先週末と、今週末

週のまんなか水曜日ということで
先週末あった演奏会と、今週末の演奏会のことなど。

先週末は、東洋英和女学院OGの皆様による
「メサイアをうたう会」の「Early Summer Concert」でした!
麻布十番の小高い丘の、校舎の一角を占める大講堂で
歌わせていただきました。
f0232910_1945083.jpg

講堂の入り口。立派ですね~。
一度、リニューアルされたのだそうですが、
中も、天井が高く、大きなパイプオルガンが配置されて
趣のある空間でした。
指揮は辻秀幸先生、ソリストとして佐竹由美先生
共演させていただきました。

「メサイアをうたう会」という名前でありますが、
今回のメインはモーツァルト。
私はミサ・ブレヴィス(ニ長調、K.194)でソリストをさせていただきました。

本来この作品は混声4部で歌われ、ソリストも男女2人ずついるわけですが
今回は「女声合唱版」ということで、合唱も女声3部、
ソリストもソプラノⅠ、ソプラノⅡ、アルトの女性3人で。
本来4人でハモっていたものを3人でハモれるように編曲されていて
しかも男性はいないので
アルトの守備範囲は、いつもより少々低めの音域でした。
しかも合唱の合間にちょろっ、ちょろっとソロの歌う部分が現れるので
かえって難しかったかも・・・
でも、いつも課題である中間音の声のはめかた、
そして低音へのつなげ方・・・
オケ合わせではかなり力んでしまって空回り~だったのですが
当日のGPの際、辻先生が合唱団の皆様に
「もっと言葉を歌って!
Patrem omnipotentem のところ
「なんでもできる父ちゃん」って言ってごらん!」
と仰っていて、思わずくすくす笑いつつ
そうなんだよな・・・その思いを歌わないと意味ないんだよな~
開き直って!力まず吼えず、言葉を・・・ と自分に言い聞かせ
本番では、何かひとつ壁が取れたような気がしました。
楽しかったし。

いろんな角度から、大変勉強になりました。

そして・・・今回のプログラムで素敵だったのは
佐竹先生のモーツァルトのモテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」が聴けたこと♪♪
佐竹先生は芸大で門下の先輩でもあり
英語の歌曲の研究をされていて、
何度か演奏を聞かせていただきましたが
モーツァルトは、いつかぜひ先生の素晴らしいお声で聴いてみたい・・・と
思っていた、まさに「ドンピシャ!」なプログラムでした☆
はぁ~、「鈴を鳴らしたような声」とはまさにこのこと。
ミサ曲でご一緒しても、先生の周りの空気が共鳴しているのが
感じられるほど・・・
楽屋でも気さくにいろんなお話をしてくださって、
ご一緒できて本当にうれしかったです。

打ち上げの席でも、
辻先生と団員の皆様との丁々発止のやりとりが連発!で
笑いっぱなしのひと時でした。
辻先生やオケの方々のいろんなお話も伺えて
自分の声のこと、勉強すること、いろいろ考えるひと時でもありました。
また、団員の皆様の、
(おいくつになられても)女子高特有の「キャッキャ☆」とした
和気藹々とした雰囲気が、
私も女子高経験者ですので、大変懐かしく
ほんとうに、あたたかい会でもありました。

いいなー。
きっと皆様、楽しい学生生活を送られたのでしょうね。

辻先生、佐竹先生、共演くださったオケの皆様、
メサイアをうたう会の皆様、
本当にありがとうございました!

またいつか、歌わせていただけたらうれしいなぁ。


そして。
今週末は志木第九の会の定期演奏会。
今回はヴェルディ「レクイエム」を演奏します。
私はいつもヴォイストレーナーとして練習に伺っていますが
今回は、合唱団員として本番の舞台に乗ります!
本当は去年の9月に演奏するべく準備を進めていましたが
本番の会場に震災の影響から補修工事が必要なことがわかり
6月に延期となったので、
ここまで1年半ちかくかけて、じっくり練習を重ねてきました。
実は私・・・「ヴェルレク」初体験☆
ドラマチック!というイメージの強い曲ですが
緻密な音楽作り、繊細な表現も存分に必要とされる、奥の深い曲です。
そして、ヴェルディのオペラ「ナブッコ」からも抜粋で演奏します。
こちらもとってもかっこいい。
内容の深さと共に、スポーツするような感覚で
健康的な声を出したいなぁと思います。
ソリスト陣も素晴らしいです!
今をときめく方々ばかり。
オケ合わせと本番が楽しみです!!

この合間に、
6月末に待っている二つの演奏会の準備などなどしていきます☆
[PR]

by takahashi_chiharu | 2012-05-30 20:23 | 演奏会記 | Comments(0)