カテゴリ:リサイタルへの道2011( 14 )
松島行きなど
ちょっと時間がたってしまいましたが、
リサイタルの翌日、仙台から松島へ行きました。
JR仙石線に乗って、まずは本塩釜へ。

塩釜港から、遊覧船に乗れます。
f0232910_1818245.jpg

遊覧船から見た塩釜港。

遊覧船の窓の外には、ウミネコがたくさん・・・!
f0232910_18212088.jpg

船に乗ったお客さんがかっぱえび○んなどのお菓子を放るのを知ってるんですねー。

松島には小学生の時にも来たことがあったはずなのですが
そのときは、遊覧船にはたぶん乗らなかったので、
海に浮かぶ島々をしっかりと見るのは初めてでした。
船の中。
f0232910_18335394.jpg

遊覧船を切り盛りしているお姉さんが
松島は、海に浮かぶ大小さまざまな島のお陰で津波の衝撃が緩和されて
被害も少なかったんだ、
だけど内海で盛んに行われていた牡蠣と海苔の養殖は大打撃を受けて
「牡蠣オーナー制度」で出資金を募ったりして、養殖イカダを新たに作り、
先月ようやく養殖再開にこぎつけたとのこと。
でも牡蠣の稚貝(大きく育てる前の、牡蠣のもと)が無事だったので
本当によかったんだ、なぜなら
松島の牡蠣の稚貝が北海道の厚岸に行けば厚岸牡蠣になるし、
広島に行けば広島牡蠣になるんだと。
おかげさまで松島は宮城県内でも一番早くいろんなことが復旧したほうなんだ、
だからどんどんお客さんに来てもらって盛り上げていかなくちゃ!
と、お姉さんは焼き海苔を売ったり、テーブルを片付けたり、
次々に近づいてくる島々の紹介をしたりしながら
乗客みんなにお話をしてくれました。

船が松島に着くと、
港のすぐ近くに瑞巌寺があります。
f0232910_18325295.jpg

本堂へ続く参道。
まっすぐに伸びた参道の、かなり本堂に近いあたりに
「津波到達点」と書いた小さな立て札が地面に挿してありました。
海岸からは直線で200メートルくらい離れているでしょうか?
その地点まで到達するまでに、港を水浸しにし道路を横切り、
いろんなものを乗り越えて水が来たのでしょう。
本堂は地震の前から大改修中だったようで、
特別公開中の庫裏を見ました。
庫裏って・・・要するにお台所でしょ。。立派!!
f0232910_18395960.jpg

ちょうど紅葉の季節♪
f0232910_18372980.jpg

f0232910_18412321.jpg


しっかり拝観したらすっかりおなかが空いてしまいました。
松島さかな市場へ。
ここは「焼きガキ食べ放題」というのが有名なようでしたが、
いろいろ食べたかった私たちは、どんぶりものメニューを。
私は、海鮮丼☆あら汁☆
f0232910_18442263.jpg

ちなみにココにはこんな子が。
f0232910_18495689.jpg

伊達政宗バージョンの、スイカのペンギンくん。

・・・やっぱり焼きガキも食べたいよね・・・と思っていたら
JR松島海岸駅に向かう道沿いに、海の幸を食べさせてくれるお食事処が何軒もあって
どこも店先で、テイクアウト用の焼きガキを1個から売っているのです♪
「はねると危ないからねー、ちょっとどいててねー」
といいながら焼きガキを焼いてたおばちゃん。
f0232910_18484013.jpg

店先のベンチでさっそくいただきました!!
f0232910_18512352.jpg

おいしーい!!!
今、松島の海で育っている牡蠣たちがすくすく育って、
これから先も、松島の皆さん、宮城の皆さんがもっともっとお仕事頑張れますように、
そしてまたおいしい牡蠣を食べに来れますように♪
と願わずにはいられない美味しさでした。
牡蠣を焼いてくれてたおばちゃんに
「とっても美味しかったでーす!」って言ったら
「ありがとうございます。」って言ってくれた照れたお顔が、かわいらしかったです。

松島から仙台へは、仙石線に乗りました。
「仙石線」は仙台と石巻をつなぐ路線ですが
仙台から石巻方面への通常運行は、松島海岸駅までで
そこから先は代行バスとなっていました。

まだまだ、応援していかなくちゃ。

でも、仙台の駅前は週末ということもあってか、大賑わいで
今回の演奏会をさせていただいたホールなども、何事もなかったかのようにきれいで
でも、いろんなところを修理したりしていて・・・
とても、力強さを感じました。
仙台で、松島で、思いっきりおもてなしされてしまいました。

でも、それでいいんだと思います。

ますます、仙台だけでなく、東北各地に行きたくなりました!


