「ある日の詩」横浜公演、終演いたしました!
60名弱のお客様においでいただきました。

初挑戦で、まだまだまだ未熟だったフランス歌曲、
改めて楽しかったマーラー、
そして、歌えて幸せだった中田喜直作品。

いろいろあったかと思いますが、
ひとつずつ、音楽に集中して歌うことができました。

私の演奏をずっと温かく見守って下さったお客様、
お手伝い下さった皆様、
支えてくださったピアニストの田部井美和子さんに、
心から感謝申し上げます。

また、お越しいただけずとも御心を寄せてくださった皆様にも、
心から感謝いたします。
ありがとうございます!!


お聴き下さった皆様!!
ぜひ率直なご感想をお聞かせくださいませ!!
メッセージ、メール、直接お目にかかったとき…
などなど、お待ちしております!!

足利で歌ったときに、
久叡館のコンサートプロデューサー(ピアニスト田部井さんのお母さん)に
言われた一言があります。
私が、「フランス歌曲、難しい~!!まだまだ慣れてないなぁ」
みたいなことを言っていたら、

「じゃあ、フランスに住まないとね!」

と、仰ったのです。

それで、

そりゃそうだよ、
ドイツ語の歌が上手に歌えるようになりたくて、
ウィーンに住みに行ってまで、勉強してきたのだもの。
フランス語の歌だって、勉強し続けて、
フランスに住みたい!って思うくらい勉強しなくちゃ。

って、
肩の力が抜けたのです。

だからこそ。
さらに学びの場を持てたなら
ありがたいです。
このような、本番での経験は、何にも代えがたいもの。
それも、お聴きくださるお客様あってのことです。
本当に、感謝の念でいっぱいです。

また、皆様にお聴きいただけるよう
精進していきます。


取り急ぎ、ご報告とお礼まで。
ありがとうございました!

f0232910_0145650.jpg
f0232910_0151626.jpg

[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-11-07 23:56 | 「ある日の詩」コンサート | Comments(0)

いよいよ!

いよいよ、「ある日の詩」横浜公演が2日後に迫りました!

今日はピアニストさんと最後のリハーサルをしました。
足利での演奏会を経て、また新たな気持ちで、かつ
ずいぶん落ち着いて歌えるようになってきました。

当日券をお出しできる予定です。
横浜駅より相鉄線で15分、二俣川駅直結の
サンハート音楽ホールにて19時開演です。
お仕事帰りに、お出かけついでに、
どうぞふらりとお立ち寄りくださいませ。

皆様のおいでをお待ちしております!

f0232910_19471812.jpg

[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-11-05 19:47 | 「ある日の詩」コンサート | Comments(0)

「ある日の詩」足利公演である「久叡館サロンコンサート」
終演いたしました。

プログラム。横浜公演でも使用します。
f0232910_2004150.jpg

私は前日に足利入り。大勢の方々が会場を設営してくださいました。
(準備の様子を、足利のマツモト写真・若女将がブログに書いてくださっています♪
ありがとうございました!!)

久叡館は普段はギャラリーとして使用されています。
菊地武彦さんの作品(久叡館所有)が展示されていました。
f0232910_2005954.jpg
f0232910_2011850.jpg

移動した土曜日は台風でひやひやしましたが、翌日は台風一過の快晴!
渡良瀬川と、そこにかかる「中橋」。
森高千里さんのヒット曲で有名な「渡良瀬橋」は、この中橋のお隣にあるそうです。
f0232910_2013045.jpg

リハーサルの様子。主人撮影。
f0232910_2014350.jpg

ピアニストさん目線。窓の外の緑が綺麗。
f0232910_2034364.jpg

お庭のお花を生けてくださいました。秋のお花。豊かですね・・・
f0232910_2015512.jpg

中庭に設えられたテラス。
コンサートの休憩中はここで手作りのケーキと珈琲が振舞われました。
f0232910_2021618.jpg
f0232910_202838.jpg

お庭の柿の木。豊作。
f0232910_2031319.jpg

というわけで、終演。
f0232910_2032786.jpg

久叡館からいただきましたお花。
f0232910_2035843.jpg

お客様からいただいたお花。
f0232910_20452.jpg

こんなかわいい子たちもやってきました。
後ろの紙袋たちも、プレゼントが入っています。
ありがとうございました。
f0232910_2041344.jpg


久叡館館長さん&コンサートプロデューサーさんご夫妻(ピアニスト・田部井さんのご両親)をはじめ
田部井さんのご家族、ご親戚、足利市民合唱団からのお手伝いの皆様などなど
大勢の方々にお手伝いいただき
地元の皆様をはじめ、近くから、また遠くからもお出かけくださった
大勢のお客様に見守っていただき、
はじめましてのご挨拶やお話ができた方もたくさんいて
ありがたいなぁ…と思いました。

