カテゴリ:リサイタルへの道2010( 22 )

リサイタル・アンコール曲 対訳  -お礼に代えてー

おかげさまで、
無事に!初ソロリサイタル、終了しました。

聴いてくださった皆様のおかげです。
いろんな方に声をかけてくださった方々のおかげです。
導いてくださった方々のおかげです。
支え、励ましてくださった方々のおかげです。

今まで歌った本番の中で、一番うれしかったかも。
一番、自分を認められたかも。

ああ、半分終わっちゃったなぁ・・・とか
思えたのは、はじめてだと思います。
1曲ずつ、目の前の世界に一生懸命に、
自分の足あとを辿るような気持ちで、
それでいて、名残惜しいような
そんな気持ちで歌えた。ような、気がします。

また、ここまでの道のりの中で
いろいろ考えたし、
自分の歌に対して改めて見直すきっかけになったし
お金を払って、大勢の方に聴いていただく機会をいただく、という
これだけのプロジェクトに取り組んだからこそ
見えてきたことが、いろいろあった。と思う。

幸せです。
こうして、かけがえのない勉強をさせていただけていること。
こんな日を迎えることができたこと。

できたことも、できなかったことも、
みんなみんな、忘れないで。
また先へ、進んでいけたらいいなと思います。


また、
ほんとにきれいなお花たちや、美味しいお菓子や、美味しいお酒や、
かわいい雑貨の数々、電報や、メッセージまで
本当にありがとうございました。
・・・だから、手ぶらでって言ったのにぃ。
といいつつ、うれしいです♪♪
アンケートを書いてくださった方々も、本当にありがとうございます!

バタバタしていて、ゆっくりお話もできず、本当に残念です。。。
ごめんなさい。
順に、皆様にお礼をお伝えさせてくださいね。

これからも、がんばります。
ぜひぜひ、お会いしたときなどに、またはメールなどで
ご感想聞かせてくださいね。


ここで、アンコール曲の歌詞のご紹介を。
どちらの歌も、静かな幸せがひたひたと満ちていて
大好きな曲です。
皆様への感謝の気持ちを込めて。


1曲目:
リヒャルト・シュトラウス/あした (詩:ジョン・マッケイ)


そしてあしたまた太陽が輝くだろう
私が歩む道の上に
幸せな私たちを、またひとつにしてくれるだろう
この、太陽に息づく大地のただ中で・・・

そして、広々と青い波がひろがる海辺に
私たちは静かに、ゆっくりと降りて行こう
なんにも言わないで、互いの瞳を見つめ合おう
すると私たちの上に
幸福の無言の静寂が下りてくるだろう・・・


2曲目:
フランツ・リスト/それはすばらしいことにちがいない
               (詩:オスカル・フォン・レトヴィッツ)



それはすばらしいことにちがいない
ふたつの心が互いに愛し合い
二人きりの世界に閉じこもり
一言も包み隠さず語り合い
喜びも悲しみも、幸せも悩みも、共に分かち合い
はじめてくちづけを交わしたときから、死にいたるまで
愛だけを語り合えるなら
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-06-20 22:50 | リサイタルへの道2010 | Comments(14)

青空めざして☆ -リサイタルへの道 その20-

梅雨入りしてしまったし、
週末のお天気は、雨だろう。。。
と、諦めていましたが

今日は、夕焼けを見ることができて

明日も晴れそう☆

とうとう、明日となってしまいました。
このリサイタルを主催していただくためのオーディションを受けたのが
去年の10月。
リサイタルの日にちが決定して、
写真を撮って、チラシをつくり
ご案内をして・・・

一つ一つの曲を、
歌っては考え、録音を聴きなおしてはまた歌い
ホールでも歌って
さらに、通して歌って

一つ一つの曲たちを歌えることが
それを、皆様に聴いていただけることが

うれしいなぁ

としみじみ思えるようになってきました。


これから、もう一度歌詞をつぶやきながらお風呂に入って、
対訳を読み直して
「うれしいな」をかみ締めてから
寝ようと思います。

明日は皆様のお手もとにも、拙訳ではありますが
歌詞対訳をお配りします☆


青空めざして。
手を伸ばし続けようと思います♪


どうぞ、お気をつけていらしてくださいね。
明日、上野でお会いできますことを
楽しみにしております!
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-06-19 21:56 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)

東京文化の、入り口の・・・ -リサイタルへの道 その19-

東京文化会館の入り口に、
電光掲示板の「催物案内」というのがあります。
夜、文化会館の前を通ると、暗がりに煌々と輝いているのです。

f0232910_23524162.jpg


向こう1週間分のコンサートが
大ホール/小ホール別に表示されています。

f0232910_2354399.jpg


奥が大ホール、手前が小ホールのコンサートが表示されています。
よくよく見ると・・・

f0232910_23551623.jpg


私の名前も!