今回、「絶対牛タン食べる!」と思っていたのに、チャンスを逃し。。。
そこで、仙台駅で青葉亭の「お土産牛タン」を買って、
自宅でご飯・お味噌汁・サラダ・小鉢を添えて
「なんちゃって牛タン定食」してみました。
そうは言っても・・・牛タンのうまさは本物だ!!!
f0232910_192423.jpg

見よ!この艶やかさと迫力の厚みを!
すっごく、すっごく美味しかったです・・・!!!

仙台の熱気を、お伝えできたでしょうか?
これからも、気にかけていくこと。なるべくいろんな形で応援し続けること。
私も、していきたいと思います。
by takahashi_chiharu | 2011-11-24 19:06 | リサイタルへの道2011 | Comments(0)
御礼
昨夜、リサイタル仙台公演が無事に終了しました!
ピアニストさとこちゃんのご両親や地元の先生やお友達や…
皆様に喜んでいただけたようで、ほっとしました(^-^)
仙台では、アンコールの一番最後に「ふるさと」をみんなで歌いましたが、
3番の歌詞の
「志を果たして いつの日にか帰らん」
ってこんな感じかなぁ…、と
こういう場を持たせていただいたことを改めてうれしく思いました。
地元を離れて、東京で勉強をしていても
地元で演奏会をするとなったら、リハーサルを聴いてくださる先生方や、
お手伝いをしてくれる後輩ちゃんたちがいて…
それって本当に幸せなことだと思います。
そうやって、ピアニストさとこちゃんをもり立ててくださる方々に支えられて、
全く初めてのホールで、リハーサル時間も限られた中でしたが
楽しく歌わせていただきました。
関係者の皆様、足唱ガールズはじめ仙台まで聴きに来て下さった皆様、
本当にありがとうございました。

東京よりうまくいったことと、そうでもないことと…
いつでも反省は尽きませんが、
(そしてガールズの皆様には「わりといつも反省してません?」と言われた…爆)
とりあえず終わったあとのビールは最高でした☆


取り急ぎ、御礼まで。


いい勉強させていただきました。
今年最大のヤマを越えて、
あとは楽しくマーラーなどなど…♪


そして今日は松島へ行ってきます!


写真追加。

1Fロビー。
f0232910_19342064.jpg

f0232910_1935314.jpg

ポスター。
f0232910_19355510.jpg

ホールへの階段。
f0232910_19364958.jpg

ホール内部。
f0232910_19373985.jpg


歌いやすくよいホールでした。ありがとうございました!!
by takahashi_chiharu | 2011-11-20 10:45 | リサイタルへの道2011 | Comments(0)
東京公演 入場者数と義援金のご報告
先日、無事終了いたしました、リートデュオリサイタル東京公演。

おかげさまをもちまして、

123名

のお客様にいらしていただきました(ご招待のお客様を含みます)。

本当に、ありがとうございます!!!


話はチラシ作成時に戻るのですが
チラシに使用させていただきました
マツモト写真」のカメラマン・松本拓也さん撮影の紅葉の写真、
f0232910_16253460.jpg

プロのカメラマンさんの作品なのですから、
些少で申し訳ないけれど、お礼をさせていただきたい・・・というご相談をしましたら
「そのお気持ちを義援金としてください」
とおっしゃっていただきましたので
ありがたく、そうさせていただくことにしました。

ここに、皆様からいただきましたチケット代の一部を加えまして

38250円

を、義援金として、本日
日本赤十字社に送金させていただきましたことを
ここにご報告いたします。

皆様のお気持ちを、こうして形にすることができましたこと
心から、御礼申し上げます。

リサイタルにお出かけいただきました皆様、
チケットをお買い求めいただきました皆様、
「マツモト写真」の皆様、

本当に、ありがとうございました。
by takahashi_chiharu | 2011-11-10 16:34 | リサイタルへの道2011 | Comments(1)
東京公演終了(ネタバレ注意かも・・・)☆
<仙台公演を楽しみにしていらっしゃる方へ>
どんな感じだったか、どんな曲が歌われるのか
事前にあまり知りたくない!という方は、読まないほうがよいかもです。。。
というほど詳しく中身に突っ込んだことは書きませんが。。。



