バッハカンターテンコア演奏会、終演。

大和田さくらホールでの演奏会、盛況のうちに終演いたしました。

バッハ・カンターテンコアさんの演奏会には初めて参加させていただいたのですが
指揮の橋本先生の、バッハへの愛あふれる指揮に導かれ、
合唱団の皆様の軽やかで心のこもった歌声が温かく会場を包んでおりました♪
舞台袖で声をかけあう合唱団の皆様のお姿にほっこりしました。
また、オケの皆様も和気藹々としていて、
私たちソリストの演奏もたくさん支えて下さいました!!
ありがたや。

私は、バッハのカンタータ38番とミサ曲ト長調のソロを歌わせていただきました。
私にとって、カンタータのソリストを務めるのは基本に立ち返る感じ。
レチで言葉を語ること。
アリアで器楽の皆様やご一緒の歌い手さんとアンサンブルすること。
かつてお世話になっていた、ターフェルムジーク鎌倉で学んだことの大きさを
改めて感じました。
土台を育てていただいた。
本当に有難い場だったんだ。。

ハモるの大好きアンサンブル好きとしては、
ミサ曲ト長調のデュエットで、ソプラノさんとの声がとっても合ってた、とか
カンタータ38番の三重唱かっこよかった、とお声かけていただけて、
とても嬉しかったです。
でも。
あー!もっと上手になりたいなー!

こういう欲は、悪いものではないですよね。
また機会をいただけますように。
お世話になった皆様、ありがとうございました♪♪

by takahashi_chiharu | 2015-04-12 08:50 | 演奏会記 | Comments(0)