演奏会のご案内

今後の演奏会の予定はこちらをご覧ください。
(PC版ではブログ記事横にも表示しております)

皆様のご来場をお待ちしております!

[PR]

# by takahashi_chiharu | 2017-12-31 23:59 | Comments(0)

お盆休み♪

「大地の歌」が無事終わり、
ホッとした日々を過ごしています。

8月11日には、中学校の同窓会が!
成人式の時以来。実に○○年ぶり!!
気持ちは中学生に舞い戻り。楽しかったなぁ~~。

8月12日には
三笑亭可風師匠の落語会が、わたしの地元・熊谷で行われました!!

f0232910_23044639.jpg
公民館の備え付け椅子をすべて出す大盛況!
100名を越すお客様においでいただきました。
こちらが可風師匠。
f0232910_23061802.jpg
前座の春風亭かん橋さんとご一緒に。
f0232910_23101669.jpg
あらっ?
f0232910_23104792.jpg
私は落語家になったわけではありません(笑)が、
急遽の飛び入りでちょこっと歌わせてもらいました。
浜辺の歌、シューベルトの「ます」、夏の思い出。
私のことを赤ちゃんのころから知っているおじいちゃんおばあちゃんや、
ぜんじつの同窓会で急に誘った中学の同級生に歌を聴いてもらえてよかったです。


可風師匠はソフトな語り口で面白いお話。
熊谷のお客様にもご好評いただけたようでした♪

f0232910_23111824.jpg
熊谷近辺の皆様、可風師匠をどうぞよろしくお願いいたします!!

そのあとは、車でおでかけしたり、お食事したり。

あっという間にお休みは終わり、
近々やってくるコンサートの準備をしなくては。
まずは、8/20(日)と8/24(木)に行われる
「なつやすみ ポケットコンサート」!!
8月20日の六本木公演・午後の部(14時開演)のみ、まだお席ご案内できます!!
ぜひ遊びに来てくださーい!
f0232910_13444379.jpg
f0232910_13454446.jpg
そして、9月3日(日)の「めぐる想い」。
こちらも、いい歌いろいろご用意してお待ちしております!!
(ちょっと・・・宣伝苦戦しております。。遊びにいらしてくださいませー!!)
f0232910_14101601.jpg
f0232910_14101751.jpg
あーーこうしてあっという間に季節はめぐる。。
秋から冬は、けっこう忙しそうな雰囲気。。
今のうちに、いろいろ心積もり、しておきたいところです。


[PR]

# by takahashi_chiharu | 2017-08-16 23:28 | 日々のこと | Comments(0)

アンサンブル・ヴァガボンズ第1回公演、終演!!!

なんだか・・・あれは夢だったのかな、、という気持ちです。
アンサンブル・ヴァガボンズ旗揚げ公演、大地の歌終演しました。

f0232910_11222408.jpg
下野竜也マエストロの腕に導かれ
素晴らしい共演者の方々の色彩豊かな音色に包まれ
あの場で最後まで言葉を紡ぐことができたこと
得難い経験となりました。

見守って下さった皆様、お世話になりました皆様、
本当にありがとうございました。

今回の演目は、私にとっては本当に大きな挑戦でした。
様々な方や様々なことからヒントをいただき、背中を押していただき
リハーサルから、全力でぶつかっていけたこと
一人でかたくなに頑張るのではなく、
今の自分を認めて、今の私にできることを精一杯やること

まだまだなのですが
もしかしたらやっと、スタートラインに立てたのかもしれない。

歌い手として。

今回共演させていただいた方々は、皆様ほんとに素敵な方々で

リハーサルでも、そのお人柄に心ほぐされたり、

フラフラしている私をその音色や音楽性で、または言葉でリードして下さったり
(プログラム前半の2曲もほんとにほんとに聴きたかった・・・
でも聴いてたらきっと涙腺崩壊して歌えなかった・・・っていうか全然余裕がなかった笑)