あいにくのお天気ではありましたが・・・

吉祥寺でのリサイタル、
終了いたしました☆

シューマンとシューベルトは、リートの王道なだけに
まだまだ、難しいなぁ・・・と思う部分もあり、
でも、シューマンの「献呈」を歌いだす瞬間に、
なんか、ものすごく幸せだなぁ・・・♪と思えて。
ひとつずつ、空白になることなく、道を歩めたような気がします。

アンケートを読むと、
やはり、「日本歌曲が聴けたのが、良かった」とのこと・・・☆
その中でも、どの曲がお好きか、は
好みが分かれるみたいですが。

日本歌曲は、これからも、継続して勉強していきたいな・・・♪と
改めて、思いました。

そしてそして!
意外と?好評だったのが、シベリウス!!
このスケールの大きさ、ダイナミックさに
初めて触れた方も多かったと思いますが
「良かった!」というお声が、少なくなかったです。

うれしいなぁ~☆
シベリウスは、さとこちゃんと2年前からさらい始めて、
演奏会にも一度かけているし、私達の体に馴染んできたのだと思います。
馴染んだ分、さらに自由になれた。
やっぱり、時間がものをいうんだなぁ。。。
あと、今回私がスウェーデン語を暗譜で歌った、ということも
大きかったかな。
言葉のニュアンスが、より一層自分の中にぴったりきたというか。
さとこちゃんのスウェーデン語の先生に、
今回歌うシベリウスの歌詞を読んでもらって
それを聴きながら、発音もブラッシュアップさせたしね。


それもこれも、
聴きに来てくださる方々がいて、成り立つこと。
本当に、ありがとうございました。
皆様からの温かいお言葉を励みに、
一層、精進いたします。

ぜひ、今日の感想、いろいろ聞かせてくださいね♪

今日いただいたお花たち☆
手ぶらでいいっていったのに~、といいつつ、やはりうれしい。
f0232910_23181041.jpg


そして、
まだ仙台公演ありますが、とりあえず中締めってことで!
久しぶりのアルコール☆
琥珀エビス、うまー☆★☆
f0232910_23195336.jpg



とりいそぎ、 御礼まで。
本当に、ありがとうございました。
by takahashi_chiharu | 2011-11-06 23:22 | リサイタルへの道2011 | Comments(0)
いよいよ明日!
いよいよ明日、
吉祥寺でのリサイタルです☆

火曜日に、2度目の「通し稽古」を行い。
ピアニストさとこちゃんのお友達がいらしてくださいました。
やはり、人前でやる、というのは重要。
気負う部分と、人前だからこそ発揮される部分とあって。

それを踏まえて、木曜日にさとこちゃんと最後のあわせを。
ここまで来ても、まだ新たな発見がある。
こういう曲だったのかぁ~♪って。


今日は、朝から、
慶應義塾大学日吉校舎へ。
年明けにあるバッハのロ短調ミサ曲のリハーサル日だったので。
7月に伺った時よりも、
オケも合唱も、とても上手になっているなー♪と感じました。


…明日も朝から体を起こす必要があるので、
早起き→出掛ける→声だし
の、いい予行演習になったかな。

午前中いっぱいで日吉をあとにして、
家に帰ってきてからは、明日の準備と、夕ご飯を作り、食べ。
まぁ、普通に過ごしています。


新しいドレスも投入し、
受付に関する細々とした準備も済ませて、

あとは…

もう一度、楽譜を見直して♪
自分達で書いたプログラムノートを読み直して♪

いい曲なんだぁ。
皆様にも、そう感じていただけたら、いいなぁ。

明日は、あいにくのお天気のようですが…
ご一緒に、一曲ずつ、楽しみましょ♪


…あ
明日は傘をさしてのご来場になるかと思いますので
ぜひ、余計なお荷物は持たずに!
応援してくださる温かいお心だけお持ちくださいませ♪
よろしくお願いいたします。


もちろん
当日券
あります☆


ふらりとお立ちより、大歓迎です!


それでは、吉祥寺でお会いしましょう♪
by takahashi_chiharu | 2011-11-05 22:13 | リサイタルへの道2011 | Comments(0)
リサイタル通しその1&仙台グルメ情報☆
昨日の、日曜日。
あと1週間で、リサイタル本番がきてしまいます。。。

というわけで、本番と同じ時間に
「通し稽古」と称して、リサイタルで歌う曲を、ひととおり通してみました。
6日は14時開演ですから、
14時から始めて、時間も計りつつ、
休憩も、予定通り15分とって。


通して歌うと、まだまだどうしても体が固まるなぁ。。。
曲と曲の間で、どう気持ちを切り替えるのか。
感情の起伏・・・というか、どういう道を通っていくのか。
体の使い方。などなど。
考えたいことが、いろいろ。

