カテゴリ:リハーサル日記( 122 )

アメリカではバッハの「クリスマス・オラトリオ」を歌ってきたわけですが…
こんな「クリスマス・オラトリオ」もあります!
f0232910_22565392.jpg
フランスの作曲家サン=サーンスによる「クリスマス・オラトリオ」。
ソロを含む合唱、大オルガンと弦楽アンサンブル、そしてハープで演奏されます。
今日は朝から、そのリハーサルでした。
まだまだ時差ボケで眠いですが…
時差ボケを強制的に矯正(笑)

バッハのクリスマス・オラトリオも素晴らしい曲ですが、
サン=サーンスのも、とーっても美しい!!
私は1曲だけソロで歌わせていただきます。

お昼は、おっきな餃子と美味しい焼きそばを!
池袋「天龍」にて。
f0232910_22505052.jpg

優しめの味で大きくてもペロリでした。

(ただし8個を3人でシェアしました)


「やわらかい焼きそば」も美味しかった〜

f0232910_22524647.jpg
午前中は合唱メンバーだけで練習して、
午後からは大オルガンとの合わせ。
f0232910_22543917.jpg

というわけで、12/19の夜は
東京芸術劇場の大オルガンの音色とサン=サーンスの「クリスマス・オラトリオ」をお楽しみください♪
(ご連絡いただけましたらいいことあるかもです。)
http://www.geigeki.jp/performance/concert127/

[PR]
by takahashi_chiharu | 2017-12-13 22:49 | リハーサル日記 | Comments(0)

先週末から、BCJのツアーでアメリカに来ています。
名門・イェール大学のあるコネチカット州ニューヘイヴンに滞在中です。
クリスマスシーズンにぴったりな、バッハの「クリスマスオラトリオ」を
全米5都市で演奏します。
リハーサルを重ねて、今夜はツアー初のコンサートでした。
幸せに歌えたことに、ただただ感謝です。
演奏が終わった途端、お客様がわあっと立ち上がってスタンディングオベーションして下さいました。

というわけでクリスマスシーズンなのです。
ホテルのロビーに可愛いツリーが。
f0232910_13101335.jpg
公園にも綺麗なツリーが!
f0232910_13122391.jpg
練習会場への送迎には、こんなスクールバスにも乗せていただきました!
f0232910_13124971.jpg
woolsey Hall。
f0232910_13215645.jpg
コンサートは災害被害に遭われた方々へのチャリティでした。
f0232910_13132104.jpg

私の指先もクリスマス仕様にしてみました☆
指先から気分を上げていく作戦。
f0232910_13253892.jpg
もう一日ここに滞在して、
次の目的地はニューヨークです。

[PR]
by takahashi_chiharu | 2017-12-05 13:05 | リハーサル日記 | Comments(0)

マルティン・ルターが「95ヶ条の論題」を出した「宗教改革」から
今年でちょうど500年。
BCJでは2015年からルターの宗教改革500周年を記念するカンタータシリーズをおこなってきましたが
今回のプロジェクトが最終回。
10月31日、まさに宗教改革記念日に演奏会を行います。

というわけでリハーサル始まりました!
f0232910_09265166.jpg
ルターは賛美歌(コラール)も作曲しています。
ルター以降、何人もの作曲家が、ルターの賛美歌を基にアレンジした作品を書いています。
バッハもそのひとり。
ルターの賛美歌を基にしたカンタータを作曲しています。
今回の演奏会では、ルターの賛美歌からさまざまな作曲家の手による作品を経てバッハのカンタータが生まれた変遷をご紹介します。
実は…私もCalvisiusという人が作った三重唱を歌わせていただきます。。

リハーサル初日の合唱練習では、
f0232910_09300081.jpg
こんなかわいいルターさんご臨席の下、
がっっつりと合唱曲を練習しましたよ。
ちなみにこのルターくん人形は今年限定商品らしいですよ。
なんというか…がっしりした曲ばかりなのですよね、今回のプログラム…
というわけで合唱曲も聴きものです!

近年、日本では10月31日というと、ハロウィンですね…
10月31日、今年も巷にはゾンビとかお化けとか溢れるのかなぁ(笑)
私どもはおそらくいつものお衣装で、
オペラシティでお待ちしております!
火曜日の夜ということで、いつにも増して皆様のお出でを熱烈にお待ちしております!
ぜひご連絡くださいませ。

[PR]
by takahashi_chiharu | 2017-10-27 09:17 | リハーサル日記 | Comments(0)

アンサンブル・ヴァガボンズ第1回公演、いよいよリハーサル始まりました!!

f0232910_10093818.jpg
f0232910_10093979.jpg

個人的に、とてもとても楽しみに、なおかつ心臓バクバクで準備してきた公演。
とうとうオケ合わせ初日を迎えたわけですが、

やはりすごい曲だ・・・
!!
室内楽版であるにも関わらず、やはりさすがのスケール感・・・
ご一緒している皆様の、それぞれの音色が素敵過ぎてドキドキしっぱなしでした。

