ターフェルムジーク鎌倉 バッハ教会カンタータ連続演奏会ⅩⅦ

逗子文化プラザでの演奏会にも、ずいぶんと慣れてきました。

が。

・・・久々に、反省点の多い本番となってしまいました。。。

先日のリハーサル(本番と同じホールで練習できた)に出席できなかったことで
最後にオケの皆様と合わせをしたときから、時間が空いてしまったにも関わらず
本番の舞台上で、より一層表現しようと欲をかいたところ
それまでと違う表情が出たことに、自分も周囲もやや動揺してしまい・・・

本番で欲をかくためには
それに見合う練習を積み重ねておかないと。。。


しかし。
矛盾するようですが、

こちらの団体では、もう5年ほどお世話になり、
バッハの教会カンタータを勉強してきたわけですが
ここ何回かの演奏会では、特に顕著に
もっと表現しよう、もっと思いを声に乗せよう、と
貪欲に試みるようになってきています。わたし。
今日も、ひそかにいろいろやってみました。
嘆くだけでなく、温かみも出るといいなぁ、とか
ご一緒する楽器の方との絡み方とか。

バッハだからって、ただキレイなだけじゃなく。
しかし「様式感」というのかな、正しいやり方をわかっているわけではないのだけど
バランス感覚は失わず。
そして何より独りよがりにならず、聴いてる方に届くように。

貪欲に・・・はイイけど
いきなりやるのは、よくないよなぁ。

また次回の演奏会で
きちんと積み重ねた上で、
いろんなことを試していけたらいいなと思っています。



あと。
今日は、新しいドレスをおろしたのですが・・・
これが・・・集中力を欠く大きな一因となってしまってました。
演奏に全力で取り組める衣装を。
基本中の基本がなっていなくて。。。皆様ごめんなさい。


関係者の皆様。
今回も、お世話になりました!ありがとうございました。
自由な空気のなか、アットホームな雰囲気ながら
常によりよいものを目指す皆様との演奏は
いつも本当に楽しいです♪
聴きにいらしてくださった皆様にも、心より御礼申し上げます。

次回も、どうぞよろしくお願いいたします☆
[PR]
by takahashi_chiharu | 2010-09-25 22:14 | 演奏会記 | Comments(0)