初めて走るマラソンのコースみたいなもので、
走ってみないと、ペース配分がわからなかったり。

ひととおり通してから、気になったところを確認したりして
もう一度歌ったら、ようやく思うように声が出るようになりました。
ほっ。

この、肩の力が抜けた状態から、本番を始めたいなぁ。

明日、もう一度通すことになっています。
中日である今日は、いろんなことを復習。。。

暗譜。。。
最後の難関、シベリウス。

ここからが大事。がんばります♪


そして・・・お待たせしました!
ピアニストの智子ちゃんが、おすすめグルメ情報を教えてくれましたよ☆

牛タンなら・・・

味太助 本店
「元祖牛タン屋さん」のようです。
智子ちゃんいはく、「厚い歯ごたえのある肉、男っぽい店内です」とのこと。

利久 
仙台市内のあちこちにあるようです。関東でも有名ですね。
若者人気No.1で、メニュー豊富だそうです。

伊達の牛タン
レストランタイプの牛タン専門店。本店がおススメのようですよ。

青葉亭
「洋食アレンジの牛タンがお好きならおススメ」とのこと。
タンシチューとか・・・☆

智子ちゃんによると、
「街中を歩いていると、普通の定食屋さんでも牛タン出していますが、
専門店がやはりお勧めだと思います。。。」
とのことですよ。

うーん・・・・・楽しみ♪♪♪ 絶対食べようっと。

それから、便利なスポットとしては
仙台駅3Fに「牛たん通り・すし通り」という
コンパクトにまとまった場所があるようです。「伊達の牛タン」「利久」が入っていますね。
牛タンも気になるけど、お寿司屋さんも気になる・・・!!

おみやげ牛タンなら
伊達の牛タン(薄い肉質、みそ漬け、塩味)
青葉亭(牛タンカレー、シチュー、一枚肉ステーキ)

ですって。
それぞれのお店に行けば、買えるのかなー。

「お土産は試食をたくさんして好みのものを見つけるのがいいと思います」とのこと。
一口に「牛タン」といっても、お肉の厚さも味付けもいろいろあるみたい。

海鮮ものなら・・・
「三陸海宝漬け」が美味しいって。
あわび、いくら、めかぶが入った海のごちそうだそうです☆

聞いただけでおいしそう・・・♪

あと、笹かまぼことかもありますよねー。

それから・・・
先日、智子ちゃんがリサイタルの宣伝活動のため(!)仙台へ帰ったときに
おうちでお母さんに食べさせていただいたという
「はらこ飯」の話が・・・すごくおいしそうで・・・
軽く火を通した雄鮭の切り身とたっぷりのいくらを
ごはんに乗せた、お丼のようです。

「はらこ飯」というメニューを見かけたら、トライしてみるのも、良いかもしれません!


美味しく楽しい仙台ツアーになりますように☆
あああー、楽しみだなぁ。

・・・グルメ情報を読んで、仙台行きたくなっちゃったそこのアナタ!
仙台公演、
チケットまだあります
よ。

・・・そのまえに、まずは6日。吉祥寺から!
こちらも
チケットありますよ☆
by takahashi_chiharu | 2011-10-31 11:52 | リサイタルへの道2011 | Comments(0)
ホール打ち合わせ♪
今週はリサイタル準備のほかにも、何かとバタバタだったのですが、
明日は久しぶりの一日オフ!
暗譜
精を出したいと思います。。。

落ち着いて今の状況を振り返る。把握する。
そんな時間にしたいと思います。

そんなこんなの今週、
リサイタル東京公演を行う武蔵野公会堂
ホール打ち合わせに行ってきました!

武蔵野公会堂は吉祥寺駅から徒歩「2分」という触れ込みですが
実際には横断歩道を1回渡るので、徒歩5分くらいかな。
それでも、めちゃくちゃ近いです☆
11月6日にいらしてくださる皆様は、ぜひ電車でお越しくださいね。

ついでに、ちょっとだけ道案内を・・・
「吉祥寺駅」とはJR中央線と京王井の頭線の駅がくっついています。
どちらの路線でいらしても、皆様
公園口
に出てくださいね。
短めのエスカレーターと階段を降りていくと、目の前に
少し細くて「路線バスが通るにはちょっと狭いんじゃない??」という感じの道が
横たわっています。バスも通ります。
さ、その道を見ながら左手前方を見ると・・・
f0232910_224217.jpg

