バッハ・コレギウム・ジャパン「マタイ受難曲」@彩の国さいたま芸術劇場

昨日に続き、BCJでのマタイ公演でした。
今日は、与野本町(さいたま市)にある
彩の国さいたま芸術劇場の音楽ホールでの演奏でした。
今週は、毎日ここでお稽古が行われていたので、響きに慣れていたというのもあり
昨日よりも、リラックスして本番を迎えることが出来たと思います。

彩の国のホールは、客席数600席ほど。
響きも柔らかく、お客様を身近に感じることができて、力まずに歌える
とても良いホールです。
そのおかげかどうかはわかりませんが、
ソリストさんたちは、昨日にも増して自由闊達に表現していたなぁ・・・
いい意味で「人間臭い」というのか、
どのソリストさんも、みんな
熱い血が通っているんだ、というのがバンバン伝わってくるような歌をうたってました。
またしても、舞台上にいるにも関わらず、ポロポロと涙が。。。

楽器の皆様の熱演も、本当にすばらしかった。
すばらしい方ばかりで、自分も舞台上にいるということを忘れそうになるくらい
うっとりと聴き惚れてばかり・・・だったのですが、特に挙げるとすれば
アルトのアリア「Erbarme dich」での若松夏美さんのソロ、
そしてバスのアリア「Gebt mir meinem Jesum wieder」での高田あずみさんのソロ。
見ていると、お二人とも本当にしなやかに自由に弾いていらっしゃる。
夏美さんの切々と歌う旋律も、あずみさんの威厳さえ感じさせる弓さばきも
そのニュートラルな体の状態から来ているように感じます。

ああ、決して欲をかくのではなく
でも積極的に、「攻め」の表現をしたいなぁ。
私もいつか、「マタイ」でアルトソロ歌いたいなぁ~♪


そして今年の「マタイ」では、最後の曲が終わったあとに
Jacob Handl(1550-1591)の「Ecce quomodo moritur」というアカペラの曲を歌いました。
私が知る限り始めての試み。
興奮をおさめて、静かに終わる「マタイ」もいいものですね。

・・・ずっと熱いテンションで歌い続けてきた我々にとっては
ちょっぴりスリリング、気持ちよく集中するひととき、なのですが・・・



気が付けば桜が満開。
少しでもお花が長くもちますように・・・
[PR]
Commented by らたら at 2010-04-04 20:55 x
お疲れさま♪
こちらでも、Osterにあわせて昨日、Matthaeuspassionの演奏の様子をTVで見ることが出来ました。いろいろと考えてしまうこの頃、ただただ美しい音楽に感動。意図的に何かをするのではなく、ニュートラルな体や精神の状態で居ることの愛しさや尊さを感じました。
桜の季節だね。圧倒されるような桜の美しさ、日本が誇れる美だと最近思います。 見たいな^^
Commented by takahashi_chiharu at 2010-04-04 21:51
>らたらちゃん
コメントありがと♪
日本はこの週末が桜の見ごろだったけど、
冬に戻ったみたいに寒くて。。。
まさに花冷えでした。

そちらのMattaeusは今年も豪華メンバーだったんだろうねぇ。
そちらは日常にちゃんとOsterの行事が入っているものね。
またうさちゃんグッズが出回る季節だね♪
by takahashi_chiharu | 2010-04-04 00:19 | 演奏会記 | Comments(2)