そしてマエストロには私の息を引き出し導いていただけて
皆様とご一緒させていただけて、本当に幸せでした。

私も、「この人と一緒に演奏できてよかった」と
思ってもらえる歌い手になりたいなぁと思いました。

マーラーが求めた、大きなリートとしての「大地の歌」。
私自身は、6楽章「告別」での
「私は、この世では幸せに恵まれなかった!」という歌詞に、
マーラーの抱えていたいろんなモヤモヤが凝縮されているような気がしていて。
様々なことと闘い続けてきた人生だったろうけど
病気にもなって、幼いわが子を亡くすという哀しいこともあって
どんなに成功しているように見えても、家族や、いろんな人が周りにいても、
どうにも埋まらない、空虚な?悔しい?気持ちを抱えていたのかい、マーラーよ・・・
どこまでも、何をそんなに強く求めていたんだい、愛?安らぎ?
いつか、昇華されたらいいね・・・

そんなことを思って歌っていたのですが。

マーラーが「オレの時代来たな」と思ってくれてたら、最高です。

シェーンベルクも、ライナー・リーンさん(シェーンベルクの編曲をさらに補筆した作曲家)も
いい仕事してくれて本当にありがとう。

そしてなんと言っても
素晴らしい機会を与えて下さった西澤誠治さんに大感謝!!!
カーテンコールでは、会場中が誠治さんにおめでとうを言ってましたよね。
個人的には、6楽章「告別」で、
誠治さん渾身のひくーーーいCの音の作り出す
この世とあの世の境みたいな(行ったことないですけど)しんとした空間の中で
「彼は馬を降り、別れの杯を差し出した・・・」と語る部分、
その部分こそは絶対決めたい!と思っていたのですが。どうだったかな。
誠治さんが喜んでくれて、それがいちばんうれしかったな。
本当におめでとうございます!!

リハーサルの様子。

f0232910_11033587.jpg
アンサンブル・ヴァガボンズ、実はすでに第2回公演の構想もできているようです!!!
皆様、今後も大大大注目ですぞ。
出番があってもなくても、お客としてでも行きたい♪と今から思っています。


[PR]

# by takahashi_chiharu | 2017-08-10 11:06 | 演奏会記 | Comments(0)

「大地の歌」リハーサル!!

アンサンブル・ヴァガボンズ第1回公演、いよいよリハーサル始まりました!!

f0232910_10093818.jpg
f0232910_10093979.jpg

個人的に、とてもとても楽しみに、なおかつ心臓バクバクで準備してきた公演。
とうとうオケ合わせ初日を迎えたわけですが、

やはりすごい曲だ・・・
!!
室内楽版であるにも関わらず、やはりさすがのスケール感・・・
ご一緒している皆様の、それぞれの音色が素敵過ぎてドキドキしっぱなしでした。

私はいつも「オケ合わせ1日目」というのが超鬼門なんです。
が、
今日はかなり好き勝手に歌わせていただきました
事前に指揮者様&コンマス様&鍵盤奏者様と打ち合わせをさせていただいた上みなさまにご協力いただいたからこそできたことですが、
本当にとてもありがたかったで
す。
皆様と、もっと室内楽的にその場その場でいろんなこ
とができるはずで・・・
あーんもっと上手になりたいです

でもいまさら欲張ってもしょうがないという気持ちもあ
ります。
今の私で、背伸びしないでいきたいと思います。

リハーサルの様子を事務局さんが撮ってくださいました。
f0232910_20135106.jpg
この写真を見た瞬間、明日の目標は決まりました。
すっと、まっすぐ立って歌うw

というわけで、
ここを踏ん張ればすごい幸せな時間がやっ
て来そうな予感がしています。
もし来週の火曜日の夜お時間ありましたら
ぜひ!さくらホー
ルにお出かけ下さいませ。
ご連絡いただければ当日受付預かりでチケットご用意いたします♪


[PR]

# by takahashi_chiharu | 2017-08-03 20:15 | リハーサル日記 | Comments(0)

BCJ世俗カンタータプロジェクト最終回、終演!