ドトールと、そして上には「パープル通り」と出ています。
なぜ紫なのかな・・・?
でも、武蔵野公会堂の愛称?も「パープルホール」というような。

とにかく、この「パープル通り」を入ってください。
30メートルくらいで、広い道と交差します。
そこには・・・
f0232910_2285753.jpg

丸井があります。
横断歩道を渡って、10メートルくらいで、左手に
f0232910_22101646.jpg

武蔵野公会堂の建物が見えます♪

ホールをお借りして演奏会や催し物をやる際には、
舞台関係のスタッフさんと打ち合わせをする必要があります。
武蔵野公会堂では舞台スタッフさんに加えて事務局の方もいらして
3人で打ち合わせをしました。
まず、利用日時・時間の確認。
舞台上のセッティング、照明の打ち合わせ、マイクなど備品の確認などなど。
今回の演奏会では、特別なことは何もしない
シンプルに歌を楽しんでいただく会にしたいので、
特に変わったことはしないのですが。
スタッフの方も事務局の方も感じの良い方で、
いろいろと教えてくださいました。

打ち合わせ時にはホールの中は特に何にも使用されていなかったので
ホールの中も見せていただきました。
客席からは舞台が見やすく、舞台上からもお客様を身近に感じることができる雰囲気。
音の響きも、残響は長すぎず、空間のまとまりがよく
今回のような、優しい、温かい曲たちを歌うには
とてもよい雰囲気なのでは、と思いました。

いいコンサートに、なりそうです。
いや、するぞ。

11月のご予定が見えなかった方も!
ちょっとふらりと、遊びにいらしていただけたらうれしいです。
チケット、まだございますよ♪
ご連絡お待ちしております!
by takahashi_chiharu | 2011-10-22 22:22 | リサイタルへの道2011 | Comments(2)
関東縦断の日。
今日は朝からコール・エッコさんのアルトパートの方々のヴォイトレをしに
栃木県佐野市へ。
来月に定期演奏会を控え、皆様それぞれ、
もっとこう歌えたらいいのになーとかここが難しいなーという
ちょっとしたお悩みをお持ちで。
お一人ずつが短い時間になってしまって申し訳なかったのですが
少しでも何かヒントを持ち帰っていただけていると、いいなぁ。
本番で、皆さんが心から楽しんで歌えますように!
大成功をお祈りしています☆

お昼の休み時間もそこそこに、
ヴォイトレのスケジュールをぎゅぎゅっとコンパクトに詰め込んでいただいて、
朝10時から午後2時過ぎまでヴォイトレをし、
今度は横浜へと移動。
皆様のお声を聞かせていただいたあとは、
今度は自分がレッスンを受ける番。
湘南新宿ラインに80分近く乗ったので
ちょっと奮発してグリーン車に乗っちゃいました♪

で、電車の中で
先日のレッスンの録音を聴いてみたわけですが

・・・ヴォイトレで、皆様にあーだこーだ言っているわりには
なんじゃこりゃ、な私の声www
ああ、いい声で歌いたいなぁ。
気持ちだけじゃなく、体もきちっと使えるように
もう一度、細部を見直してみよう。

そんなことを思いつつ、横浜の先生のお宅へ。
先日は、別の先生にピアニスト目線でいろいろ仰っていただいたわけですが
あのレッスンで音楽の方向性に迷いが減って、やりたいことが濃くなっていたので
今日は、どの曲も最初に歌ったときからしっかりと
「表現する」ことができていたように思います。
そんな私達の演奏の、
歌い手である私の、技術的な面についてアドヴァイスをいただき。

その中で、「調を変える」ということが起こりました。

・・・私達が歌っているクラシックの歌曲は
作曲家が曲を作ったときの、原曲のキー(原調)のままの楽譜のほかに、
キーを下げた状態を譜面にしたもの(移調譜といいます)も出版されています。
ソプラノやテノール用は「高声用(または原調版)」、
メゾソプラノやバリトン用は「中声用」、アルトやバス用は「低声用」、
と書かれた楽譜があるということ。
つまり、ひとつの曲に3種類の楽譜がある場合もある、ということです。

私はメゾソプラノ。
ですが、低いキーでも歌える、けど
「高いキーでも歌える」という、厄介なパートでもあるのです。

たかが音の高さの違い、
どっちでもいいんじゃない?と思われるかもしれませんが
その曲にはどんな声がふさわしいのか、
明るい声、優しい声、深い声、かわいい声・・・
曲の雰囲気、詩の内容を見つつ、
私にふさわしいのはどのキーなのか、
いろいろ歌って、慎重に聞き比べをしてみないといけないのです。

