カテゴリ:お知らせ( 79 )

アンサンブル・ヴァガボンズ第1回公演

いろんな公演が終わっていく ということは、
その次に控えている公演がやってくる ということで。

個人的「今年のハイライト」となりそうな公演も
じわじわと、しかし確実に近づいてきています。

f0232910_10093818.jpg

f0232910_10093979.jpg


BCJでお世話になっているコントラバス奏者の西澤誠治さんを中心に、
ヴィオラの成田寛さん、ヴァイオリンの原田陽さんとで結成された
アンサンブル・ヴァガボンズ。
第1回公演は、西澤さんの読売日本交響楽団ご卒業を記念して、
西澤さんが「こんなのやってみたかった」と仰るプログラムをお送りします。
指揮は下野竜也さん。
私はマーラー「大地の歌」のアルトソロを務めさせていただきます。
テノールソロは中嶋克彦さん。

マーラーの歌曲を勉強し、シェーンベルクのことも勉強する中でその存在を知っていた
「大地の歌」の室内楽版(シェーンベルク編曲)。
こんなのあるんだぁ、いつか歌ってみたいけど…
と思っていた夢が、叶おうとしています。

先日の「天地創造」で、モダン楽器の音色を間近に聴けたことが、とてもありがたかったです。
古楽器とモダン楽器、どちらにも素敵な味わいと美しさがあるのですが、
印象は随分と違うものです。
(さらに先日の「天地創造」では、
ハイドンを演奏するにあたって相応しい音色に調整なさっていたとは思いますが)
そして、耳からの影響というものは、自分が思っている以上に大きいものです。
天地の合間から、大地に思いを馳せつつ、オケの音を聴いていました。

今回の「大地の歌」は室内楽版。ほとんどのパートはお一人ずつのアンサンブルです。
自分の声も音楽のパーツのひとつとして、
モダン楽器の皆様とアンサンブルできるようにしていきたいです。

なおかつ、歌い手だけがやる重要な任務、
言葉を語る。
小手先でない表現を目指したいです。

頑張ろう。
といいつつ、ものすごい豪華メンバーすぎて今からガクガクブルブルです。
コツコツ準備すすめています。
どうぞどうぞ、応援にいらしてくださいませ。
末広がりの八月八日、夜のご予定が空いていらっしゃる方は
ぜひとも大和田さくらホールへ!
チケットご用命くださいませ。

by takahashi_chiharu | 2017-06-06 09:41 | お知らせ | Comments(0)

いよいよ「うたごよみ」♪

「うたごよみ vol.2 -春のうた-」、
いよいよ明日となりました。
若干数ですが、当日券を販売いたします。
当日券の販売は13:30(開場時間)からとさせていただきます。

会場の正式名称は「日本基督教団 代官山教会」です。周辺には他にも教会や結婚式場等がありますのでどうぞご注意ください。
東横線代官山駅中央口より徒歩5分ほど、赤い建物です。

f0232910_18262109.jpg


どうぞお気をつけてお出かけください。
皆様と春のひとときご一緒できますことを楽しみに、がんばります♪

by takahashi_chiharu | 2017-03-19 18:24 | お知らせ | Comments(0)

うたごよみ vol.2 -春のうた-

ブリテンとマーラーのことを思い続けた日々・・・苦しかったような、幸せだったような。

私の次のターゲットは、「ヴォルフ」です!
f0232910_13044413.jpg

f0232910_13044538.jpg
********************
【うたごよみ vol.2 ー春のうたー】

四季の移ろいと共に木立の佇まいがかわるように、
その折々に歌いたいうた。
季節をめぐる風の肌触りがかわるように、
その折々に聴きたいうた。
うたで暦をめくるように。 うたごよみ。

2017年3月20日(月・祝) 13:30開場/14:00開演
代官山教会(東横線「代官山」駅より徒歩5分)

出演:
高橋ちはる(メゾソプラノ)
千葉かほる(ピアノ)

プログラム:
フーゴー・ヴォルフの歌曲をあつめて
 春に/四季すべて春
 「スペイン歌曲集(宗教曲集)」より ああ、幼子の瞳は 他
                         
日本歌曲による「うたの花束」
 木下牧子:ほんとにきれい
 團伊玖磨:藤の花
 中田喜直:さくら横ちょう 他

チケット:全席自由 3000円

お問い合わせ:
うたごよみコンサート事務局 poemedunjour@gmail.com
********************

2015年10月に第1回目のコンサートをおこないました
「うたごよみ」シリーズ。
満を持して、第2弾を開催します!!