あああー、本当に近づいてきたんだ・・・
と、改めて実感。
この表示、だんだん上にあがっていって
その日の演奏会は、一番上に表示されます。


あした、
あさって、
しあさって→本番!!!

じわじわ
じわじわ
仕上げていっておりますよー。

今日も
千葉先生と合わせ。
この前の続き。
今日は、シェーンベルクとベルクを、主に。
やればやるほど、欲が出て
直前になって、いろいろ試してみたくなってしまう。

で、やってみたことを
今度は、自分の中に、もう一度落とす作業。

・・・もう時間がなくなってきたけど・・・
ギリギリまで、ね。

明日また、通して歌ってみます☆
で、土曜日はじっくり思い出して
日曜日、本番。


ここで1点、業務連絡でーす。

おかげさまで、手許に持っておりましたチケット
残らず、行き先が決まりまして。
いやー、これだけでも、めでたい!めでたい!
それで、
これから「リサイタル行ってみようかなー」という方は、大変恐れ入りますが
当日券
お求めくださいませ。

・・・私の手許のチケットがなくなった、というだけで
当日券は、どっさりあるんですよ・・・
ですから、日曜日になって思いついても、全然大丈夫です☆

どうぞよろしくお願いいたします!!
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-06-17 23:45 | リサイタルへの道2010 | Comments(4)

業務連絡。

えー、各方面、特に演奏等でお世話になっております皆様。

チラシ挟み込み
ご用命はございませんかー。

演奏家は持ちつ持たれつ
ぜひ、皆様のお役に立ちたいのですが。
今日、明日中には締め切りますよー。


また、お越しいただくすべてのお客様へ。

とうとう梅雨入りしちゃった今日この頃(しかしいきなり今日はお洗濯日和でしたね)。
日曜日のお天気が非常に心配ですが、
しかしこんなときは上野駅公園口から1分!な
東京文化会館ってありがたや、と思いますが

とにかく、来てくださるだけで、
聴いてくださるだけで、ありがたいのですから、
・・・あ、できれば終演後にご意見ご感想お聞かせ願えればと思いますが
(アンケート用紙作りました♪ぜひご記入くださいね!)

とにかく、
ぜひ、ぜひ
手ぶらで
いらしてくださいませね。


以上、業務連絡でした。
あ、ついでに。

チケットの受け付けも、
そろそろ締め切りますよ。


・・・といっても、当日券
どっさりあるんだな。これが。

だから、日曜日のお昼くらいに
ま、行ってやるか。
と思いついても、ぜーんぜん大丈夫ですから☆
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-06-15 16:39 | リサイタルへの道2010 | Comments(2)

意外と・・・ -リサイタルへの道 その18-

今日もピアノの千葉先生との合わせ。
先日のホールリハーサルでの反省点を踏まえ、
もう一度、曲を見直してみよう、という会。


ホールリハーサルの際の録音を聞いて思ったことは

全力疾走な部分が
ちょっと多すぎるのでは。。。ということ。

いいポジションで・・・とか
いい声を・・・とか
自分の都合で歌わないで。

ひとつのフレーズを語るのに、
ちょうどいい量と質の声を使えるように。

ホールを信じて。
千葉先生のピアノを信じて。
自分を信じて。

もっと繊細に、一つ一つの曲を、色彩豊かに表現したい。


先日のリハを踏まえて・・・という反省大会ですので
プログラムの曲すべてを一気に反省するのは大変・・・と
今日はプログラムの半分までをやってみたけど

意外と・・・疲れませんでした。
ほっ。


やっぱり・・・
歌いすぎだったのでは・・・

もしくは、叫びすぎ。。。

かといって、縮こまったりするのではなく、
体全体を使って。のびのびと。
楽しんで歌えたらいいなと思います。

今まで、大学内でカリキュラムの一貫として、リサイタルを何度かやってきましたが
ホールリハから10日間もあるなんて・・・

今までにないゆとり☆
うれしい♪


やっと、やっと煮詰まって、隙間がなくなってきましたので
この調子で、味を調えていきたいと思います。
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-06-13 21:06 | リサイタルへの道2010 | Comments(2)