これはメゾ(またはバリトン)の宿命。
ソプラノさん(またはテノール)はこういうことはあまりしないのではないでしょうか。

で、
私なりに歌い比べて、調を選んだつもりでも、
第三者である先生に聴いていただいた結果・・・
「中声用」で歌おうとしていた曲を、2曲
「高声用」へ変更と相成りました。

うん、まぁ、自分でも納得してしまいました。
ちょっと渋く?というか憂いを帯びた感じに歌いたくて、低めの調を選んだけど
私の声にどストライクなのは、高めな原曲のキーだったんだなぁ・・・
小手先のところで表現をつくるのではなく
自分の一番いい声で、音楽を作っていくこと
そういうところから逃げないこと。

ピアニストさとこちゃんは、レッスンのその場で
練習していた調から、違う調へ「移調して」伴奏を弾いてくれました。。。
この期に及んでの変更・・・申し訳ないやら、ありがたいやら。


こうして、リサイタルの全体像が見えてきました。
暗譜も着々と・・・していかねば!

そろそろ、トライアスロン、じゃなかった
通し稽古に向けて、
曲と曲とのつながり、または頭の切り替えを視野に入れて
練習を進めます。
by takahashi_chiharu | 2011-10-16 22:55 | リサイタルへの道2011 | Comments(0)
ピアニスト目線なレッスン。
今日は、ピアニストさとこちゃんの先生に
リサイタルで歌うリートを見ていただきました。

私が、自分の先生のところへ行ってレッスン見ていただくときには、
歌い手である先生に、歌い手としての音楽の作り方、表現の仕方、
発音や発声の仕方・・・を中心に見ていただくわけですが、
さとこちゃんの先生は、伴奏者としての経験をたくさん積んでこられた方であり
当然、ピアニストさんなので
「ピアニスト目線」なレッスンをしてくださるわけです。

今回のリサイタルでは、ドイツ語による「リート」は
シューマンとシューベルトの作品を取り上げますが
シューマンは、もともとピアニスト志望だったこともあり
歌曲のピアノパートは、第2のメロディを奏でているかのように
密接に、歌のメロディと絡み合っているのです。
先生には
「歌とピアノが、もっと絡んだり、受け答えしたり、引き立てあったり
すればいいのよ~」
と・・・
また、すこし先生の伴奏で歌ってみたりもしましたが
言葉を自然に語るということがとても大事で、
不必要に詩のリズムをせき止め過ぎたり、
逆に、大切な言葉を十分に味わうことなく進んでしまったりすると
途端に、ピアノパートも生かされなくなる、ということが
非常によくわかりました・・・
シューマンのリートを4曲見ていただいているうちに、
どんどん、なにか鎖のようなものから自由になって
自由に大胆に、思いに浸って歌うように、
気持ちと体が変化していったように思います。

シューベルトでは、よく知られた「ます」を歌いますが
爽やかな岸辺、明るく澄んだ水に、
矢のように敏捷に泳ぐます・・・ という感じにしたい、けど
なにか違う。。。と二人して思っていたところでした。
すると先生が、
「こういうのにはちょっとコツがあるのよ」と
技術的なアドヴァイスをしてくださったら
さとこちゃんのピアノの音がぐんぐん変わる変わる。
とたんに音がますますキラキラに・・・☆
・・・こうなったら私の歌も、もっとキレのある、
すばしっこく泳ぐ「ます」にしていかなくちゃ~!!
と、わくわくしましたー♪

レッスンでみていただく、ってやっぱり、いいものです。
先生のちょっとした一言、ちょっとしたアドヴァイスで
自分たちの演奏がぐんぐん変わって、音楽が息づくようになる。
その変わりようは、なんだか魔法のようで。
もちろん、レッスンに伺うまでに、自分たちで試行錯誤して、
「こうだと思う!」という思いのたけを聴いていただくのだけど
私もさとこちゃんも、まだまだ、駆け出しな演奏家なわけで。
そこへいくと、「先生」という方々は、ものすごい経験を積んでこられたわけで
「私だって最近やっと、この方向かな~って見えてきたこととかあるんだから~
もっともっと悩みなさーい」なんて仰っていたけれど

大好きな曲たちを、前よりもっと生き生きと歌えていることを
なんだか切ないくらい幸せに思いながら
やっぱり、この辺でいいかーとか思わないで、
求め続けていくことなんだろうなぁ・・・ と
思ったりしたのでした。

今日のレッスンを経て、
先生に見せていただいた魔法を
今度は、私たちのオリジナルバージョンで生み出すべく
あれこれ、こねてみる番です。

でも、今日は、技術的なことだけでなく
音楽への向き合い方、気持ちの向け方も教えていただき
背中を押していただけたから。

こちらの先生にも
「いいプログラムね」と仰っていただきましたし☆

がんばります!