コンサートタイトルはこのブログから来ています。
四季折々の情景に心を託した日本歌曲と、季節ごとにセレクトした外国語の曲。
今回は、フーゴー・ヴォルフの作品の中から、春に合う感じの歌曲と、
春を感じる日本歌曲を。

すべての葉を落とした木々の枝たちが、めぐり来る時をじっと待つ・・・そんな冬から
草が萌え出で、葉が芽吹き、花がほころぶ春を迎えると
生命の喜びを感じるのは、私だけではないと思います。
また、私が、毎年春に受難曲の演奏に関わるようになって、もう何年経つでしょう・・・
私の中で「春」は生と死を思い、自らの心を振り返る
そんな季節になっていきました。

それと、春って
空気の匂いが変わって、なんだかちょっときゅんとして
あったかくなってきて身体がほぐれて、心もゆるんでほっとして
そんな気持ちになりませんか?

そんな、私が春に感じているあれこれを詰め合わせて
春に聴きたい、春に歌いたい歌を集めたのが
今回のコンサートです。

今回取り上げる作品について。
フーゴー・ヴォルフの歌曲は
春を感じられる作品と、「スペイン歌曲集」の〈宗教歌曲編〉から選びました。
ウィーンにいた時、寒い寒い日々がずーっと続いたあと、
イースターを迎える時期になると、街中にイースターエッグやうさぎのディスプレイが溢れて
うきうき嬉しかったことを思い出します。
からりとよく晴れた日が多い関東の冬しか知らなかった私は
冬が寒くて暗いからこそ、春が嬉しいんだなぁ、と
その時ようやく、ヨーロッパの人たちが春を迎える気持ちが
解ったような気がしたものです。
ヴォルフはウィーンの作曲家。おそらく彼も「春が来る喜び」を愛していたことでしょう。
それと、「スペイン歌曲集」の〈宗教歌曲編〉。
私にとっては、大切な試験やコンクールのために勉強した曲が含まれています。
なんと言ったらいいのか・・・切なく込み上げる熱いものがある、
歌えば歌うほど感動する、大好きな曲です。
歌ってわかった、ヴォルフのよさ、
もっときちんと取り組んで、もっと知りたいと思っています。

プログラムの半分は、日本歌曲を歌います。
日本の春の美しさ。咲き誇るお花たち。
散り際まで人を魅了する桜が代表するように、
春のはじめも、その盛りも、その終わりも、それぞれに素敵な
様々な春の情景を描いた曲や、いろんなお花の歌を集めてみました。
歌が描き出す様々な心情の中に、きっと共感していただけるものがあるのではないかと。

ピアノは千葉かほる先生。
藝大でとってもお世話になってきたかほる先生と
久々に共演させていただきます。楽しみ!!!

今回のチラシも、
足利市にあります「マツモト写真」の松本拓也さんが製作してくださった作品をベースに
デザイナーの近藤春菜さんにレイアウトデザインしていただきました。
こんなに・・・こんなに素敵に作ってくださって、ありがとうございます!
このチラシのイメージから、「じゃあこんな曲も入れようかな~」と
インスパイアされた部分も、たくさんあります。

会場は、昨年コロスタシアAnnexのコンサートでお世話になりました
代官山教会を使わせていただきます。
今回のヴォルフを歌うのに、きっとぴったりの会場です。
お客様と演者の距離も近く、かつ音響もよい空間です。
春の代官山に、ぜひ遊びにいらしてくださいませ!

