ベートーヴェン+ヴォルフ+ブラームス…

BCJのベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」
プロジェクト日程も折り返し地点を迎えつつあります。
ここまでリハーサルすること5日、
明日はオペラシティでの公開リハーサル、
月曜からは録音を行います。

今日はBCJのスケジュールはOFF!なので、
合唱団のご指導行脚させていただいております。
…土曜日に予定が集中することが多く、ありがたくも悩ましいです。
月に10回くらい土曜日があるといいのにな(笑)

ミサソレは、
やーっと、やっと、歌うことに慣れて来ました…
歌う前までは「これは体力勝負だな…2週間、喉が保つかな…」と少々恐れていたのですが
意外と、喉は疲れていません。
もともとメゾには張りやすい音域であるので
健康的に歌えているということかしら。

本番は2/3(金)の夜。
いらっしゃる皆様はどうぞお楽しみに!
f0232910_12321661.jpg


ベートーヴェンを歌いながらも、
3/20の「うたごよみ」の準備もしています。
f0232910_12321742.jpg

今回取り上げるヴォルフの歌曲。
「春に Im Frühling」などは、まさに
春のあったかい光の中で、ほわほわと想いをめぐらすと言った内容で、
「わかる〜!春って物想いに耽りたくなるよね〜」と、
ヴォルフさんと握手したい気分で選曲しました(笑)
また、「スペイン歌曲集」の恍惚感…たまらん。
これも、なんとも春に相応しく感じるのです。
これらの曲たちとは、まだまだこれから、もっともっと仲良くなりたいところ。

3/20春分の日、お彼岸でもあるし連休最終日でもありますが、
よろしければぜひ代官山へお出かけください!

さらに。
4月にブラームスをちょこっと歌う機会があって。
曲を選ばなくてはいけないのです。
何歌おうかなぁ〜。
「うたごよみ」第1回では、「秋に聴きたい歌いたいブラームス」をセレクトしたけれど
春のブラームス。
いろいろ思い浮かんじゃうなぁ〜。
CDを聴いたり楽譜を見たりしてあれこれ考えていると、あっという間に時間が経ってしまって。
実は選曲してる時が一番楽しいのかもしれません。

ベートーヴェンと、ヴォルフと、ブラームスと…
あちこち飛んでいるように見えますが、
お互いによい影響もあるような。
どの作品もそれぞれにグッとくるものがあり、
結局み〜んな「いい曲だ♡」となってしまうわけですが(笑)

今年はさらに他の作曲家さんともお付き合いしていく予定なので
先を見て、あれこれ並行して上手に準備していけるようにしたいです。

とりあえず今からは、ブラームス「ジプシーの歌(合唱版)」のご指導です。

by takahashi_chiharu | 2017-01-28 12:04 | 日々のこと | Comments(0)