間髪いれず、
日曜日にはまたまたレッスンへ。
今度は「リートレッスン・歌い手目線バージョン」の予定。
by takahashi_chiharu | 2011-10-14 23:54 | リサイタルへの道2011 | Comments(0)
中田作品レッスン♪
今日はリサイタルで歌う中田喜直作品を見ていただくため、
ピアニストのさとこちゃんと一緒にレッスンに行ってきました。
先生のところへ伺うのは、久しぶり。

リサイタルで歌う順に、聞いていただき。


金子みすゞ詩による童謡歌曲集「ほしとたんぽぽ」より

 こだまでしょうか
 わたしと ことりと すずと
 ほしと たんぽぽ


鳩笛の歌 (清水みのる 詩)

ゆく春 (小野芳照 詩)

おかあさん (堀内幸枝 詩)



の6曲です。
先生が「いいプログラムね」と仰ってくださいました☆
よかった♪

レッスンに行って、改めて思ったこと。

日本人が、日本人の前で、日本語の詩による歌をうたう。
詩人が選んだ言葉とその情感が、過不足なく伝わるように。
そう思って、詩を朗読してみてから歌うのですが
どうも、歌になると余計なことをしてしまう。
朗読するときには何も考えなくても抑揚がつくものですが
歌になると・・・まだまだ、声のこと、自分の都合で
余計なところが出っ張ったり、引っ込んだり。

あったかく、やさしく、素直なうたが
歌えるようになりたいです。

久しぶりに先生のところへ伺って、緊張したのですが
やっぱり、楽しかったー!!
自分たちだけで「あーでもない、こーでもない」とやっていたことに
素晴らしいヒントをたくさんいただいて、
曲に流れている「血」みたいなものが、もっとずっと濃くなって
温かく通うようになるといいますか。
特に、2月のコンクールのためにがっつりさらってあった「ゆく春」を
ここにきて、もう一度みていただいたら
詩の世界が、より一層、ダイナミックに跳躍したような
気がしました。


陽だまりの暖かさ、北風の寒さ、
星の輝き、月夜の明るさ―
中田作品に出てくる、これらの「情景」。
私が捉えているものと、お客様が抱いていらっしゃるものは
まったく一緒ではなくても、きっと「近しい」はず。
同じ国で、生まれ育っているのですから。

聴いてくださる皆様の心の中の風景に寄り添えるような、
「近しい」うたが歌えたら・・・☆

まだまだ、やることがいっぱいあります。

でも、どの歌もほんとーうにいい曲なので
練習は、すっごく楽しいです☆

皆様にも、聴いていただきたいなぁ。


10月も半ばに差し掛かってまいりました。
どの曲も、ぎゅぎゅっと
濃いものにしていきたいです!
by takahashi_chiharu | 2011-10-09 21:49 | リサイタルへの道2011 | Comments(2)
  

メゾソプラノ・高橋ちはるの活動をつづっていきます。(Photo:篠原栄治) *ブログ内の写真・文章の無断複写・転用はご遠慮下さい。リンク大歓迎ですが、ひと言ご連絡いただけますと助かりますm(_ _)m
by ちはる
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
♪演奏会のご案内♪
お問い合わせは
takahashi_chiharuあっとexcite.co.jp
(あっとは@と変換して下さい)
までどうぞ!お会いできるのを楽しみにしています♪
レッスンのお問い合わせも
上記アドレスまでお気軽に♪

★コンサート情報★

4月13-16日
【バッハ・コレギウム・ジャパン受難節コンサート2017
「マタイ受難曲」ツアー】
4/13 18:30開演
愛知県芸術劇場コンサートホール
4/14 18:30開演
東京オペラシティコンサートホール
4/15 16:00開演
彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール
4/16 15:00開演
長野県・松本ハーモニーホール

4月23日(日)
【横浜交響楽団第678回定期演奏会「青少年のための音楽会」】
14時開演/神奈川県立音楽堂
ドヴォルザーク:スターバト・マーテルのソリストを務めます。

4月29日(土・祝)
【胸躍るロマン派の音楽】
13:30開演/まちスポ稲毛
BCJ等でご一緒しているソプラノ藤崎美苗さんとソロ&2重唱でロマン派リートの数々を御楽しみいただきます。

