うたごよみ vol.2 -春のうた-

ブリテンとマーラーのことを思い続けた日々・・・苦しかったような、幸せだったような。

私の次のターゲットは、「ヴォルフ」です!
f0232910_13044413.jpg

f0232910_13044538.jpg
********************
【うたごよみ vol.2 ー春のうたー】

四季の移ろいと共に木立の佇まいがかわるように、
その折々に歌いたいうた。
季節をめぐる風の肌触りがかわるように、
その折々に聴きたいうた。
うたで暦をめくるように。 うたごよみ。

2017年3月20日(月・祝) 13:30開場/14:00開演
代官山教会(東横線「代官山」駅より徒歩5分)

出演:
高橋ちはる(メゾソプラノ)
千葉かほる(ピアノ)

プログラム:
フーゴー・ヴォルフの歌曲をあつめて
 春に/四季すべて春
 「スペイン歌曲集(宗教曲集)」より ああ、幼子の瞳は 他
                         
日本歌曲による「うたの花束」
 木下牧子:ほんとにきれい
 團伊玖磨:藤の花
 中田喜直:さくら横ちょう 他

チケット:全席自由 3000円

お問い合わせ:
うたごよみコンサート事務局 poemedunjour@gmail.com
********************

2015年10月に第1回目のコンサートをおこないました
「うたごよみ」シリーズ。
満を持して、第2弾を開催します!!

コンサートタイトルはこのブログから来ています。
四季折々の情景に心を託した日本歌曲と、季節ごとにセレクトした外国語の曲。
今回は、フーゴー・ヴォルフの作品の中から、春に合う感じの歌曲と、
春を感じる日本歌曲を。

すべての葉を落とした木々の枝たちが、めぐり来る時をじっと待つ・・・そんな冬から
草が萌え出で、葉が芽吹き、花がほころぶ春を迎えると
生命の喜びを感じるのは、私だけではないと思います。
また、私が、毎年春に受難曲の演奏に関わるようになって、もう何年経つでしょう・・・
私の中で「春」は生と死を思い、自らの心を振り返る
そんな季節になっていきました。

それと、春って
空気の匂いが変わって、なんだかちょっときゅんとして
あったかくなってきて身体がほぐれて、心もゆるんでほっとして
そんな気持ちになりませんか?

そんな、私が春に感じているあれこれを詰め合わせて
春に聴きたい、春に歌いたい歌を集めたのが
今回のコンサートです。

今回取り上げる作品について。
フーゴー・ヴォルフの歌曲は
春を感じられる作品と、「スペイン歌曲集」の〈宗教歌曲編〉から選びました。
ウィーンにいた時、寒い寒い日々がずーっと続いたあと、
イースターを迎える時期になると、街中にイースターエッグやうさぎのディスプレイが溢れて
うきうき嬉しかったことを思い出します。
からりとよく晴れた日が多い関東の冬しか知らなかった私は
冬が寒くて暗いからこそ、春が嬉しいんだなぁ、と
その時ようやく、ヨーロッパの人たちが春を迎える気持ちが
解ったような気がしたものです。
ヴォルフはウィーンの作曲家。おそらく彼も「春が来る喜び」を愛していたことでしょう。
それと、「スペイン歌曲集」の〈宗教歌曲編〉。
私にとっては、大切な試験やコンクールのために勉強した曲が含まれています。
なんと言ったらいいのか・・・切なく込み上げる熱いものがある、
歌えば歌うほど感動する、大好きな曲です。
歌ってわかった、ヴォルフのよさ、
もっときちんと取り組んで、もっと知りたいと思っています。

プログラムの半分は、日本歌曲を歌います。
日本の春の美しさ。咲き誇るお花たち。
散り際まで人を魅了する桜が代表するように、
春のはじめも、その盛りも、その終わりも、それぞれに素敵な
様々な春の情景を描いた曲や、いろんなお花の歌を集めてみました。
歌が描き出す様々な心情の中に、きっと共感していただけるものがあるのではないかと。

ピアノは千葉かほる先生。
藝大でとってもお世話になってきたかほる先生と
久々に共演させていただきます。楽しみ!!!

今回のチラシも、
足利市にあります「マツモト写真」の松本拓也さんが製作してくださった作品をベースに
デザイナーの近藤春菜さんにレイアウトデザインしていただきました。
こんなに・・・こんなに素敵に作ってくださって、ありがとうございます!
このチラシのイメージから、「じゃあこんな曲も入れようかな~」と
インスパイアされた部分も、たくさんあります。

会場は、昨年コロスタシアAnnexのコンサートでお世話になりました
代官山教会を使わせていただきます。
今回のヴォルフを歌うのに、きっとぴったりの会場です。
お客様と演者の距離も近く、かつ音響もよい空間です。
春の代官山に、ぜひ遊びにいらしてくださいませ!

チケットは、私へご連絡いただくか
うたごよみコンサート事務局:poemedunjour@gmail.com でも承ります。

どうぞよろしくお願いいたします!

by takahashi_chiharu | 2016-12-14 13:02 | お知らせ | Comments(0)