2017年 11月 01日 ( 1 )

BCJ、ルター500シリーズ最終回定期だん!
500年に一度…ということで、いつも以上に熱いプロジェクトでした。

先週土曜日には横浜指路教会でコンサート。

f0232910_21351825.jpg

指路教会は日本最古のプロテスタント教会で、
現在の御堂は1915年に建てられたものだそう。
歴史の重みを感じる素晴らしい空間で歌うことができて、光栄でした。
このコンサートでは、最後に
日本語での賛美歌「神は我がやぐら」を、お客様とご一緒に歌いました。
歌い終わった時の、お客様みなさまの笑顔・・・!
このコンサートを待っていて下さったのだろうな、と思いました。
ありがたいことです。

教会の中には、いまではあまり見なくなったこんなものも!

f0232910_21355582.jpg

そして昨日、宗教改革記念日当日のコンサート。

f0232910_21361434.jpg
プログラムは、ルターのL。

ルターの作ったコラール「神は我がやぐら(ein feste Burg ist unser Gott)」を軸にしたプログラム。
まずはオペラシティのオルガンバルコニー席から
様々な作曲家による「神は・・・」のコラールのバリエーションを歌いました。
私はカルヴィシウス作曲の三重唱を担当しました。
その後はステージに降りて、
カンタータの79番、192番、そして最後に80番。
今回のプログラムは、どれも合唱曲が凝った作りになっていて
なんだか難しかった・・・ですが、本番ではとても楽しく歌うことができました。

80番、ハナの歌うアリアが本当に素晴らしかったです。
優しく、力強く、奥行きがありました。
あのアリアでカンタータ全体に一本の芯が通った気がしました。

79番のクリントのアリアもほんわかしたよい曲でした♡
演奏会が終わってから、クリントが
「三重唱すごい綺麗だったよ!君の声好きだよ!」ってほめてくれました♪
同じパートを歌う人にほめてもらえるのはとても嬉しいですね。
来週も獨協大学でのコンサートでコラールを歌います。
頑張ろう。


・・・というか、来週は3日連続のコンサートになってしまいました。。
無事に乗り越えられますように。
今週は限られた時間の中で精一杯準備します。


[PR]
by takahashi_chiharu | 2017-11-01 21:30 | 演奏会記 | Comments(0)