ホールリハーサル -リサイタルへの道 その17-

※やや大作の日記が、4分の3ほど書きあがったところで
誤って消してしまいました。。。くすん。
2度目なので、簡素化しそう。。。




もう日付が変わってしまいましたが、
午前中に、本番を行う東京文化会館小ホールをお借りして
ホールリハーサルをおこないました。


【ホールリハでのミッション】

①ピアノを選ぶ。
文化会館小ホールでは、贅沢なことにピアノを選べるのですー。
今日は、舞台上にスタインウェイを2台並べて、
ピアノの千葉先生に弾き比べをしていただき、本番で使用するピアノを選びました。
選ぶ基準は・・・
音質、タッチなどが曲と合うか、演奏者の好み、感覚と合うか、ですかね。。。
繊細な違いですが、やはり2台のピアノの音色は、少しずつ違いました。
珍しい体験だったなぁ。

②響きに慣れる。
いつも、Vox humanaの演奏会の際にこちらのホールでお世話になっているので
雰囲気には慣れているつもりだったのですが・・・
なんといっても、今回はピアノが一緒だし、
なんといっても、今回は一人きりで歌うし

なんといっても、現代曲じゃないし・・・

というわけで、ほとんど別物でした。聞こえる響きの感覚は。
立ち位置もずいぶん違いますし。
でも、プログラムを通して歌っていくうちに、だんだんと
自分が舞台上で発している声(を含む音響)が、
ホール全体を包むようにまわりこんでいるのを感じられるようになりました。
ピアノでも、十分に聞こえる。
フォルテも、怒鳴らなくても十分迫れる。
やっぱり、良いホールです。

③プログラムを通す力(精神的、肉体的に)を養う。
今日もすべてのプログラムを歌ってみましたが、
朝から・・・というのもあり、声が立ち上がるのに時間がかかりました。。。
こんな言い訳を言ってはいけないですが・・・
でも、そこで「声が出ないよー」とくじけてしまわないで
一つ一つの曲に集中することを心がけました。
すると、いい声の状態、いいポジションをつかみやすい
再浮上しやすい曲というのがいくつか見つかり。
ちょっと前まで、けっこう苦手意識があった曲がするりと歌えたり
だんだん、あれれ?となってきた曲もあったり(こんなこと書いててよいのだろーか!?)

ちょっとの差で、いろんなことが変わるんだよなぁ・・・

本番10日前にホールで歌ってみることができたのは、幸せでした。
毎度のことですが
ギリギリまで、あがいてみます。

12時ギリギリまで頑張った私たち。
おなかペコペコだったので
文化会館の中に入っている精養軒の支店で、ランチしちゃいました☆
あー、写真撮ればよかったなぁ。
オムハヤシ&エビフライ。これぞ洋食。おいしかったー。

あと10日、滋養強壮にも努めてまいりま~す♪
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-06-11 01:30 | リサイタルへの道2010 | Comments(2)

でたー☆ −リサイタルへの道 その16−

f0232910_2213216.jpg

東京文化会館の前を通り掛かったので、
ロビーをのぞいたら…

他の演奏会のポスターに混じって
私のポスターが!

いやはや。

照れつつも、デジカメ代わりの携帯を片手に
じわじわとポスターに近づき、
ちょっと周りを窺いつつ

パチリと撮影☆


うれしいなぁ。


今日は、ピアノの千葉先生と合わせ。
はじめて、プログラムのすべての曲を、通して歌ってみました。


うーん。
旅は、山あり谷あり。
だけど、
車の助手席に座って、連れてってもらうドライブじゃなくて
いつも、自分の足で歩いていけるように

そして、聴いてくださる皆様を、
ご一緒に旅にお連れできるように

もうちょっと、意識の穴埋め作業を…



次は、木曜日のホールリハーサルです。
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-06-08 22:01 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)

大事なのは・・・ -リサイタルへの道 その15-

今日はレッスンでした。
先日、合わせをしていただいたベルクなどを見ていただきました。


今回、リサイタルのプログラムに乗せた曲は
ほとんどが、全くの初めてではない曲たちで。
私が修士過程時代、または博士過程にいた中で取り上げてきて
本番に乗せたことのある曲たちで。

まったく初めてではない、ということは
譜読みはほぼ済んでいる状態 であるわけですが
前に歌ったときのくせが抜けなかったり、
しかし初めて歌ったときと今では体の状態が違うので
なんとなく、歌が体になじむのに、逆に時間がかかったり

表面的には歌えてるけど・・・そうじゃなくて・・・
というところにいる気がして
もやもやしていたのです。

そこで。

もっと、ひとつひとつの曲を、好きになろう。
新たに、素敵な部分を探してみよう。
そんな風に思って、
歌ったり、口ずさんだり、つぶやいたり、し直してみました。

それと。
もう一度、レッスンや合わせのときの録音を、聴きなおしてみました。
声が、音程が、発音が、「いまいちだ」というところまでは認識していても
じゃあ、どうなったら素敵かな?という、目的地が
はっきりくっきりとは見えてなかったような気がして。

あと。
やるならとことん、隙間なく、芯をいれた歌にしたいと。
集中です。


その結果。
今日は、わりかしうまくいったようです。やったー!!

