東京神学大学メサイア音楽礼拝2016 終演。

今夜は東京神学大学メサイア音楽礼拝に参加しました。
12月に入ってから今日までで4つの本番。
怒涛の日々、なんとか無事に乗り切れました。
皆々様に感謝です。
f0232910_00253654.jpg

メサイア音楽礼拝では、メサイアの第1部と第2部の間にお説教が入ります。
今日のお話の中で、
「イエスはもっとも低いところにいる人、もっとも孤独な人の友となるために、もっとも低いところにお生まれになった」
というお話がありました。
第2部はAgnus deiともいえる合唱曲で始まり、
そのすぐ次にアルトのアリア「He was despised」があります。
お話を伺いながら、
あぁ私が歌う歌詞とまったく同じ内容だ、先生のお話とリンクする歌が歌いたい、
と思って歌いました。
どうも私は
「自分のポジション、役目を果たす」ということに燃えるっぽいです。
自分のため、、とかだとなかなか頑張れないけど、ミッションあるときに最もやる気が出る。
まぁそういうのって私だけじゃないですよね…

今年のプログラム。
f0232910_00253659.jpg

毎年同じ時期に同じ曲を歌わせていただけることは本当に幸せなことですね。
自分の中に、すこーしずつでも経験が積み重なっていくのを感じられます。
ただ今回は、昨日のブリテン×マーラーからのヘンデルだったので、
様式感というかスタイルというか、
どう喋るか、どう歌うか、みたいなこともちらっと思いました。

全力でコーラスを歌ってくださる東神大の方々のお姿に心が温かくなり。
毎年ご一緒している方々とお久しぶりにお目にかかれたこともとても嬉しかったです。
お世話になりました皆様、ありがとうございました(o^^o)

今年もこのリースに会えたことにも、ありがとう。
f0232910_00253728.jpg

by takahashi_chiharu | 2016-12-12 23:59 | 演奏会記 | Comments(0)