1/5 慶應コレギウム・ムジクム「ロ短調ミサ曲」演奏会@阿佐ヶ谷教会

5日、7日と2回公演だった「ロ短調ミサ曲」、
おかげさまで無事に終了いたしました!

2回終わってから、振り返りたかったので。
まず5日のほうから。

バッハ晩年の大作、
作曲家人生の集大成的な作品である「ロ短調ミサ曲」。
実は、初めてBCJの演奏に参加させていただいたのは
「ロ短調」の合唱でした。
すっごく必死でさらったのを覚えています。
それから、BCJでも何度か、他の団体でも
「ロ短調」の合唱は歌ってきました。
が、
ソリストを務めたのは、今回が初めてでした。
まして、合唱も歌い、アリアも歌い、
合唱の一部分はソリストのみでのアンサンブル・・・というカタチでの演奏は
今回が、まったくの初めて、未知の世界でした。


お正月明け、2012年の歌い初めとなった
5日の、阿佐ヶ谷教会での演奏会。
この日は、本来7日の本番へむけての「総リハーサル」という意味合いが強く、
入念なリハーサルが行われました。
リハが終わった時点で、けっこう消耗してしまって・・・
最後の最後に出てくるアリアAgnus Deiまで声が保つかしら・・・と
どきどきしながら、本番を迎え。

リハのときに録った録音を聴いて、さらにリハ中に客席からも音を聴いていたので
「頑張らなくても、絶対に聞こえる」
ということはわかっていたのですが
「とにかく余計なことは考えず、欲張らず、頑張らず、ひたすらに歌おう」
と自分に言い聞かせていました。

・・・そして、本番ではそんなことを言い聞かせるまでもなく
合唱も、ソロも、文字通りの「精一杯」の演奏でした。。。
何度も書きますが、大好きな曲たちなので
ハーモニーの中に身を浸しているのが本当に快感でもあったし、
全編にわたって、声をセーブするなんてことも忘れて
もりもり歌ったのですが、
第一部の、割と早い段階で
歌いなれたはずの合唱を歌っている途中で、
中間音がはまらずに、一瞬くぐもった声になった箇所があって
どうしよう・・・アリアのときにこんな風になったら・・・!!と
怖くなってお水を飲んだり、
(普段は舞台上にお水を置くことは滅多にしませんが、さすがにやばかったので)
声がはまらないのは発声が悪いのかも、と
合唱曲を歌っている間、常に自分の発声のポジションを確認しながら歌ったり。

アリアを歌うときは、前奏の間に

お願いですから助けてください、
心をこめて、聞いてくださる方に伝えますから、
私に声をください・・・

と何かに祈るような気持ちでした。
欲張る余裕などとうになく、
とにかく声帯がきれいにくっついて声がでてくれれば・・・という感じ。
それがかえって、肩の力と欲張る心を抜かせてくれたのか
アリアは2曲とも、思った以上に気持ちよく歌うことができました。
余計なことを考えず、ただひたすらに。
いや、「歌わせてもらった」という感覚だった、かも。
自分の力、だけじゃないというか。

いつもこういう、謙虚でつつましい気持ちでいれば
もっと人の心に届く歌が歌えるのかな・・・
本当に切羽詰まらないとこういう風になれなくてごめんなさい(笑)
ま、「上手に歌いたい」という欲があるからこその人間だ、とも思うし。


歌っている途中で、ふと
昨年3月に、BCJのお仕事でアメリカに行って
「ロ短調」を歌ったことを思い出していました。

大地震があった3/11は金曜日、
私たちは翌週の月曜日に、成田からアメリカへと飛んだのでした。
着いた先で目にしたアメリカのテレビのニュース番組は、
日本の地震のこと、原発のことを
繰り返し、繰り返し流していました。

メンバーみんなが胸に不安を抱えていたけれど、
「音楽家である私たちに今できることは、これしかない」
という思いで臨んだGrand Rapidsでの演奏会のときのこと、
一つ一つの曲に思いをこめて歌ったこと、
そしてDona nobis Pacemまで終わったときの、
会場からの温かい拍手に思わず涙がこぼれたこと・・・

そうだ、あの時の切実さ、音楽の力に思いを託したあの気持ち・・・
「ロ短調」という曲への向き合い方を、改めて思うことができて
ますます、こうしてソロも合唱も全部歌えることが、幸せに思えました。

慶應の学生さんたちは、
オケの方々も合唱のみなさんも
1年間の練習の成果を出すぞー!という気概に満ち溢れていて
この日の演奏は、テンポのりのりで、高揚感のある、キラキラした音がしていて
歌っていて本当に気持ちよかったです!!


新しい年の、歌い初めの演奏会で
こうして、再び「ロ短調」を歌えて、本当に良かったです。


・・・というわけで
長い長い、濃い、そしてとても幸せな一日が終わりました。
さすがに疲労困憊。

5日と7日の本番の、あいだの日
すなわち6日は、なんにも予定をいれず
ひたすら家に篭り「無言の行」をしていました。
予定いれなくて、ほんとに正解だった。。。


7日の演奏会へつづく。

by takahashi_chiharu | 2012-01-08 18:01 | 演奏会記 | Comments(0)