ご愛顧感謝☆1周年

4月1日。

去年の今日、このブログをはじめたのでした。
いつも覗いてくださるみなさま
たま~に、の方も、はじめましての方も

ありがとうございます。

だぁれも覗いてくれてなかったら
さびしくて、閉鎖していたかもしれません。

振り返れば、
ここでご報告したあれもこれも
本当に、よい経験でした。
楽しく、ありがたく忙しく、初めての経験もいろいろあり
幸せな1年だったのではないかと。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします☆


で、今日はといいますと。

お世話になっています伴奏の先生にお時間いただいて
合わせをさせていただいていました。

今のお題は

日本歌曲。
旭川から、まだ日本歌曲路線は、続いています。

2011年は
英語の作品に続いて日本歌曲、と
いままでずーっとメインとしてきたドイツ歌曲以外のジャンルを
勉強する年となりそうです。
昨年の1年間は「ここまでの勉強の集大成」という感じになったので
今年は「新たに幅を広げる年」にできればいいなー。
あとは、フランス物もやりたいのだけど
もうちょっとあとで。


日本歌曲。
外国語を、自分の中で自分の語感に変換して歌うのと違って
途中の手順が要らなくて、ストレートに、ダイレクトに
自分の中身と直結するようなところがあります。

だからこそ、
思いと体をとおる声とが
自分の、ほんとの奥底から、真ん中からでてこないと
なんだか、気持ち悪い。

口先だけでものを言わないように。
感情に任せて、体の真ん中から声を出すのを忘れないように。

それから、
自分の中身と直結してしまうだけに
今までの、自分のつたない経験とか、読んだ本の一節とか
見たもの、思ったこと、
そういう「自分の切れはし」があちこちから出てきちゃうような気がして

今までだって日本歌曲をいくつも歌ってきたのに
なんだか急に気恥ずかしくなってしまいました・・・ぽっ。

「歌う」って、自分の心のありようを
さらけ出すことなんだなぁ

と、改めて思ったりして。


誇張せず、でも満ち満ちて
歌いたいなぁ。

だって、歌えるんだもの。
こうして、やりたいことやらせてもらえるんだもの。


歌の、詩を
声に出してじっくり読んでみることから
もう一度やってみよう。

ブログを書き始めて1年経っても
こうして「うたごよみ」を書くことができて
しあわせですね。



・・・急に気恥ずかしくなったのは、どの曲を歌ったときか、って?
それは内緒です。

by takahashi_chiharu | 2011-04-01 22:04 | 日々のこと | Comments(0)