31 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)
もくきんど
ちょっと予定が立て込んだ日々でした・・・
忘備録的に、木・金・土曜日のことを書いてみます。
抽象的な表現多し、な予感。上手に読んでくださいね。


木曜日。

ピアニストの千葉先生と合わせ。
先日のアルマ・マーラー合わせの続きです。

曲の世界、詩の情景を、
自分が胸いっぱい感じてるだけじゃなくて、
聴いている人に届けてあげるには。

体の中に、1本芯をもつこと。
歌を、声を、思いを「送り出して」あげること。
自分はついていかない。

なかなか、癖が抜けません。。。

語るように歌う。
曲の流れる速度で、歌詞を語るには。

私はいつも「もっとレガートに」と注意されることが多かったのですが
子音の言い方が、曲の流れる速度にあっていないのかもしれません。
子音がただ飛べばいいってわけじゃないってこと。

フレーズの始まり方。

一つの文まるごとの情景にふさわしい始まり方がいろいろあって、
落ち着いて、考えをめぐらせながら、またあるときは息せき切って
次へ向かう飛翔の始まりであったり、収束へ向かう緩やかな坂を下るところであったり

もっともっと、詩と寄り添わなくては。。。


金曜日。

横浜交響楽団さんの
ドヴォルザーク「レクイエム」のオーケストラ合わせ。
・・・初めてソリスト4人でアンサンブルしたので
ハーモニーの中での自分の立ち位置が、まだよくわからない部分あり。
前日にもオケ合わせがあるので、そこできちんと確認しないと。

・・・ご招待券、まだお出しできそうです☆
takahashi_chiharuあっとexcite.co.jp
(あっとは@と読み替えてくださいね)
までご連絡いただければ、ご用意いたしますよ。


土曜日。

ターフェルムジーク鎌倉の演奏会。

カンタータ146番は、オルガンが大活躍する曲。
私が歌わせていただいたアリアも、オルガンが伴奏してくれています。
私の声との組み合わせを考えて
かわいらしい音色にしていただきました♪
「私は天国をめざそう!」って言ってる、ポジティヴな曲だったし。
おかげさまで非常に幸せな気持ちで歌えました。

カンタータ11番では、「ロ短調ミサ曲」の「アニュス・デイ」に非常によく似たアリアを
歌わせていただきました。
アリアの場合、
曲自体は長くても歌詞は同じことの繰り返しであることが多いと思いますが
今日は、同じ歌詞の繰り返しの中に、いろんなニュアンスを盛り込むことに
積極的に取り組めたと思います。

こういうとき、ずっと前に、さるお方に言われた一言を、いつも思い出します。

「いろんなことが気になって、守りに入りがちだけど、
 本番では、『攻め』の演奏したほうがいいよ。」

こういうこと気をつけよう、
音程はずさないように、変な声にならないように・・・みたいなことは
もう、本番では考えないで。

いつも、表現することに「攻め」の姿勢でいよう。

本番では、わりとよい感触であったと思います。
・・・録音聞いて現実に戻るのかもしれないけれど・・・


話が脱線しますが、カンタータ11番のアリアは
「どうぞここに留まって、行かないでください、私の愛する命(であるイエス)よ」
と、切々と訴えるのですが

歌い終わって、自分の席に戻ってきてから
・・・ここにいて、行かないで~って、「追いすがる女」って感じだなぁ・・・
・・・そういうの、私自身はあんまり得意じゃないなぁ。。。
あんまり、女々しくなりすぎず、美しく相手の心に訴えかけたいけど、
私の歌い方は、どうだったかなぁ・・・

などと、ちょっと考えてしまいました(笑)


ターフェルさんの次回の演奏会は9月25日です。
次回もお世話になります☆関係者の皆様、ありがとうございましたー!


打ち上げで、皆様と盛り上がりたい気持ちをぐっとこらえ、
リサイタルの宣伝はちゃっかりさせていただいて
レッスンを受けるため、先生のお宅へ移動。
木曜日に合わせをした、アルマ・マーラーを見ていただきました。

今日も、たくさんのヒントをいただきました。

ひとつの言葉をクローズアップさせたいとき、
その単語のみでどうこうするんじゃなくて、
そこへの向かい方、手前から構築する。

子音と母音の一体感、というか
ここでも、ただ子音を言えばいいってもんじゃない ってこと・・・

そして
まだまだ、音楽を「送りだす」ことができずに、
過保護な母親みたいに、私もくねくね、付いて行っちゃうんだなー。
気持ちは満タンで
「いっといでー」というふうに送り出せるようになりたいなぁ。

