「アンサンブルの愉しみ」終演♪

「アンサンブルの愉しみ」終演いたしました!
楽しく、とてもよい勉強になりました♪
お出かけ下さった皆様、お気にかけて下さった皆様、
ありがとうございました!
f0232910_12410364.jpg

チラシと、当日お配りしたプログラムと詩集。
実りの秋にふさわしい、葡萄のツタが絡まるデザインです♪
訳詩をまとめたものを「詩集」としてお付けしたのですが、
コンサート会場の客席の明かりって、解説や訳詩を読むには暗いんですよね。
もう少し明るめに設定していただいてもよかったかな。
もしくは、コンサートの中で曲についてのお話を交えても…とも思いましたが、
「オムライスとナポリタン」みたいな、もしくは「カツ丼と親子丼」みたいな、
前半も後半もボリューム満点なプログラムだったので…
コンサートの構成や会場のこと、もっと細やかな配慮をしていくようにしないといけないですね。

私は、シューマン後期の歌曲から
「わが薔薇」作品90-2
「あのひとの声」作品96-3
を歌いました。
どちらもいい曲だったなぁ。歌えて幸せでした。
聴いてくださったお客様はどう思われたかしら?
毎回が試行錯誤です。

シューマン「スペインの歌芝居」&ブラームス「愛の歌」のアンサンブルも
とても楽しかったなぁ。
ブラームスは、今までに何度か歌ってきていますが、
昔よりも歌いやすくなったことを感じた部分もありました。
「倦怠期の妻」的なソロ曲も、思いっきり恨み節で歌ってみました
(なお実生活とはなんらリンクしないことを付け加えておきます笑)。
シューマンは音域が広く、メロディーが美しいだけに意外な難しさがあるのですが
本番では楽しんで歌うことができました。

本番は、貴重な学びの場。
こうして歌わせていただけることが感謝です。

さぁ、次に向けてまた頑張ります!
[PR]

by takahashi_chiharu | 2016-10-09 12:38 | 演奏会記 | Comments(0)