2017年 04月 16日 ( 1 )

BCJマタイツアー2017、終演!

名古屋、東京、さいたま、松本 と
4日連続公演が終演いたしました。
改めて、
こうして公演に参加できたことに感謝です。
お世話になりました皆様、本当にありがとうございました!
また、どの会場でも たくさんのお客様が、我々とご一緒にあの場の空気を作ってくださったことに、感謝いたします。

4日連続でしたが、それぞれに味わいの違う公演でした。
やはり 演奏は生き物、一期一会。

私は「マタイ」を歌うと、舞台上で毎回、
いろんなことやいろんな人そして自分の中のいろんな気持ちに想いを馳せることになるのですが
(実際、音楽とテキストがそうさせるように出来ているからなのですが)
それが本当にとてもいい時間でもあるのです。

聖金曜日、オペラシティでの公演では
バスのアリア「Mache dich, mein Herze, rein(おのれを潔めよ、わが心よ)」に
眼を開かされる思いでした。
今まで長年、「清々しい曲だなぁ」と思っては来ましたが、
復活への希望の眼差しだけの曲ではなく、
人を看取る話をしている、壮絶な覚悟の歌なのだ、と
ほとんど初めて解りました。

大切な人の死を受け止める覚悟、
ひとりの人の最後の最後までもを受け入れる心を造ろう、と
自分自身に言い聞かせる歌。
それってとても辛いことだと思いますが
その肚が決まることから来る清らかさなのだと
腑に落ちたと言いますか。

また今日の松本公演では、
思いがけず、自分の心の中のかなり奥深いところと向き合う時間となりました。

私と関わって下さるすべての方に感謝して、
自分を認め、開いた心で また頑張っていこう。
そう思いながら終曲を歌いました。

いやー 凄いなマタイ。

このように、「様々なことに想いを馳せることができる」のが、
私にとってはマタイ受難曲の大きな魅力のひとつなのですが
今年は、お客様のご感想を伺った中に
私と同じように、いろいろと想いを巡らせながらお聴きになった方もいらしたようで

伝わってるんだな。
嬉しかったです。

また 来年の受難節に何を感じるか
その時を楽しみに、今年度も頑張ってまいります!

オペラシティにて。
今年度のBCJプログラム、表紙は緑の文字。好きな色♪
そしてバックステージパスは、オペラシティ20周年記念仕様!
f0232910_11061941.jpg

松本での終演ショット。
f0232910_23364007.jpg


おまけ。
お仕事を頑張るにあたり 投入したガソリン。
きしめんと、久しぶりのひつまぶし!
すごーく 元気でました♡
f0232910_23331952.jpg

f0232910_23332021.jpg

そして、松本への旅では、
再び、満開の桜に会えました♪
f0232910_23332051.jpg

f0232910_23332133.jpg


ミュージシャンは、旅人。
って誰かが言っていたような。




[PR]

by takahashi_chiharu | 2017-04-16 22:31 | 演奏会記 | Comments(0)