チケットは、私へご連絡いただくか
うたごよみコンサート事務局:poemedunjour@gmail.com でも承ります。

どうぞよろしくお願いいたします!

by takahashi_chiharu | 2016-12-14 13:02 | お知らせ | Comments(0)

鎌倉雪ノ下教会クリスマスコンサート

クリスマスシーズンに突入しましたね。
今週末は、こちらのコンサートに出演いたします。
クリスマスの時期に聴きたいオルガン曲&クリスマスキャロルを
御楽しみいただけると思います。
間際のご案内で恐縮ですが、
ご興味おありの方は、お早めにご連絡くださいませ!

************************
Chirstmas Concert - 鈴木優人のオルガンとBCJの歌い手によるクリスマスコンサート

出演
鈴木 優人(オルガン)
清水 梢(ソプラノ)
高橋 ちはる(アルト)
水越 啓(テノール)
浦野 智行(バス)

プログラム
オルガン独奏:J.S.バッハ「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」によるコラール前奏曲 BWV659他
クリスマスの歌の数々 会衆賛美歌など

予約・問い合わせ
E-mail: concert@yukinoshita.or.jp
Tel: 090-4372-5878(アラキ)
こちらの メールフォーム からも、チケットのお申し込みいただけるようです。

f0232910_20164390.jpg
f0232910_20172636.jpg

************************
ここから2週間ほど、怒涛の日々です。。
なにしろ、
「アネックスのクリスマス」(12/5@根津教会)と、
「無垢と犠牲 ベンジャミン・ブリテン没後40周年記念レクチャーコンサート」(12/11@やなか音楽ホール)の
準備も平行しておこないつつ、
今回ご案内している、鎌倉雪ノ下教会でのクリスマスコンサートの
準備もおこなっているので・・・

ひとつひとつ、その場その場で集中して!
と自分に言い聞かせる。

by takahashi_chiharu | 2016-11-28 20:31 | お知らせ | Comments(0)

東京神学大学メサイア音楽礼拝2016

今年も、東京神学大学でのメサイア音楽礼拝に参加します。
ここで歌わせていただけることを毎年楽しみにしています。
いつもとても温かい雰囲気に満ちています。
とはいえ、礼拝堂へは温かい服装で、
ぜひお出かけください。

f0232910_10150457.jpg
f0232910_10151093.jpg

『東京神学大学メサイア音楽礼拝』
2016年12月12日(月)
開場18:00 開始18:30
会場 東京神学大学礼拝堂 (武蔵境・三鷹・調布よりバス)
説教者:焼山満里子(東京神学大学准教授)
指揮・テノール:宮内隆
ソプラノ:森野百合
アルト:高橋ちはる
バリトン:中川郁太郎
オルガン:中川紫音
コーラス:東京神学大学学生会コーラス部


by takahashi_chiharu | 2016-11-22 10:16 | お知らせ | Comments(2)

NHK中部ネイチャーシリーズ 全国放送のお知らせ

NHKの中部地域のみで放送されている番組
「中部ネイチャーシリーズ」。
以前、テーマ曲を歌わせていただいたのですが
今年度のシリーズでも同じテーマ曲をお使いいただいているようで、
ありがたいことです。
テーマ曲について、服部隆之さんインタビュー。

とても素晴らしい番組であることから
11/9からBS1で夜9時から、四夜連続で全国放送されるそうです。
NHK中部ネイチャーシリーズ 躍動する大自然 奇跡の絶景ストーリー

私の姿も名前も出て来ませんが、確かに私が歌っております!
以前、「ネイチャーコンサート」に出演させていただいた時はこんな感じでした。
南北アルプス・福井の海岸・伊勢志摩の海の絶景をご覧になりつつ、
テーマ曲にもお耳をお貸しいただけましたら幸いです。
私も録画して、あとでゆっくり拝見したいと思います!

by takahashi_chiharu | 2016-11-06 23:30 | お知らせ | Comments(0)