大事なのは・・・曲への愛。なのかなぁ。結局は。
・・・ここで満足しないで、今日見ていただかなかった曲についても
もう一度、やり直しのつもりで、さらっていこうと思います。


それから、今日はアンコール曲も見ていただきました☆
私がだーいすきな曲を歌うことにしました・・・お楽しみに♪

そしてそして!
本日、ついにもう1着のドレスを購入しましたー!!
お買い物に関してはものすごく時間のかかる私が、
珍しく、ものの20分ほど(試着時間含む!!)でお買い上げ!!
ほぼイメージどおりの色合い、デザインの1着に出会うことができ、満足です☆
こちらもどうぞお楽しみに。


次の次の日曜日は、本番です。。。!!
本番10日前にあたる6/10に、
ホールでリハーサルをさせていただくことになっています。

いよいよ、もしくは、とうとう。


これをお読みの、そこのアナタ☆

チケット、お求めいただきましたよね♪

まだの方は・・・どうぞお早めにご連絡くださーい(泣)

もちろん、当日券、出ますけど・・・
できれば、こちらからご用意させていただきたいじゃないですか・・・


アナタのおいでを、心からお待ちしておりますよ♪
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-06-06 23:35 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)

復習中 -リサイタルへの道 その14-

昨日はピアノの千葉先生とリサイタルの合わせでした。

お題はベルク「7つの初期の歌」。
プログラムの一番最後に歌う歌曲集です。

今は録音を聴いて復習中。

なんとも官能的な曲たちだなぁ~
と、改めて思う。
「エロティック」
「セクシー」
なんて言葉も使えるけど
ここはあえて
「官能的」
といいたい。


あと少しの期間、
歌う曲たちの素敵なところを、再発見していきたいです。
自分の中に、もっともっと感動を増殖して歌いたい。




…密かに、もがいております。
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-06-04 16:32 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)

「音楽の友」に載ってます -リサイタルへの道 その13-

クラシック専門の月刊誌「音楽の友」に、
リサイタルの広告が載ってます。

f0232910_1728487.jpg


「演奏会あんない」の
8ページ目


の、下のほうに載ってます。


「ぴあ」でアーティスト検索をすると私の名前が出てくる
ということに「おおーっ」と思ったのと同じような思いですが
「音楽の友」に私の写真が入った広告が打たれる日がくるなんて。
うれしいです。

もちろんこの「音楽の友」はお買い上げ。
記念に取っておきます。
このリサイタルをやったころ、クラシック界ではどんなことが起こっていたのか
ずーっと後になって見たら、また楽しいでしょうね。


チケット
まだまだ発売中


です♪
ご連絡、お待ちしていますよ。


本屋さんで、「音楽の友」をレジに持っていったら
レジ横にこれがあったので、一緒に買っちゃいました☆

f0232910_17404897.jpg


「ケーク・サレ」(フランス語で「お塩のケーキ」)ってご存知ですか?
パウンドケーキというと、お砂糖とバターが入っていて、
ドライフルーツや、バナナやチョコレートなどが入っているものが思い浮かびますが
「ケーク・サレ」は、ハムやお野菜、チーズなどが入っている、
甘くない「お食事系パウンドケーキ」のことらしいです。
このレシピ本を購入して作った、甘くないパウンドケーキを
練習にもってきてくれた友人がいて、新しい食感で、とてもおいしくて
すごく興味があったのです。
ちょうど、家にはパウンド型がなかったし。
「ケーク・シュクレ」(お砂糖のケーキ)のほうは、
私たちが思い浮かべられる、いわゆる、甘いパウンドケーキのようです。

・・・ケーキじゃないよ。
ケークだよ。
おしゃれですねぇ。

裏面には、この「本」のパッケージ内容が出ています。

f0232910_17561491.jpg


最近は、付録が充実した「ムック本」というのが流行っていますが
これは、パウンドケーキのレシピ本に付録としてパウンド型がついてるもの。
これも立派な「本」なのです。


・・・実際にケーキを焼くのは、ちょっとおあずけですが。
楽しみです♪
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-05-29 18:02 | リサイタルへの道2010 | Comments(0)