まだまだ、工夫のしがいがあります。
やることが、いっぱいあります。

そして何より、リサイタルは「私の」演奏会だということ。
私が、どこまで、どうするか なんだなぁ。


・・・そして、おうちに帰ってきて、
ちょっと頑張ったので、
甘いものをいただきつつ(自分に甘いので、すぐご褒美出しちゃいますっ)
本番のあとでいただいた、可愛いお花を眺めつつ
NHK教育テレビの「坂本龍一のschola」を横目で見つつ
これを書いている訳です(日記が大作になっちゃって、番組終わっちゃった・・・)。

コンビニで買ったモンブラン(写真が下手で真っ白ですが。。。)と、
ウィーン時代からずーっと使ってるマグカップ。
シェーンブルン宮殿グッズ。
f0232910_0225394.jpg


お客様からいただいたお花。ありがとうございます♪
f0232910_028048.jpg



個人的には、4月の山場を越えた気分。
来週のドヴォルザーク本番に向けて、そして引き続きリサイタルのための練習と
また明日から、ぼちぼち頑張っていきましょー。
by takahashi_chiharu | 2010-04-24 23:59 | 演奏会記 | Comments(0)
レアアイテム!? -リサイタルへの道 その4-
チラシができあがったわけですが、
できるだけ多くの方にリサイタルのことを、早くお知らせしたくて
待ちきれなくて、うずうずしていた私。
すでに、こんなものをお配りしていました。

f0232910_1750863.jpg


・・・うーむ、本当は細かい模様がデザインされているのですが
ちょっと、うまく取り込めないですね・・・
それくらい手の込んだ、立派な「仮チラシ」であります☆
これは、ひょんなことからお知り合いになった
版画家の河内啓成(かわち・けいせい)さんにデザインしていただいたものです。

河内さんのプロフィールはこちら

河内さんには、昨年夏に藝大・奏楽堂でおこなった
博士課程の学位審査演奏会のチラシ・プログラムを作る際に
大変お世話になりました。
そのとき作っていただいたチラシがこちら。

f0232910_1852867.jpg


これも素敵でしょう?
夜空に浮かぶ星たちや、私の名前や、窓枠のように見えるデザインの線なども
マウスで描いて、創りだしてくださっています・・・職人芸やー。
このチラシを作る際には、私が取り上げた曲を実際に聴いてくださり、歌詞も読んで
そして私のイメージも取り入れて、チラシを作ってくださったのでした。
藝大生活の最後を飾る演奏会を、
こんなに素敵なチラシで皆様にお知らせすることができて
とってもうれしかったです。

これら二つのチラシと、そして今回の緑のチラシ
3種類お持ちのアナタには・・・


私からの、こころからの感謝を捧げます♪


・・・なんて。
ほんとうに、ありがとうございます。


河内さんの、本来のライフワークである版画作品も、
素敵な世界が広がっているようですよ。
お名前&作品を見かけたら、どうぞ注目してご覧ください!
by takahashi_chiharu | 2010-04-21 18:21 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)
チラシができました☆ -リサイタルへの道 その3-
f0232910_11303025.jpg


6月20日のリサイタルのチラシが、ついに完成いたしましたー!!

このチラシを作るために、
カメラマンの篠原栄治さんに新たに写真を撮っていただきました。
篠原さんのHPに私の写真も載っています。
篠原さんと、アシスタントをしてくださる奥様と、私とで
いろいろなお話をしながら、アットホームな雰囲気で
時間をかけて、何枚も何枚も撮ってくださいました。
ちなみにこのブログに貼ってある写真も、そのときに撮ったものです。

丁寧にお仕事してくださるおかげで、
ナチュラルな雰囲気を残しつつ、いつもの私よりはとっても美化していただき
素敵な写真に仕上がっているでしょう?

演奏家の皆様、オススメですよ♪
また、クラシックの音楽家に限らず、プロフィール写真をお撮りになりたい方は
ご相談を受け付けてくださるようですよ。


・・・写真を撮ったのは、2月・・・
膨大な写真の中から、チラシに使う写真を選び、
印刷会社さんにデザインの案を出していただき
こちらのイメージに近いものとなっていくように、いろいろと注文を出していきます。
同時に、曲目の綴りが間違っていないか、情報が見やすいものとなっているか
細かい部分の校正を行っていきます。

わたくし、根が大雑把なものですから
こういう、重箱の隅をつつくような作業が不得手でして・・・
よーく見た!と思ったその後で
あ、これも直したほうがいいかも・・・という部分を発見したりして。
何度も何度も校正をお願いしてしまいました。
でも、おかげさまで、満足いく仕上がりとなりました☆

