オラショクラブ第1回演奏会、終演。

オラショクラブさんの第1回演奏会は
300名を越す大勢のお客様に見守っていただき
温かい空気の中で終演いたしました!

f0232910_05295983.jpg
プログラムは、
ハイドンの「小オルガンミサ曲」を
先週のOLC×CLCからの、まさかの2週連続演奏(笑)
モーツァルトのかわいい「雀のミサ」と、
シューベルトの「詩篇」と「マニフィカート」。
器楽の皆様による「Eine kleine Nachtmusik」も、と
バラエティに富んでバランスの良いプログラムでした。
歌ものでは、指揮者の奥村先生が
本場仕込のオーストリアの発音にこだわってご指導され
…そうそう、ウィーンのひとってSとかGとか濁るべき子音が柔らかくなっちゃうんだよね…と
ウィーンに住んでた時にお世話になった大家のおばあちゃんの発音を
懐かしく思い出していました。

これは演奏会前日のリハーサルの様子。
歴史ある教会であることが伝わってくる、素敵な聖堂でした。
f0232910_05095362.jpg
本プログラム、盛り上がって終演したところで、アンコールとして
合唱団の皆様が毎回の練習の終わりに歌ってこられた聖歌をふたつ
アカペラでうたって下さいました。
ユニゾンでうたわれるグレゴリオ聖歌の柔らかなうねり
合唱団の皆様の、心と身体に聖歌が沁み込んでいらっしゃるのがそのお声から伝わって
聖堂のなかの空気が、演奏会の興奮からもっと、しんとしたものに変わったのが伝わって
こういうものこそ「音楽」だなぁ。。と
心あたためられる思いで聴いていました。
合唱団結成から1年、練習のたびにうたわれてきた歌に表れたもの。
継続は力なり。時間をかけられることの恵み。

いい演奏をしたい、心をひとつにしたいという思いのもとに集まった方々と共に演奏できるのって
本当に幸せ。
オラショクラブの皆様、本当におめでとうございました!!
皆様の思いの尊さが体現された演奏会でしたね。
演奏会にご一緒できたこと、少しはお役に立てたかもしれないこと、
本当に幸せに思います。ありがとうございました。
またご一緒できましたら嬉しいです。
どうぞこれからも、心からの歌を…!!


[PR]
by takahashi_chiharu | 2015-06-28 09:00 | 演奏会記 | Comments(0)