青木洋也バッハプロジェクト2017 「ロ短調ミサ曲」

来年のことを言うと鬼が笑うとか言いますが、
もうすでに、来年のことがどんどん発表されているのが音楽業界。

来週はBCJで「ロ短調ミサ曲」ウィークですが、
来年1月21日にも、紀尾井ホールで「ロ短調」の演奏会があります。

f0232910_16003340.jpg

f0232910_16004214.jpg

BCJでご一緒している青木洋也さんが指揮をされつつアルトのソロを歌われ、
私は合唱で参加します。
歌&オケ共に素晴らしいメンバーでの演奏、
きっと熱い演奏になるものと思います。
今からすでにワクワクです♪

すでにあちこちからお問い合わせいただいております。
出演者枠として、
良席チケット、持っております☆
もし、ご興味ありましたらお早めにご連絡下さい。

何度歌っても歌い飽きることのない、偉大な作品
それが「ロ短調」。
今年は春のヨーロッパツアーでも何度も歌いましたが
また歌えることが嬉しい。

バッハは本当にすごい。

by takahashi_chiharu | 2016-11-02 16:06 | お知らせ | Comments(0)

アネックスのクリスマス -久しく待ちにし-

初夏には「蔵で聴く」コンサートシリーズをお送りしたコロスタシアAnnexですが、
12月にはクリスマスコンサートをおこないます!
f0232910_15012669.jpg

f0232910_15012790.jpg


12月5日(月)19時開演です。
会場となる根津教会は、レトロな雰囲気の残る素敵なお御堂。
今回も、私たちのために特別にアレンジされたバージョンでのクリスマスキャロルをはじめ
リラックスしてお聴きいただける楽しい曲を集めました!
サブタイトルの「久しく待ちにし」は
昔から歌われてきた有名なクリスマスキャロルのタイトル。
なんといえばいいのか…敬虔な、ワクワクしながらも心のどこかがしんとする、大好きな曲です。
月曜日の夜ですが、少し早めのクリスマスコンサートで
皆様の心にぽっと灯りをともせたら…
ぜひお出かけください♪

コロスタシアAnnexのHPもできました!
http://chorostasiaannnex.wixsite.com/chorostasia-annex
ぜひアクセスしてみてくださいね。

実は、私以外のメンバーは「お呼ばれアネックス」と称して
東京ガーデンパレスホテルのチャペルでのランチタイムコンサート(10/23)や、
佐倉教会でのチャーチコンサートへの出演(10/29)を控え
お稽古も佳境のようです!
私は… 今月はもう手一杯でして(>_<)
泣く泣く出演を諦めたのでした(T_T)
この二つのコンサートも、ぜひぜひチェックしてみてくださいね!




by takahashi_chiharu | 2016-10-18 14:50 | お知らせ | Comments(0)

「無垢と犠牲」 ベンジャミン・ブリテン没後40周年記念レクチャーコンサート

今年は、ベンジャミン・ブリテン没後40周年だそうで、こんな企画が進行中です。


f0232910_17011518.jpg

f0232910_17010483.jpg

************************

無垢と犠牲 Innocence and Sacrifice
 ―ブリテンとマーラーの歌曲における「子供」の世界―

今年(2016年)、没後40年を迎えるイギリスの作曲家ベンジャミン・ブリテン(1913〜1976)。
彼にとって「子供」は、創作上、最も重要な主題のひとつでした。「子供」とは、ブリテンにとって、汚れのない、純粋なる「無垢」を象徴する存在であり、それと同時に、その喪失や犠牲が、彼の作品の中では劇的なドラマを生み出します。
興味深いことに、ブリテンが敬愛し、そして深く影響を受けた作曲家であるグスタフ・マーラーもまた、歌曲の中で幾度となく「子供」の世界を取り上げました。このリサイタルでは、ふたりの作曲家の「子供」の世界を、交差するふたりの声を通して描き出していきます。

【日時・会場】
2016年12月11日(日) 14:00開演/13:30開場
やなか音楽ホール
(JR・地下鉄千代田線「西日暮里」駅より徒歩4分)

【出演】
高橋ちはる(Mez)
初谷敬史(Ten)
斉藤龍(Pf)
向井大策(構成・解説)

