BCJ「マタイ受難曲」2015、終演。

今年も受難週を迎え、
バッハ・コレギウム・ジャパンの「マタイ受難曲」2公演が終演いたしました。

演奏とは常に一期一会なんだよなぁ。
と、改めて思ったプロジェクトでした。
Mache dich, mein Herze, rein…
あのアリアのように、
気持ちをまっさらに、その時だけの空気に身をゆだねよう。
自分のすべきことを精一杯やろう。
そう思って臨みました。

2公演、歌ってみて。

あのドラマの中で、物語の一部として能動的に機能できる喜び。
こんな私だけど、ここにいていいんだ、と思える幸せ。

今年もいただけました。

イエスの物語を紡いでいきながら、
なぜかどうしても自分の心と対話してしまう、
そんなひとときでもありました。

ご一緒の皆様、お運びのお客様、いろんなところで気にかけてくださった方々、
本当にありがとうございました。

今年は幸せなことに、来月にもBCJで「マタイ」を演奏する機会をいただいています!
有楽町の東京国際フォーラムで行われるラ・フォル・ジュルネで
「マタイ」とカンタータメインの公演に参加します。
「マタイ」のチケットは早々に完売したとか…ありがたき限り。
カンタータの公演(5/4)も大好きなBWV106などを歌うので、とても楽しみ。
こちらはまだチケットあるようです!
ぜひぜひ多くの方に聴いていただきたいなぁ〜。

毎回の演奏で生まれる、その時だけの化学反応を
ドキドキしながらも楽しんで。
毎回、新しく。
それってとてもワクワクしますね!


マタイも終わり、私の春も本格始動…
しなくては!
[PR]
by takahashi_chiharu | 2015-04-05 00:39 | 演奏会記 | Comments(0)