身をよじって・・・

先日のリサイタル、
実はホール側で録音していただいていたのです。

・・・いきなり余談ですが
写真も、きちんとプロにお願いしておけばよかったかと
ちらりと思う今日この頃・・・
でも、集中をそがれてもいやだなぁと思っていたので
特にお願いしなかったんだけど。


録音された音源はCD-Rとなってやってきたわけですが
それはそれは美しい音響で。
よく、世の中には
「ライヴレコーディング版」なんていうCDがありますが
そういう感じ。
臨場感溢れる、しかし美しく聴きやすいように適度に残響を拾う感じの音。

でもね

そんな、一瞬、売り物みたいな音響なのに

くっきりと声が裏返ったり
はっきりと歌詞を間違えたり
してると・・・

聴きながら、

あらららら。。。。

っと、身がよじれますよ。。。

ぐりぐりぐりっ(身がよじれる音)。


こうして、現実に戻るわけですね。

もしもこのCDが売り物だとしたら・・・
・・・まぁもちろん、そんなのものすごく図々しい想像ですけど

まったくもって、だめだこりゃ~。
ですよ。
全然、完成度が低い低い。
こんなことでは・・・鑑賞に堪えない代物。


でもでも、
ライヴだからこその、良さもあったわけで。
あの時、あの空間を創っていたのは、舞台上の私と千葉先生だけではなく
お客様皆様が、あたたかく、かつ集中して
私たちのことを、見守ってくれてたから
そういう、あの場だけの空気感みたいなものがあったわけで。

日常に立ち返ったところで、録音だけ聴いても
あの時感じてた心地よい緊張感と幸せな気持ちは
10分の1も蘇ってこない。

・・・むしろ自分の粗さや気の緩みとか
そんなところばっかり耳がピン!とアンテナ立てちゃって。


で、思ったこと。
便利な世の中になって、CDとかDVDとかiTunesとかYoutubeとか
世界中の人のありとあらゆる音楽を簡単に手に入れられるけど

ライヴをもっと聴かなければ

と、改めて思いました。
CD聴いて、知った気になってるだけじゃダメですよね。やっぱり。

なるべくコンサートに足を運ばなくちゃ!
[PR]
Commented by 若女将 at 2010-07-04 12:30 x
あれだけ繊細な雰囲気のコンサートで、遮音の撮影部屋がないとすると(無さそうなカンジ…?)、カメラマンさんも「どうしよ~」ってなったかも(笑)。ウチが足唱さんを撮影するときでさえ(さえ……?!)、客席で撮影するときは、防音ケースとか、シャッタータイミングとか、ものすごく気を遣っているようなので。

またライブでちはる先生を聴きたいです。お待ちしてます。
Commented by takahashi_chiharu at 2010-07-04 22:01
>若女将
見かけたことのある写真を見ると、
たぶん、調光室?照明を調整するところから撮ってるっぽいです。
でも、そういうのはプロに頼まないと入れてもらえないですもんね・・・

>またライブで
ありがとうございます♪
がんばります☆
by takahashi_chiharu | 2010-07-04 01:31 | 日々のこと | Comments(2)