【プログラム】
ベンジャミン・ブリテン :
 4つのフランス語の歌より
 《子守歌のお守り》op.41
 カンティクル第2番《アブラハムとイサク》op.51

グスタフ・マーラー :
 《不思議な少年の角笛》より
 《亡き子をしのぶ歌》より

【チケット】
全席自由 3000円

************************

ブリテン研究に取り組み続ける音楽学者・向井大策さんとお話をすすめ、
このたび実現の運びとなりました。
まったく手作りのレクチャーコンサートですが、
向井さんのお話に導かれてブリテンとマーラーの作品に接するひとときは
きっと味わい深いものとなると思います。
私も出演者ながらお話を伺うのを楽しみにしています。


私にとってはマーラー「亡き子をしのぶ歌」が、胸に迫るチャレンジです。
よくよく曲を咀嚼していきたいと思っています。


師走の日曜日、どなた様もお忙しいことと存じますが、ご予定いただけましたら幸いです。


by takahashi_chiharu | 2016-09-25 17:05 | お知らせ | Comments(0)

東京レディース・シンガーズ第40回定期公演&CD!

8月になりました!
夏は、コンサートはすこし少なくなる一方で、
秋に向けての準備をする時期です!
暑さに負けず、お稽古に自主勉強に。
のんびりしつつも、進めています。
こちらのコンサートの練習も、始まりました!
f0232910_09363273.jpg

f0232910_10201236.jpg

*********************************
【東京レディース・シンガーズ 第40回定期公演】
《化身の春》 -西村 朗  和歌・短歌による作品集-

日時: 2016年10月19日(水)  開場:18:30/開演:19:00
会場: 紀尾井ホール 

指 揮/前田 二生  
お話/西村 朗
女声合唱/東京レディース・シンガーズ

ピアノ/東 由輝子


~ 曲 目 ~

◇無伴奏女声合唱のための組曲「祇園双紙」(短歌:吉井 勇)
 祇園/舞姫/河原蓬/おれん/嵐山

◇女声合唱とピアノための組曲「花紅」(短歌:与謝野晶子)
  おごりの春の/はたち妻/くろ髪の


◇委嘱作品初演
 無伴奏女声合唱のための「ちぎりあれば」(和歌:藤原家降)


◇委嘱作品初演
 女声合唱とピアノのための組曲「化身の春」(「古今集」「新古今集」より)
  恋しくば/鳥羽玉の/春に霞める
*********************************
「N響アワー」の司会も務めていらっしゃった、
作曲家・西村朗先生の作品をあつめたコンサート。
それも、テキストは和歌・短歌を用いたもののみで。
雅な雰囲気いっぱいのコンサートになりそうです!
ぜひぜひお運び下さい。

それと・・・
東京レディース・シンガーズでは、
数多くのレコーディングもしていまして
こんなCDが発売になりました!

f0232910_10392795.jpg
【女声コーラス、朝ドラを歌う~NHK連続テレビ小説テーマ曲集~】
●東京レディース・シンガーズ待望の新作はNHKTVから流れるお茶の間ヒット曲集。朝ドラのテーマ曲として有名になった懐かしい「おはなはん」から、「晴れたらいいね」「春よ、来い」「ありがとう」「にじいろ」「麦の唄」・・・そしていま話題の「365日の紙飛行機」まで、ヒット曲をカバー。「あまちゃん」はオープニングテーマをヴォカリーズで歌っています。さらに加えて、録音希望が寄せられていた「花は咲く」「BELIEVE」「Birthday」「Stand Alone」も収録。心にしみいるようなレディース・コーラスの世界をお楽しみください。(キングレコードHPより)

歌:東京レディース・シンガーズ
指揮:前田二生 ピアノ:東由輝子
録音:2016年4月18日、5月11日 キング関口台スタジオ【96kHz/24bit 録音】

私も収録に参加しています。
ぜひお手にとってみて下さいね♪




by takahashi_chiharu | 2016-08-05 10:49 | お知らせ | Comments(0)