このような機会をいただかなかったら、
私はまだフランス歌曲に手を付けずにいたと思います。

演奏については、いいことも、あらら…ということもあったような気がします。
が、
今はまだ詳しく思い出したり反省はしないでおいて、
11/7の横浜公演へ向けて、
気持ちを途切れさせずに調整していきたいと思います。

お世話になりました皆様、お出かけくださった皆様、
本当にありがとうございました!!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-10-28 20:30 | 「ある日の詩」コンサート | Comments(0)

あと2週間で、足利・久叡館でのコンサートがやってきます。。。

は、はやい。。。


地元の皆様に愛されている「久叡館サロンコンサート」、
ありがたいことにお席が完売したそうです。

・・・演奏を聴いてやるか、とお思いの方は、ぜひ
横浜へおでかけください!!
こちらは、チケットまだまだ絶賛発売中!!!でございます。

よろしくお願いいたします。


3連休最終日。いいお天気でしたね。
今日は、久叡館へ伺って、
ピアニストの田部井さんと合わせをさせていただきました。
今日のメニューは日本歌曲。中田喜直作品を。

今回は、奇しくも
中田先生がお若いときの作品と
お年を召されてからの作品が並ぶこととなりました。

それぞれのよさがあります。

若い感性からこの透明感が生まれたのだろうな、と思う曲も
歌とピアノの関係を見ると、「凝ってるなぁ、熟練の技だなぁ」と感じる曲も。

そして、日本語を歌うのだから
聞いてくださる方々に、ストレートに届くように歌いたいな、とも思います。


限られた時間の中で、
ぎゅぎゅぎゅっと、がんばっていこうと思います!!


今週は、台風がくるらしいですね。。
10月も半ばなのに、台風。。。
どなたさまも、ご移動、お出かけはくれぐれもお気をつけて。

コンサートの日は、いいお天気だといいなぁ。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-10-14 23:34 | 「ある日の詩」コンサート | Comments(0)

フォーレの「ある日の詩(Poème d'un jour)」。
3曲からなる歌曲集。
今度のコンサートのタイトルはここから来ています。
不思議な魅力をもつ女の人との、出会い、諍い、そして別れを歌ったうた。

3曲目のタイトルは「さようなら」。

この世の全ては移ろい行くもの…
花も、ため息も、人の心も。

いのちも、なのかなぁと思ったら
練習中にちょっと泣けました。

でも、過ぎ行くものだからこそ
美しくいつまでも心に残る輝きを放つんだなぁ。
その光を胸に、
涙もなしにさらりと、愛を打ち明けたときのように何気無く、
さようなら
って言って去って行くんだなぁ…


すごい歌だ・・・この無常観。

この歌曲集、
行きずりの女の人との恋(とも呼べるかどうか)を感じさせます。
しかも「ある一日の詩」なんだから
出会いからさよならまでは一日の間の出来事、ということですよね。おそらく。
もしかしたら一夜のアバンチュール…かもしれないできごとを
こんなにも詩的に語れて、
そこに胸の高鳴りやこの世のはかなさを盛り込めるなんて。
さすがはフランス、という気がします。

基本は恋愛の歌ですけど、
結構深いところを突いている。
フランスものの良さ、
すこーーーーしだけわかってきた。気がする。

フォーレの音楽も、「通りすがり感」が出ているというか、
大仰なことはせず、さりげなく終わって行くのがふさわしいような感じです。
でもその何気ない感じの中にも思いはあって、それをどう盛り込むか、
さじ加減がカギな気がします。

大人、だなぁ。なんというか。


ちなみに、今回プログラムと一緒に
「詩集(+プログラムノート的なことをちょこっと添えて)」を
お配りしようと思っています。
フランスもの、私はまだまだ言葉が全然できないので
私が今回取り上げた歌の、詩についていろいろご教授いただきました
山本 紀志子さんに、フランス歌曲の訳をお願いいたしました!
素敵ですよ。
さらに、マーラー歌曲の訳は私の拙訳で添えて、
あと、中田喜直の日本歌曲も歌詞を載せて。

こちらもどうぞお楽しみに。

ご案内状など、お出ししはじめました。
平日の夜だし、横浜だし(でも横浜駅からはびっくりするくらい近いと思いますよ!)、
当日になってみないとわからない、と仰る方も多いことと思います。
当日券、たんまり出ますよ今度こそ(今のところそんな感じ)。
もちろん、事前にお問い合わせいただければものすごく喜びます。

どうぞお気軽にお出かけくださいね。
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-10-03 23:00 | 「ある日の詩」コンサート | Comments(0)

「ヘングレ」も終わって・・・

気付けば、
天高く、月美しく(素晴らしい十五夜でしたね!)、ちはる肥ゆる(!?)、

秋!です。

この秋、私的最大のイベントは、こちら!!