私はいつも「オケ合わせ1日目」というのが超鬼門なんです。
が、
今日はかなり好き勝手に歌わせていただきました
事前に指揮者様&コンマス様&鍵盤奏者様と打ち合わせをさせていただいた上みなさまにご協力いただいたからこそできたことですが、
本当にとてもありがたかったで
す。
皆様と、もっと室内楽的にその場その場でいろんなこ
とができるはずで・・・
あーんもっと上手になりたいです

でもいまさら欲張ってもしょうがないという気持ちもあ
ります。
今の私で、背伸びしないでいきたいと思います。

リハーサルの様子を事務局さんが撮ってくださいました。
f0232910_20135106.jpg
この写真を見た瞬間、明日の目標は決まりました。
すっと、まっすぐ立って歌うw

というわけで、
ここを踏ん張ればすごい幸せな時間がやっ
て来そうな予感がしています。
もし来週の火曜日の夜お時間ありましたら
ぜひ!さくらホー
ルにお出かけ下さいませ。
ご連絡いただければ当日受付預かりでチケットご用意いたします♪


[PR]
by takahashi_chiharu | 2017-08-03 20:15 | リハーサル日記 | Comments(0)

コロスタシアAnnex「花のうた」リハ進行中です。
f0232910_09083230.jpg

f0232910_09083398.jpg

花に因んだ歌あれこれ、
ど定番から一筋縄ではない曲まで集まりました。
女子6人でのアンサンブルの他、
それぞれがソロやデュエットも歌います。
私は、ソロにWolfを選びました。
スペイン歌曲集(世俗歌曲)から
「私を花で覆ってください」を歌います。
f0232910_09031981.jpg
愛の息遣いは花の香りと同じ、甘く儚いもの…
でも そんな愛のためにこそ 私は死んでいくの…

…なんて、恋のひとつの理想形!?をうっとりと歌う曲です。
他のメンバーのソロ曲・デュエット曲も素敵な曲ばかり!

さらに
我々の座付き作曲家である久保田翠さんによる
「万葉集」にテキストを採った花のうたもお披露目します。
こちらは久保田さんらしいスタイリッシュな花のうた。
メンバーからも「いいね〜」「好き♡」という感想が。
どうぞ御期待下さい!
5/27(土)14時開演、代官山教会にて。
チケット承ります♪

練習後は、メニューが古文書と化しているアジア料理屋さんでみんなでごはん。
f0232910_09031985.jpg

メニューはこんなですが(笑)どれもこれも美味しかった!!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2017-05-11 08:56 | リハーサル日記 | Comments(0)

今日も合わせ。

今日も「うたごよみ」の合わせをしました。
今日はヴォルフ「スペイン歌曲集(宗教的歌曲)」を中心に。
本当に大好きな作品なので、きちんと取り組めて幸せです。
今回はまた改めて、ドイツ語の語り方を見直しています。
マシになってきた、気がします。

「スペイン歌曲集」に関しては、
作曲家の事、内容やキーワードについて、そしてなぜこの時期に歌いたいのか、など
色々ご説明すべきかと思っていたのですが、
作品の持つ熱量が伝わればもうそれでいいかな、とも思ったりして。
私も含めて皆で同じ空間と時間を共有しながらも、各自自由に感じてもらいたいから。
日本歌曲に関しても、まずは聴いていただいて、それぞれ思い思いに感じていただくのがよいかな、と…

今回は、歌の合間にちょこっとお話を挟んでみようかなと思ってたのですが、
やはり「詩集」の冒頭にかるーくご挨拶載せて、あとはひたすら歌うことにしようかと思います。

うーーん、
もっと説得力がありなおかつ聴いてる方が気持ち良い演奏にしたーい。
本番まで、ちょうどあと2週間です。
今週の過ごし方がカギになりそうな気がします…
がんばろ。

ここからお席いよいよ埋まり始めますよ!
ご検討中のみなさま、ぜひご連絡を☆

f0232910_18440344.jpg

f0232910_18440445.jpg


[PR]
by takahashi_chiharu | 2017-03-06 18:36 | リハーサル日記 | Comments(0)

ロ短調ウィーク

今週は、またまたロ短調ウィークです。
また、新たなロ短調を体験してます。
または「改めて」体験してます。

何度も歌っているロ短調ですが、
歌詞の意味をあらためて意識したり、
ハーモニーの展開をあらためて感じながら歌ったりした合唱リハーサルでした。
それでいて新しいところもあるし。
今日はオケの皆様とリハーサル。楽しみです。

お席まだご用意できるようです。
土曜日の午後お時間ありましたらぜひ!
ご連絡くださいましたらいいことあるかもです。
f0232910_14292422.jpg

[PR]
by takahashi_chiharu | 2017-01-19 14:26 | リハーサル日記 | Comments(0)

いよいよ

ブリテンレクチャーコンサートが、来週末に迫りました。
(その前にある2つのコンサートも、もちろん全力で取り組みますが!)