先週土曜日に神戸で、
f0232910_11445435.jpg
f0232910_11451574.jpg
月曜日(海の日)には東京オペラシティで
f0232910_11484478.jpg
バッハの世俗カンタータ全曲演奏シリーズ、
最終回となるプロジェクトの演奏会が終わりました。
東京公演の日は、私の誕生日でもありまして、
リハーサルの最初に、メンバーの皆様に
初めて、サプライズでHappy Birthdayを演奏していただきました!
嬉しくてドキドキして震えちゃいました。感激です!
f0232910_11485223.jpg
ピンクのお花と、ピンクのシャンパンもいただいてしまいました♪
私の後ろでロビンと青木さんが見守ってくれてるのもうれしいお写真。
f0232910_11525457.jpg
私にしては珍しく、ピンクのワンピースを着ていたのですが
カラーコーディネートばっちりでした♪
f0232910_11552646.jpg
嬉しかったなぁ~~

それにしてもなんというめぐり合わせ。
BCJが、バッハの声楽を含む作品の全て(演奏可能な作品の全て、という意味ですが)を演奏し終える
という、記念すべき演奏会の日に
私にとっても節目となる誕生日を迎えることができるなんて。
今回はBWV30a「たのしきヴィーダーアウよ(Angenehmes Wiederau)」の演奏に
合唱で参加したのですが
私的には、まさに「Angenehemes Geburtstag(たのしき誕生日)」となりました。
素晴らしい場所で大好きな方々と素敵な音楽を演奏することができて、
家人が聴きにきてくれて、たくさんの方にお祝いしていただき
ほんとうに幸せでした。

もう惑わなくなるらしいのですが(お察しください)、
諸先輩方に伺ったところでは、そうでもないようですw

10年前の今日はウィーンにいました。
あれから10年経つなんて。
そういう意味でも節目でした。

今や、音楽の場とは、私の人生の大きな一部であるのを感じます。
人生そのもの、とか 人生のすべて、とか言えるほどに、この身を捧げているか・・・と言われると
ちょっと・・・努力が足りないと思いますが
私という存在を形作ってきた大きな要素のひとつであることは、もはや間違いありません。

これからも変わらず、
ひとつひとつの活動に、大切に丁寧に取り組んでいけたらと思います。
私というものに価値を与えてくださる、皆々様への感謝を胸に。

いつも本当にありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

そして昨日、
今回のプログラムの録音セッション1日目にして
BCJとしての、バッハの教会&世俗カンタータの合唱部分の録音が全て終わりました。
BCJが教会カンタータの録音に取り組みはじめて22年だそうです。
私が初めて録音に参加したのはいつのことだったか・・・
それほど回数は多くないのですが
録音の場でも、きっちりと様々なことに気を配りつつも
「生きた演奏」を録る、しかもポジティヴな空気の中で録る
そういう姿勢は、昨日の録音でもなんら変わることなく。
改めて、この素晴らしい音の場に自分も身を置けたことを
本当にありがたく、嬉しく誇りに思います。
f0232910_12133019.jpg
合唱の録音が終わって記念撮影。
f0232910_12125183.jpg
今回のアルトメンバー。ご一緒できて光栄です!
BWV30aのロビンのアリア、ほんとにほんとに素晴らしかったなぁ~~~
録音セッションもうまくいきますように!
f0232910_13370584.jpg
録音終了後に、乾杯!みんないい顔してますねw
こういう時間が意外と重要なのです。

BCJの次の演奏会は、
モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」です!
コンチェルト・パラティーノが来ます♪
彼らのコルネットの音がだーい好きなので、とっても楽しみです!!
f0232910_12210741.jpg
f0232910_12211532.jpg


[PR]

# by takahashi_chiharu | 2017-07-19 12:21 | 演奏会記 | Comments(2)