私の中で、
今回歌うブラームスの歌曲は、森のいろ
シェーンベルクは、青銅のイメージ
アルマ・マーラーやベルクの歌曲は、詩の世界が夜を設定していたり、と
「緑色」を想起するものが多かったので、
緑色を基本とするデザインをお願いしました。
シンプルでありつつ、やわらかい印象もあり
かなり、お気に入りです♪


さあ、これから、宣伝活動を本格化させますよ!!
じゃんじゃんばりばりお知らせします!
by takahashi_chiharu | 2010-04-20 11:55 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)
ありがとう
f0232910_8355043.jpg

f0232910_8355096.jpg

f0232910_8355010.jpg

昨日は水原市にある世界遺産・華城(ファソン)とソウル市内を観光。
楽しかったなぁ。
今日お昼前の便で帰ります。
by takahashi_chiharu | 2010-04-19 08:35 | 旅日記2010 | Comments(0)
水原市でのコンサート
f0232910_9593494.jpg

ゆうべは、京幾道アートセンターという素晴らしいホールでのコンサート。
「インビテーションコンサート」と銘打って、私達を招待して下さったのでした。
お客様もたくさん入って下さって、ありがたかったです。

地元で活動されている女声合唱団の方々も1ステージ歌って下さって
アンコールでは「麦畑」という韓国の歌をご一緒に歌いました。

歌詞の内容は、

  麦畑の間の道を歩くと、
  誰かの呼ぶ声がして、私は足を止める。
  昔のことが懐かしく思われて、口笛を吹くと、
  美しい歌が耳元に聞こえてくるようだ。
  振り返ると、誰の姿も見えなくて
  夕焼けの澄んだ空だけが広がっている。

というもの。
この歌は、1950年代、韓国が戦争で貧しかった時代に作られたのだそうです。
その後、韓国では音楽の教科書にこの曲が載り、
今ではだれもが知っている曲になったのだそうです。
あちらの女声合唱団の指揮者の方が
「懐かしさ」を感じて歌ってください、と仰って
いろいろと教えて下さいました。

日本ととても近い国、韓国。
近さゆえの親近感と、文化の違いとを同時に感じています。


コンサート後は、水原名物カルビのお店へ!
食べても食べても、店員さんがわんこそばのようにお肉を網に乗せてくれるのです…
うれしい悲鳴をあげつつ、サンチュや辛いタレと共に、しっかりいただいてしまいました…
あー美味しかったぁ♪


写真は、この演奏会をコーディネートしてくださった方から
私達メンバーにプレゼントして下さった韓国の扇子。
他にも小さな手鏡やお箸のセットを頂いた人もいたのですが
どれもこれも韓国独特の綺麗なデザインで、素敵なものばかりでした。
大事にしたいと思います☆
by takahashi_chiharu | 2010-04-18 09:59 | 旅日記2010 | Comments(0)
韓国です!
f0232910_22573653.jpg

ソウルから車で1時間半ほどの水原(スウォン)市に来ています。

さっそくプルコギ。
マシッソヨー!

明日はいよいよコンサートです。
頑張ります☆
by takahashi_chiharu | 2010-04-16 22:57 | 旅日記2010 | Comments(2)
  

メゾソプラノ・高橋ちはるの活動をつづっていきます。(Photo:篠原栄治) *ブログ内の写真・文章の無断複写・転用はご遠慮下さい。リンク大歓迎ですが、ひと言ご連絡いただけますと助かりますm(_ _)m
by ちはる
プロフィールを見る
画像一覧
♪演奏会のご案内♪
お問い合わせは
takahashi_chiharuあっとexcite.co.jp
(あっとは@と変換して下さい)
までどうぞ!お会いできるのを楽しみにしています♪
レッスンのお問い合わせも
上記アドレスまでお気軽に♪

★コンサート情報★

4月13-16日
【バッハ・コレギウム・ジャパン受難節コンサート2017
「マタイ受難曲」ツアー】
4/13 18:30開演
愛知県芸術劇場コンサートホール
4/14 18:30開演
東京オペラシティコンサートホール
4/15 16:00開演
彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール
4/16 15:00開演
長野県・松本ハーモニーホール

4月23日(日)
【横浜交響楽団第678回定期演奏会「青少年のための音楽会」】
14時開演/神奈川県立音楽堂
ドヴォルザーク:スターバト・マーテルのソリストを務めます。