今日も合わせ。
ブリテン、かなり楽しくなって来ました!!
アブラハムとイサクのドラマもその輪郭が見えてきましたし、
5つの子守歌のそれぞれの世界観の違いも見えてきました。
マーラー「亡き子をしのぶ歌」は、
最初は対訳を作りながらも泣けてくる始末でしたが、
心のもちようが整理され、消化できてきた気がします。
あとはちゃんと伝わるように歌えるようになりたい。

いろんなことをやりながら、
その合間ではブリテンとマーラーのことを考えている今日この頃です。
もうちょっと頑張れわたし。

お席、順調に埋まりつつあります。
ぜひお早めにお声掛けください♪
または、
brittenandmahler.concert@gmail.com
にてチケット承っております。

クラシック演奏会情報が掲載されているフリーペーパー「ぶらあぼ」12月号に
コンサート情報を掲載していただいております。
WEB版「ぶらあぼコンサート検索」でもヒットするようになっています。
ご覧になってみてくださいませ♪
f0232910_16591649.jpg

[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-12-02 16:48 | リハーサル日記 | Comments(0)

BCJロ短調ウィーク♪

BCJでのロ短調ミサ曲プロジェクト、
月曜日からお稽古が始まっていて、
今日はGPでした。
明日からは東京、さいたま、札幌で演奏会です。
春にもツアーでたくさん歌いましたが、
その時ともまた違う仕上がりになりつつあります!

SanctusからのPleni sunt、Osannaが歌い終わって、
Benedictusを聴くひととき、いつもうっとりする。
BenedictusとAgnus deiは作品終盤の癒しスポット。
もう少しで歌い終わる…と、ちょっとホッとする気持ちと、ちょっとの寂しさ。

そんな心持ちだったからか、
どこまでも美しいBenedictusをうっとり聴きながら、
これからも、
ふんわりと柔らかなしなやかな…
優しい、さりげない、慎ましい、
それでいて他者を受け入れるひろさ、すきまのある…
そんな気持ちを大切にしていける世の中であってほしいなぁ…
と、しみじみしてしまった。
押しの強さ、大きな声、インパクト…
そういうものが、色合いの淡いもの、微かな声を押し退けていかないでほしいし、
「小さいものでも、素敵なものがある」と信じているから。

昨日の、世界を揺るがした大きなニュースからの今日で、
そんな気持ちになりました。

バッハの音楽は…いや、バッハだけではなく
素晴らしい音楽は、想いをいろんなところへ運んでくれます。

3都市でのロ短調、よきものとなりますように♪
ご関係の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!
おいでくださる皆様、どうぞお楽しみに。

おまけ。
BCJの演奏に共に参加しているお友達と、以前
「曲げわっぱのお弁当箱を作る」ワークショップに参加したことがあったのです。
いつかお弁当箱デビューさせたい!と思いつつ時が過ぎて行き…
ロ短調のリハーサルはがっつり、午後から夜まで組まれている日もあったので
リハーサルの間に食べるべく、
「BCJおべんと部」活動しました!

むふふ…
f0232910_00571678.jpg

じゃん!
f0232910_00571749.jpg

左側が私作。まだまだ修行が足りません。。
自分で作ったものは、味付けも優しく作ることができるので、
身体がほっとする気がします。


[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-11-10 23:47 | リハーサル日記 | Comments(0)

今週は、オーケストラ・リベラ・クラシカ(OLC)の定期演奏会に
合唱団コーロ・リベロ・クラシコのメンバーとして参加しています!

f0232910_22523563.jpg

f0232910_22530487.jpg

私は合唱団のメンバーとして、ハイドンの「ニコライ・ミサ」と
「主への夕べの歌」を歌っています。
ハイドンのミサ曲・・・すっきりしてて、いい曲です!
明るい響き!
言葉をどう歌いたいのか、その言葉にはどんなリズムがあるのか
考えて歌うことが必要なのかな。
ミサ曲はラテン語ですが、「主への夕べの歌」はドイツ語。
こちらも、静かな感動のある曲です。
ハイドンのシンフォニーを演奏し続けてきたオケの皆様は
勝手知ったる感じといいますか、
ハイドンのコツを掴んでいらっしゃるのだろうなという、しなやかさ。
ご一緒させていただけてとても幸せです。

本番の会場である石橋メモリアルホールは、ふくよかで暖かい響きで
OLCのサウンドにぴったり!
日曜日の本番が楽しみです。
お時間ありましたら、ぜひぜひお出かけ下さいませ。
ご連絡いただけましたらチケットご用意いたします!

[PR]
by takahashi_chiharu | 2016-10-27 23:12 | リハーサル日記 | Comments(0)