「Poème d'un jour ―ある日の詩(うた)―」
と題したコンサートをいたします。
f0232910_20563436.jpg

f0232910_20541738.jpg


***********************************
Poème d'un jour ―ある日の詩(うた)―

【足利公演 (久叡館サロンコンサートvol.21)】
10月27日(日) 13:30開場/14:00開演
久叡館(きゅうえいかん)
(東武伊勢崎線「足利市」駅徒歩5分、駐車場あり)
一般2000円/高校生以下1000円
全席自由(※要予約)

【横浜公演】
11月7日(木) 18:30開場/19:00開演
横浜市旭区民文化センターサンハート 音楽ホール
(横浜より相鉄線「二俣川」駅直結)
全席自由 2500円

<出演>
高橋ちはる(メゾソプラノ)
田部井美和子(ピアノ)

<プログラム>
フォーレ : 「ある日の詩」/ネル
ショーソン : ハチドリ
アーン : クロリスに
マーラー : ラインの伝説/原光
中田喜直 : すずしきうなじ/歌をください  他

***********************************

足利市民合唱団(足唱)のピアニストを務められる田部井さん。
何度か、ご指導のピンチヒッターで伺ったときにもお世話になり。
さらに昨年は「復活」公演で足利の皆様と共演させていただいたご縁から
このたび、足利でコンサートをさせていただくこととなりました。
足利公演の会場である「久叡館(きゅうえいかん)」は
田部井さんのご自宅にある(!)ギャラリースペース。
写真展や絵画展なども行われています。
定員70名の親密なスペース。
その、素敵な空間でおこなわれる「久叡館サロンコンサート」は
すでに地元の皆様の間で定着しており、
実はもうすでにお申し込みが殺到し、定員を満たしそうな勢い!だそうです。。。

チラシも、とっても素敵に仕上がりました!
写真は、足利にお店を構えるマツモト写真のカメラマン・松本拓也さんに撮影していただきました。
表面の、青空の下での写真は渡良瀬川の土手、
裏面の、ピアノと本棚と共に写る写真は田部井さんのお宅のレッスン室です♪
素敵なお写真をありがとうございます!!!

足利の方々に、私の演奏を聴いていただけるのはうれしいのですが
せっかく歌うのだから、私を応援してくださっている方々にもお聴きいただきたい。
そこで、横浜でも歌わせていただくことにいたしました。
なぜ「二俣川」なのか?
レッスンに伺っていた先生のご自宅の最寄り駅だから。
ぜひとも、先生にも、お気を楽にしてお出かけいただきたかったのです。

プログラムも、日程も、先生にご相談をして決めました。
前半は、
ここ何年か、取り組んでみたいとずっと思っていたフランス歌曲。
歌ってみたかった曲ばかりを集めました♪
コンサートタイトル「Poème d'un jour」は
今回取り上げますフォーレの歌曲集から採っています。
後半は、
昨年、足利での「復活」で歌ったマーラーの世界。
「素敵な歌曲が、いくつもあるんですよ」と、「復活」に関わった方々にご紹介したくて。
そして、いつも歌っていきたい日本歌曲。

先生も、11月を楽しみにしてくださっていました。
7月にレッスンに伺った際も、
チラシとチケットが出来たら預からせてね、宣伝するわ、と
仰ってくださっていて、コンサートの日にちもメモしてくださっていたのです。

聴いていただきたかったなぁ。。。

ここで取り上げる曲を練習しているときも
先生のお声が聞こえるような気がして・・・
これはどう歌うのがいいのかな・・・って迷っても
もう、先生にはうかがえない。
そう思うと、すごく寂しいです。
でも、
道を示してくださった先生がいらっしゃらない今、
進むべき道は、自分で探さなくては。
そのための手立てを、長い時間をかけて、教えていただいたのだから。
必死で、いろいろ試しています。


どうぞ、どうぞ、聴きにいらして、
私にご感想、ご意見、ご指導、なんでもいいです、お教えください。
そしてもちろん、しばしの間、お楽しみいただければ幸いです。
いい曲ばかり!プログラムには自信を持っています!!
しっかり歌いきれるよう、これから1ヶ月で
自分を追い込んでいきます。

先にも書きましたが
足利公演は、すでに残席間近です。。
どうぞ、横浜公演にお出かけください!
平日の夜ではありますが
JR・東横線の横浜駅から、相鉄線でたったの15分です!
二俣川駅直結、「二俣川ライフ」という駅ビルの5階、
横浜市旭区民文化センター・サンハート「音楽ホール」です!!

「音楽ホール」は、100席だけのこじんまりとしたホール。
とてもよく響く空間で、波多野睦美さんなどもコンサートをなさっているところです。
サンハートには「ホール」と「音楽ホール」の二つのホールがありますので
いらっしゃる際には、どうぞお気をつけくださいね。

お問い合わせは

takahashi_chiharu◎excite.co.jp

までどうぞ!!(◎は@に置き換えてくださいね)

よろしくお願いいたしますm(_ _)m
[PR]
by takahashi_chiharu | 2013-09-22 23:02 | 「ある日の詩」コンサート | Comments(0)