飛騨行き その2

土曜日。
リハーサルは午後からだったので、
午前中は高山の街をお散歩してみました。

古い町並みが残されています。
f0232910_23592962.jpg

f0232910_003990.jpg


お水のきれいな地域ですから、酒屋さんもいくつもありました。
試飲できるお店もあって、観光客のみなさんは、いいご気分でお散歩、の方も・・・
f0232910_043088.jpg

私はさすがに本番を控えた身でしたので、昼間から試飲はできませんでしたが。。。

こちらは旧高山町役場。
f0232910_061612.jpg

趣がありますねぇ~。

そのほかにも朝市などもちら見しつつまたホテルに戻り、
午後からはホールに入ってリハーサル。
今回は、高山市内で活動されているフェリーチェ音楽院
創立25周年を記念する演奏会ということで、
主宰しておられる長尾先生ご夫妻の元に
教え子である方々や縁のある方々が集ってオーケストラとなり、
合唱はこの日のために一から集まってくださったメンバーで
今回の演奏会を機に「フェリーチェ音楽院合唱団」が結成されたのだそうです。
そんな、フレッシュでこれからへの希望にあふれた皆様とご一緒できたことは
本当にうれしいことでした。

演奏も、舞台上の皆様の「いい音楽をしたい」という純粋な気持ちで満たされて
さらに、受付や裏方さんとして支えてくださった多くの方々の温かいお気持ちに支えられて
本当に心のこもった、すばらしいものとなりました。

モーツァルトのレクイエム。
今回で、ソリストをするのは何回目かな・・・
共演のソリストさんに恵まれて、
アンサンブルが非常に充実していました☆
過去を振り返ると・・・
アンサンブルでのアルトって、「バランス」に非常に気を使うのですよねー。
中間音~低音が多く、声がすっぽ抜ける危険もある中で、
自分の声がきちんと聞こえているか、はたまた大きすぎないか、音程も・・・ と
自分の出来ばかりが気になる演奏をしていたように思うのです。
しかし。
今回は、共演のソリストさんたちの音楽に促されて
私も、今までよりももっと、音楽に身を委ねることができたように思います。
Benedictusでのアンサンブルが最高に幸せでした・・・♪

ああよかったぁ。 という安堵感と本番の興奮の余韻の中で、
今夜もソリスト陣でお食事に。
今度はホテルの近くで、割烹風なお料理をリーズナブルに出してくださるお店へ。
美味しすぎて写真は撮りませんでしたが・・・
お魚が美味しかった☆
それもそのはず、日本海側まで出れば富山湾の美味しいお魚がありますから
高山って山の幸だけでなく海の幸にも恵まれているのだわぁ♪と
ますます高山が好きになっていった夜でした。


まだつづく。
[PR]

by takahashi_chiharu | 2010-12-15 00:26 | 旅日記2010 | Comments(0)