4月29日(土・祝)
【胸躍るロマン派の音楽】
13:30開演/まちスポ稲毛
BCJ等でご一緒しているソプラノ藤崎美苗さんとソロ&2重唱でロマン派リートの数々を御楽しみいただきます。

5月14日(日)
【志木第九の会第18回定期演奏会】
14時開演
和光市文化センター・サンアゼリア大ホール
ハイドン:四季 
ヴォイストレーナーとしてご指導に関わっている志木第九の会
合唱で参加します。

5月20日・21日
【バッハ・コレギウム・ジャパン J・S・バッハ教会カンタータシリーズvol.72】
5/20 15時開演/東京オペラシティ・コンサートホール
5/21 15時開演/神戸松蔭女子学院大学チャペル

5月27日(土)
コロスタシアAnnex 教会コンサートシリーズvol.3 「花のうた」】
14時開演/日本基督教団 代官山教会
ソロと女声アンサンブルで綴る花の時間。
当グループ・レジデンスコンポーザー久保田翠さんによる新作初演も。

6月2日・3日
【新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会】
ハイドン:天地創造 合唱団コーロ・リベロ・クラシコ・アウメンタートのメンバーとして参加します。
6/2(金)19時開演 すみだトリフォニーホール
6/3(土)14時開演 すみだトリフォニーホール

7月15日・17日
【バッハ・コレギウム・ジャパン J・S・バッハ世俗カンタータシリーズvol.9(シリーズ完結)】
7/15 15時開演/神戸松蔭女子学院大学チャペル
7/17 15時開演/東京オペラシティ・コンサートホール

8月8日(火)
アンサンブル・ヴァガボンズ第1回公演】
コントラバス奏者・西澤誠治さんの、読響卒業記念公演。
マーラー:「大地の歌」(室内楽版)のソリストを務めます。
19時開演/渋谷区総合文化センター大和田 さくらホール


☆リンク集☆
―ブログ―
私の叔父、落語家なんです。
八代目春風亭柳橋HP

藝大での門下の素敵な先輩、
北村さおりさんのブログ。
小さき花の詩

藝大同期のソプラノ・栗原未和さん。
ムジカクリハラのオフタイム

ウィーンで同じ先生の下で共に学んだソプラノ・篠﨑加奈子さん。演奏に指導に活躍中!
加奈子のたららん うたレシピ♪

加奈子ちゃんのお姉様であり、音楽教室を主宰なさっている篠﨑左和子さん。
ひだりわこの音楽日記

チラシ制作にご協力いただきました足利市「マツモト写真」さん。若女将の日々感じていらっしゃること。
若女将の修行日記

オランダを拠点に活躍するフルート・トラヴェルソ奏者・築城玲子さんのHP♪お写真がとても素敵。
Reiko Tsuiki

―演奏団体―
2017-18シーズンも出演させていただきます。
「未来へ紡ぐ、バッハの響き」をどうぞご一緒に。
定期会員募集中!
バッハ・コレギウム・ジャパン

次回公演を乞うご期待!
アンサンブル・ミリム

NEW!!
女声6人による新ユニット「コロスタシアAnnex」のHPができましたー!!!今後の展開をどうぞお見逃しなく!
コロスタシアAnnex

次回演奏会に向け、ハイドン「四季」に取り組んでいます♪
志木第九の会

次回演奏会は2017年5月、ヘンデル「メサイア」です。
東京バロックスコラーズ

数多くのカンタータを演奏、たくさん勉強させていただきました。
ターフェルムジーク鎌倉

熊谷女子高校出身者による演奏団体です。
つぼみの会
お気に入りブログ
最新のコメント
> M生さん ありがと..
by takahashi_chiharu at 07:43
前回の桜の写真といい、構..
by M生 at 08:19
ありがとうございます!!..
by takahashi_chiharu at 11:29
アンケートをお渡しするの..
by M生 at 10:09
いつもコメントありがとう..
by takahashi_chiharu at 16:25
こんにちは。 いつもご..
by desire_san at 13:29
>S生さま ありがとうご..
by takahashi_chiharu at 08:44
リヨンでの演奏会は大受け..
by S生 at 17:30
こんばんは。 九段教会..
by desire_san at 23:10
>M生さま お出かけい..
by takahashi_chiharu at 23:42
最新の記事
横浜交響楽団 ドヴォルザーク..
at 2017-04-23 22:09
BCJマタイツアー2017、..
at 2017-04-16 22:31
昨日。
at 2017-04-10 08:09
さくっとお花見
at 2017-04-08 09:33
ヨコハマタイ終演♪
at 2017-03-26 08:43
検索
ブログジャンル
音楽
日々の出来事