バッハ、ブラームス、シャイン など。

今週土曜日の、ターフェルムジーク鎌倉での
「アンコール演奏会」、
GPも済ませ、あとは本番を残すのみです。

カンタータ147番のコラール歌っていて
幸せだなぁ〜
やっぱり幸せだなぁ
と思いました。

初めてのマタイソリストで、その難しさ、奥深さを改めて感じたバッハですが
歌えることは、やっぱり幸せ。
TBSでもBCJでもターフェルでも
どこの団体のどんな曲を歌うときでも
必ず心から幸せに歌ってる!と
はっきり言えます。

そういうのを、お客様とも共有していただける歌い手になりたいな。

そのためには、先日礒山先生に仰っていただいた
「ひとつのアリアでひとつのテーマ」
ということも大切なんじゃないかな、と思い
GPの時のアリアでは、「敬謙」ということをずっと思いながら歌ってみました。
本番で、どう聴こえますか
お時間ありましたら、ぜひ逗子に遊びにいらしてくださいね。
今回は聞き所満載の、一粒で何度も美味しい演奏会になること間違いなしです♪


で、バッハを歌う時にだけ幸せを感じるわけではなく。
7/29に白井で歌うブラームスの「鎮められたあこがれ」の合わせを
自宅にピアニストちゃんとヴィオラ奏者ちゃんをお呼びして行いました!
音楽関係の方をお呼びして家で合わせをしたのはこれが初めて。
わが家のリビングはわりと音がよく響くので
3人で音を出したらどんな感じかな…さすがにうるさいかなと思いましたが、
案外、大丈夫でした♪
ご足労いただいたお二人にも、弾きやすいと言ってもらえてほっとしました。
こういう、よく響く部屋では、きちんと体の感覚を捕まえて歌う癖をつけないと
口先だけで歌ってしまうので
歌うときには発声練習をじっくりやるようにしています。

ブラームス。
これはこれですごく楽しい。
やっぱり、合わせで音楽を作る時間が大好き。

そして、今夜は、
7/16にアンセルモ目黒教会で行われる、
米沢陽子さんのチャリティオルガンコンサートのGPに参加してきました。
f0232910_23193796.jpg

バッハのオルガン作品「クラヴィーア練習曲集第3巻」が
演奏されるのですが、
私はコラールを歌う合唱隊
「Coro Ahirunorgano(こーろ・あひるのおるがーの)」
の一員として合唱に参加します。
「あひる(ん)」とは米沢さんのニックネーム。
あひるんさんのオルガンと共に歌う合唱隊だから
あひるのおるがーの。

米沢さんは「クラヴィーア練習曲集第3巻」に収められた
オルガン・コラールを演奏されるわけですが、
それぞれのオルガン・コラール曲の前に、
内容が呼応するシャイン編曲の4声のコラールを合唱隊が歌います。

まずは言葉と人の声でメッセージを伝え、
そのメッセージをバッハはオルガンでどう表現したのか、を
米沢さんの演奏で聴いていただく、
そんな形になるのかな。

いま、書きながら改めて思いましたが
結構、責任重大ですね!合唱隊!

ご一緒に歌われる皆様は、
あちこちの合唱団で腕を(喉を?)鳴らす合唱人達が集結されていて
お勉強熱心で私も本当にたくさん学ばせていただいています。

今日は短い時間のなかでコンパクトにリハーサルしなければ、ということで
米沢さんのオルガンは、ちょこっとずつしか聴けなかったのですが、
そのちょこっとだけでも、すでに充実した演奏であろうことがわかります☆

素晴らしいオルガン演奏に添えるものとして相応しくなるように、
しっかりと意味を伝える合唱にしたいなー。
宣伝が間際になってしまいましたが、
チャリティコンサートということもあり、
ぜひ皆様に足を運んでいただきたいです♪


まずは、連休のふたつの演奏会のため
もう一度、歌いなおして
きちんと中身を詰め直してから、本番に臨みたいと思います!
[PR]

by takahashi_chiharu | 2012-07-12 21:51 | 日々のこと | Comments(2)

Commented by desire_san at 2012-07-12 23:51
こんばんは。
音楽を作る喜びが伝わってくるブログを楽しく拝読させて頂いています。
バッハとブラームスは全く違う聴き方をしてしまいますが、音楽を作る喜びは共通するものがあるのですね。
以前教会で「ロ短調ミサ曲」を聴かせていただきましたが、その時の感激は忘れられず、バツハの音楽を教会で聴ける機会はできるだけ逃さず行きたいと思いました。

7月1日の「マタイ受難曲」の演奏を聴き、「マタイ受難曲」について記憶に残しておきたいことをブログに書きました。その中で、高橋様の「マタイ終演 」の記事がこの曲の本質に触れていると感じ、リンクさせて頂きました。ご迷惑でしたら削除しますので申し付けください。
Commented by takahashi_chiharu at 2012-07-13 08:11
>desire_san様
いつもご訪問ありがとうございます。
拙い私の文章をご紹介いただき(ほとんど自分の反省会状態ですが。。)、恐縮です。
また聴いて頂けるよう、精進します。
今後ともよろしくお願いいたします。
私の方からも