こうもり@熊谷文化創造館さくらめいと・太陽のホール

この夏の一大プロジェクトであった「こうもり」が、
終了しました。

キャストでの場当たり
オケ合わせ
GP
本番一日目
本番二日目

・・・って、あっという間だったなぁ。


熊谷で、地元の人たちによる企画・運営によって、このホールで
オペラを1本通して上演するのは、初めてだったそうです。
それでも、二日間ともお客様はほぼ満席。
温かく見守ってくださっているのが、舞台上からもわかりました。
舞台から客席を見渡すと、お客様がぎっしりで、とてもうれしかったです。

共演させていただいたキャストの皆様。
どの方も、本当に素晴らしかったです!
和気あいあいとした雰囲気の中でお稽古させていただき、ありがたかったです。

今回は合唱団メンバーや裏を支えてくださったスタッフの方がみな若く、
オペラの公演に参加するのは初めて・・・という方が多かったようで
最初は、何をしたらいいのか・・・という雰囲気でしたが
お稽古の終盤には、自分たちでどんどんと動きを考えたり、注意しあったり
当日には本当に動き回って私たちキャストを支えてくださいました。
特に、オルロフスキー役である私は、
私ひとりが偉そうに振舞うだけではダメで、
周囲の人たちが私に対して「畏れ」の反応をしてくださってはじめて
本当に偉そうに見えるんですよね。
キャストさん&合唱団の皆さんのおかげで、
みんなに畏れられる、けどちょっと変な、Sな公爵様を演じることができたと思っています。

そして。
演奏会当日にはお客様からはあまり見えなかったと思いますが
オーケストラの皆様には、ほんとーにほんとーに、感謝の気持ちでいっぱいです!!!
オケのメンバーも若くて優秀な方が集結してくださって。
BCJなどでご一緒している方もいて、こうしてモダンの、しかもオペラで共演できるなんて
これも本当にうれしかったです。

とても短い練習期間の中で、
どんどんどんどん、より素晴らしい演奏になっていって
甘い音、輝かしい音、軽快な音・・・いろんな表情が濃くなっていって。
特に二日目の序曲は、本当に素晴らしかったです。
モニターを通してですが、演奏を聴いていて、
これから始まる物語をワクワク迎える気持ちが、どんどん膨らんでいきました。

・・・ですが
序曲が終わった瞬間、
あまりの名演に、お客様も思わず引き込まれてしまったのか

しーーーん・・・

・・・まぁ、拍手するのも忘れて聴きほれちゃった♪ってことで。


個人的な反省としては、
一日目の本番では、どうも立ち位置が悪かったようで
歌声が客席にうまく響いていかず。。。
反響版を置いてもらっているいつもの舞台の状態と
背景や大道具を配置する関係で、袖までがーんと空いている状態では
こうもちがうのか、と思いました。
そこで、二日目はアリアを歌うときの立ち位置を全体として前にしていったところ
客席方向へ、自分の声が響いていっている残響を聴くことができたので
歌いながら、ほっとしました。
ほんの1,2メートルの差なんですけどね。
いろんなことにアンテナを張っていかないといけないんだなーと思いました。

お稽古当初、なかなか固まらなかったキャラ設定も
オードリー・春日さんの、あのふんぞり返った立ち方にヒントを得て
Sキャラが完成しました☆
お客様には、どう見えているのかな・・・

というわけで・・・
衣装をつけた状態を、大公表いたしましょう!
f0232910_17171281.jpg


いかがですか??
全身真っ白な燕尾服姿。
これでは、黒のショートブーツは履けません。。。
シャツ&ベスト&ジャケット、と着込んでいて
舞台上では暑かった・・・これこそ「男はつらいよ」ですね。

ヘア&メイクもプロの方が入ってくださって
宝塚風?な前髪の立ち上がりと青いアイシャドウ、
付けまつげもばさばさと、眼力つよ~い公爵様に仕上がっております。

ヘアを担当してくださったスタッフさんが
「毛量が・・・」
とつぶやいていらっしゃいました・・・
やっぱり、私、髪の毛の量が多いみたいです。
でも、髪の量が多いほうが、アップにするのに映えるんだそうです。
・・・誉めてもらった、んだよね。ほっ。

そしてね・・・
今回は、ズボン役(男性役)をやるにあたって
「着物ブラ」というものが、大変役に立ちました!
恥ずかしいので詳しいことは書きませんが
浴衣を着るときなんかにも役に立ちそう。
今回は、恐れ多くも地元の師匠にお借りしたので
そのうち、ぜひ買おう。

終演後にロビーに出たら、小さなお嬢さんとお母さんに
「一緒に写真を撮ってください」とお声をかけられました。
どうだった?って聴いたら
面白かった、かっこよかった♪ って☆
やったーーー!!!


本当に、良い経験をさせていただきました。
ひとえに、この企画を立ち上げてくれた原田勇雅くんのおかげです。
原田くんの「人を集める力」が、これだけの公演になったのだと思いました。
本当におつかれさま。

また、熊谷の音楽を盛り上げる企画に参加できたら本当にうれしいです。

それまでは、まずは自分の持ち場で、
自分の勉強をこつこつやっていくことが大切。

というわけで、もう次のことへと動き出しています。
まだまだ、暑い夏は終わりませんよ~!!

「こうもり」をご覧頂いた方で、このブログに遊びに来てくださった方がいらっしゃいましたら
ぜひとも、ご感想をお寄せくださいね♪♪
[PR]
Commented by yume at 2010-09-03 17:19 x
ちはるさ~ん♪
二日目に拝見させていただきました^^
本当にお疲れ様でした!!
春日風?の公爵様・・とっても素敵でしたよ~^0^
練習から本番まで・・暑いぜ!熊谷・・・が、さらに今年のこの猛暑ですものね~^^;
気力、体力の勝負ですよね^^;
原田さん宛てのお花の多さにびっくりしましたが(笑)
なるほど!拝見して、その人の良さと素晴らしい歌声に納得でした!
オーケストラも本当に素晴らしいかった!!
初めて観たオペラ・・・みなさんの演技と歌にすっかりはまってしまいました☆
また来年も上演されるといいな~♪

まだまだ暑い日が続きそうです。どうぞご自愛くださいね^^
Commented by takahashi_chiharu at 2010-09-05 00:05
>yumeさま☆
コメントありがとうございます♪
原田くんの人を動かすオーラは、天性のものだと思います☆
歌にも人柄がにじみ出ていますよね。

これからも、オペラにもチャレンジしていけたらいいなと思っています!
また観て頂けるように、精進します☆
by takahashi_chiharu | 2010-08-23 17:39 | 演奏会記 | Comments(2)