5月14日(日)
【志木第九の会第18回定期演奏会】
14時開演
和光市文化センター・サンアゼリア大ホール
ハイドン:四季 
ヴォイストレーナーとしてご指導に関わっている志木第九の会
合唱で参加します。

5月20日・21日
【バッハ・コレギウム・ジャパン J・S・バッハ教会カンタータシリーズvol.72】
5/20 15時開演/東京オペラシティ・コンサートホール
5/21 15時開演/神戸松蔭女子学院大学チャペル

5月27日(土)
コロスタシアAnnex 教会コンサートシリーズvol.3 「花のうた」】
14時開演/日本基督教団 代官山教会
ソロと女声アンサンブルで綴る花の時間。
当グループ・レジデンスコンポーザー久保田翠さんによる新作初演も。

6月2日・3日
【新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会】
ハイドン:天地創造 合唱団コーロ・リベロ・クラシコ・アウメンタートのメンバーとして参加します。
6/2(金)19時開演 すみだトリフォニーホール
6/3(土)14時開演 すみだトリフォニーホール

7月15日・17日
【バッハ・コレギウム・ジャパン J・S・バッハ世俗カンタータシリーズvol.9(シリーズ完結)】
7/15 15時開演/神戸松蔭女子学院大学チャペル
7/17 15時開演/東京オペラシティ・コンサートホール

8月8日(火)
アンサンブル・ヴァガボンズ第1回公演】
コントラバス奏者・西澤誠治さんの、読響卒業記念公演。
マーラー:「大地の歌」(室内楽版)のソリストを務めます。
19時開演/渋谷区総合文化センター大和田 さくらホール


☆リンク集☆
―ブログ―
私の叔父、落語家なんです。
八代目春風亭柳橋HP

藝大での門下の素敵な先輩、
北村さおりさんのブログ。
小さき花の詩

藝大同期のソプラノ・栗原未和さん。
ムジカクリハラのオフタイム

ウィーンで同じ先生の下で共に学んだソプラノ・篠﨑加奈子さん。演奏に指導に活躍中!
加奈子のたららん うたレシピ♪

加奈子ちゃんのお姉様であり、音楽教室を主宰なさっている篠﨑左和子さん。
ひだりわこの音楽日記

チラシ制作にご協力いただきました足利市「マツモト写真」さん。若女将の日々感じていらっしゃること。
若女将の修行日記

オランダを拠点に活躍するフルート・トラヴェルソ奏者・築城玲子さんのHP♪お写真がとても素敵。
Reiko Tsuiki

―演奏団体―
2017-18シーズンも出演させていただきます。
「未来へ紡ぐ、バッハの響き」をどうぞご一緒に。
定期会員募集中!
バッハ・コレギウム・ジャパン

次回公演を乞うご期待!
アンサンブル・ミリム

NEW!!
女声6人による新ユニット「コロスタシアAnnex」のHPができましたー!!!今後の展開をどうぞお見逃しなく!
コロスタシアAnnex

次回演奏会に向け、ハイドン「四季」に取り組んでいます♪
志木第九の会

次回演奏会は2017年5月、ヘンデル「メサイア」です。
東京バロックスコラーズ

数多くのカンタータを演奏、たくさん勉強させていただきました。
ターフェルムジーク鎌倉

熊谷女子高校出身者による演奏団体です。
つぼみの会
お気に入りブログ
最新のコメント
> M生さん ありがと..
by takahashi_chiharu at 07:43
前回の桜の写真といい、構..
by M生 at 08:19
ありがとうございます!!..
by takahashi_chiharu at 11:29
アンケートをお渡しするの..
by M生 at 10:09
いつもコメントありがとう..
by takahashi_chiharu at 16:25
こんにちは。 いつもご..
by desire_san at 13:29
>S生さま ありがとうご..
by takahashi_chiharu at 08:44
リヨンでの演奏会は大受け..
by S生 at 17:30
こんばんは。 九段教会..
by desire_san at 23:10
>M生さま お出かけい..
by takahashi_chiharu at 23:42
最新の記事
横浜交響楽団 ドヴォルザーク..
at 2017-04-23 22:09
BCJマタイツアー2017、..
at 2017-04-16 22:31
昨日。
at 2017-04-10 08:09
さくっとお花見
at 2017-04-08 09:33
ヨコハマタイ終演♪
at 2017-03-26 08:43
検索
ブログジャンル
音楽
日々の出来事